メール設定ページ

メール通知を管理する

メール設定ページで、メールで送信される Search Console のメッセージの種類を管理できます。

この設定では、そのメッセージがメールで送信されるかどうかのみが決定されます。このページでの設定にかかわらず、すべてのメッセージはメッセージ パネルに常に表示されます。

 

メール設定を開く

メール設定を管理する

Search Console から送信されるメールの種類を管理します。特定の種類のメールを有効または無効にするか、すべてのメール メッセージを無効にすることができます。

ここでの設定は、すべてのプロパティに適用されます。たとえば、「新しい所有者」メールの登録を解除すると、すべてのプロパティで新しい所有者メールが送信されなくなります。プロパティごとに異なるメール設定を指定することはできません。

レポートの主な項目の詳細は次のとおりです。

メッセージ リスト

レポートのメッセージ リストには、以前にメール下部の [登録解除] をクリックして 1 回以上登録を解除したことのあるすべてのメールが表示されます。メッセージがリストに追加されると、そのメッセージは永続的にリストされたままになります。このレポートを使用して、メッセージの登録ステータスを管理できます。受信したことのないメッセージ、または登録解除したことのないメッセージはリストに表示されません。

メールによる通知の有効化
このチェックボックスでは、すべてのプロパティについて、Search Console からすべての種類の通知をメールで送信するかどうかを指定します。デフォルトでは「有効」に設定されています。チェックボックスがオフの場合、いずれのプロパティについてもメールは送信されませんが、Search Console のメッセージ パネルにはそれらのメールが表示されます。
件名
メールの件名が一般化されて表示されます。こちらに表示される件名が、メールの件名と完全に一致しない場合があります。メールの件名は通常、特定のプロパティ名、エラータイプ、またはその他の情報を示すようにカスタマイズされますが、登録の設定はすべてのプロパティでその種類のすべてのメールに適用されるためです。たとえば、メールの件名が「example.com の新しい所有者様」の場合、こちらに「プロパティの新しい所有者様」と一般化された件名が表示されることがあります。同じメールのさまざまなバリエーションを確実に認識するには、メッセージ ID(次で説明)を確認します。同じメールのすべてのバリエーションが同じ ID になっています。
ID
すべてのメッセージ タイプに一意の ID があります。メールの登録は、件名ではなくメッセージ ID によって管理されます。メッセージ ID は変わることはありませんが、件名は時間の経過とともに、またはメッセージの詳細によって若干変わることがあります。メッセージ ID はメッセージ タイプ: [WNC-XXXXXXX] としてメールに表示されます。この場合、XXXXXXX はメッセージ ID です。
ステータス
登録または登録解除。登録とは、アカウントのメールアドレス宛てのメールが届くことを意味します。登録解除とは、Search Console のメッセージ パネルにのみメッセージが表示されることを意味します。
変更日
最後にこのメッセージの登録ステータスを変更した日です。

メールの登録を解除する

メールの登録を解除すると、そのメッセージ タイプのメールは送信されなくなります。ただし、メッセージは引き続きプロパティのメッセージ パネルに表示されます。

特定のメールの受信を停止するには:

  1. そのメールの登録を初めて解除する場合は、メール下部の [登録解除] のリンクをクリックします。すべてのプロパティでこの種類のメールは送信されなくなります。
  2. メッセージはメール設定ページのメッセージ リストに永続的に追加されます。メッセージ リストの [ステータス] 列で、そのメールの今後の登録または登録解除のリクエストを管理できます。

すべての Search Console 通知メールの受信を停止するには:

  1. ページの [メールによる通知を有効にする] のチェックボックスをオフにします。個々のメッセージ登録設定は保持されますが、すべてのメールの登録が解除されます。この設定はいつでも変更してメールの受信を再開できます。

メールを再登録する

特定のメールを再登録するには:

  1. メール設定ページを開いて、登録解除したメッセージを見つけ、[ステータス] を [登録] に変更します。

すべてのメールを再登録するには:

  1. すべての Search Console メールの通知を無効にした場合は、ページの [メールによる通知を有効にする] をオンにしてメール メッセージを再度有効にできます。こうすると、以前に行った特定のメールのブロックがすべて再び有効になります。
  2. メールの通知を再度有効にすると、上記のように特定のメールの登録を管理できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。