検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google アナリティクスで Search Console のデータにアクセスする

Google アナリティクス プロパティと Search Console アカウント内のサイトとを関連付けると、Search Console のデータを Google アナリティクス レポートで確認できるようになります。Google アナリティクス レポートには、サイトへのリンクや、Search Console 内のサイトリンク ページからも直接アクセスできるようになります。なお、関連付けられるのはウェブサイトのみで、アプリは関連付けられません。

 

プロパティを関連付ける

 

Search Console 内のウェブサイトを関連付けられるようにするには、Google アナリティクス プロパティの所有者である必要があります。

Search Console のプロパティ設定のプルダウン から Google アナリティクスとの関連付けのページを開きます。

Search Console アカウントのサイトを Google アナリティクス プロパティに関連付けると、デフォルトではそのプロパティに関連付けられたすべてのプロファイルで Search Console データが使用できるようになります。その結果、その Google アナリティクス プロパティにアクセスできる人は誰でも、そのサイトの Search Console データを見ることができるようになる可能性があります。たとえば、Google アナリティクス管理者がユーザーをプロファイルに追加すると、そのユーザーは検索最適化レポートの Search Console データを表示できるようになる可能性があります。

1 つのサイトに関連付けられるのは 1 つのプロパティのみで、1 つのプロパティに関連付けられるのも 1 つのサイトのみです。新たに関連付けを行うと、以前に行った既存の関連付けは削除されます。

各 Google アナリティクス プロパティにはさまざまなビューを含められます。サイトとプロパティを関連付けると、Search Console から Google アナリティクスへのリンクをクリックすることで、そのプロパティのデフォルトのビューに移動するようになります(サイトを以前に別のビューに関連付けていても、リンクをクリックすると、デフォルトのビューに移動するようになります。別のビューを表示したい場合は、Google アナリティクス内からビューを切り替えられます)。

サイトが既に Google アナリティクス プロパティに関連付けられている場合、その理由としては、Google アナリティクスを使って既にそのプロパティとサイトを関連付けていた、または別のサイト所有者が関連付けを行っていたというものが考えられます。

サイトが見知らぬ(または希望していない)アナリティクス プロパティに関連付けられている場合は、別のサイト所有者によって、自分のものではないアナリティクス プロパティにサイトが関連付けられた可能性があります。この場合は、関連付けを削除して新しく作成することができます。

以前にサイトがプロパティに関連付けられていたものの、現在はその関連付けが削除されている場合、そのプロパティは後で別のサイトに関連付けられた可能性があります(1 つのサイトは 1 つのプロパティにのみ関連付けられます。新たに関連付けを行うと、以前に行った既存の関連付けは削除されます)。

Google アナリティクス プロパティのアカウント管理者であれば、アナリティクスの管理ページで関連付けを作成することもできます。

Google アナリティクスのアカウント管理者は、アナリティクス プロパティを自身のアナリティクス アカウントから別のアカウントに移行することができます。移行では、Search Console プロパティの関連付けもすべてそのまま維持されます。移行後は、新しいアナリティクス アカウントのユーザーが、Search Console の通知にアクセスしなくても、関連付けられた Search Console プロパティのデータを確認できるようになります。詳細

 

Google アナリティクスから Search Console のデータを削除する

Google アナリティクス プロパティから Search Console のデータを削除するには、Search Console の関連付けのページで関連付けを解除するか、(Google アナリティクス プロパティの管理者であれば)アナリティクスの管理ページで関連付けの管理操作を行います。

Search Console のデータと Google アナリティクスのデータが一致しない理由

Search Console のデータは、Google アナリティクスなどの他のツールに表示されるデータと異なる場合があります。これには次の理由が考えられます。

  • Search Console では、重複コンテンツやロボットのアクセスを処理するなど、追加のデータ処理が行われるため、他のソースに表示される統計情報と異なる場合がある。
  • Google アナリティクスなど一部のツールでは、ブラウザで JavaScript を有効にしているユーザーのトラフィックのみがトラッキングされる。
  • Google アナリティクスでは、アナリティクスの JavaScript コードが正しく設定されたページへのアクセスのみがトラッキングされる。サイト内でそのコードがないページの場合、そのページへのアクセスはアナリティクスでトラッキングされません。一方 Search Console では、アナリティクスのトラッキング コードのないページでも、ユーザーが検索結果からアクセスした場合や、Google がクロールなどでそのページにアクセスした場合にトラッキングされます。
  • 一部のツールで「キーワード」の定義が異なっている。次に例を示します。
    • Search Console の [キーワード] ページには、Google がそのサイトで見つけた最も重要な単語が表示されます。
    • Google AdWords のキーワード ツールには、ウェブ全体における、そのキーワードに対するユーザークエリの総数が表示されます。
    • アナリティクスでは、「キーワード」という用語を、検索エンジンでの検索クエリと、AdWords の検索広告キーワードの両方の意味で使用します。
    • Search Console の [検索アナリティクス] ページのリストでは、ページが検索結果に表示された、キーワード検索クエリの総数が表示されます。そのため、この値はずっと小さな値になります。また Search Console では、検索クエリのデータは有効数字が 1 桁または 2 桁に丸められます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。