Google によるページの認識について

はじめに

新規ユーザーのほとんどは、すべてのページが Google に認識されているかどうかを気にかけています。役に立つヒントをいくつかご紹介しましょう。

  • サイトが新しい場合は、しばらくお待ちください。ページが Google で表示されるようになるまで数日かかることがあります。
  • サイトが小さい(およそ 500 ページ未満)場合には、Google でページの URL を検索してみてください。ページが Google で表示されれば、そのサイトは Google に登録されています。その際、サイトのナビゲーションが良好であれば、つまり、ページ内のリンクをたどって他のすべてのページにアクセスできるのであれば、Google はサイト上のすべてのページを認識できるはずです。特定のページがリンクされていない場合や、特別なユーザー入力(プルダウン オプションの選択など)が必要な場合には、それらのページをクロールするように Google に明示的に指示することができます。ページの URL を Google で検索することで、Google がページを認識しているかどうかをその後も引き続き確認できます。その際、ページが Google によりインデックスに登録されていても、検索結果の最初のページに表示されない可能性があるため、テキストではなくページの URL で検索することをおすすめします。
  • サイトのページ数がおおよそで 500 を超える場合は、インデックス カバレッジ レポートの使用をおすすめします。サイトのページ数がこの値よりも少ない場合や、定期的に新しいコンテンツを追加していない場合は、おそらくこのレポートを使用する必要はありません。

レポートの見方

インデックス カバレッジ レポートでは、Google がインデックスに登録できるページとできないページの数を確認できます。Google がクロールしてインデックスに登録しようとしたページはすべて、このレポートに一覧表示されます。このレポートでは、Google が認識しているページの数と、それらのページがインデックスに登録されているかどうかを確認できます。検索結果で上位または下位にランク付けされている理由は確認できません。

 エラー、有効(警告あり)、有効、除外の 4 つのステータス タイプがすべて選択されたインデックス レポートグラフ

グラフ中の各バーは、特定の日に Google がインデックスに登録しようとしたページ数ではなく、その日付の時点で Google がインデックスに登録した(またはインデックスに登録しようとした)ページの総数を示します

各 URL のステータスは、以下のいずれかになります。

  • 有効: このページは Google によりクロールされていて、インデックスに登録されています。
    • 次のステップ: ありません(正常です)。
  • 除外: Google はこのページを認識していますが、なんらかの理由によってインデックスに登録されていないと考えています。グラフの下の表は、その具体的な理由を説明しています。URL が重複している場合、重複 URL は除外されますが、正規 URL は有効になります。また、robots.txt ルールでページがブロックされている場合も、除外ステータスになります。
    • 次のステップ: 大量のページが除外されている場合は、それが共通の原因によるものかどうかを確認します。そうである場合は、その原因が許容できるかを確認します。スパイクが確認できる場合は、サイトの一部分のクロールのブロックが誤ってなされていないかを確認します。また、重要なページがこのカテゴリに振り分けられていないことを確認することもおすすめします。
  • 有効(警告あり): 対処が必要であると考えられる問題がありながら、ページがインデックスに登録されている可能性があります。これは、警告の種類により異なります。
    • 次のステップ: 該当項目を調査して修正します。
  • エラー: この URL のインデックスへの登録を妨げている問題が存在します。
    • 次のステップ: 該当項目を調査して修正します。

基本的な使用方法

  1. カバレッジ レポートを毎月、またはサイトに大規模な変更を加えるたびに確認します(新しいコンテンツを大量に追加した場合、大量のコンテンツを更新した場合、サイトの一部分がクロールされないようにブロックした場合など)。繰り返しになりますが、変更がレポートに反映されるまでに数日かかる場合があります。エラースパイクが発生した場合には Google からメール メッセージが送信されるため、このようなアクションを行っていないのであれば、このレポートを毎日(あるいは毎週)確認する必要はおそらくありません。Search Console のメッセージはメッセージ パネルで表示することもできます。
  2. サイトが成長するにつれて、有効なインデックス登録済みページの数が徐々に増えていくのが理想的です。急激な減少や増加が見られる場合は、トラブルシューティングのセクションをご覧ください。概要ページのステータス表は、「ステータス + 理由」別にまとめられて並べ替えられています。最も影響の大きいエラーを最初に修正する必要があります。新しいコンテンツが Google に認識されるまでに数日かかることを忘れないでください。
  3. エラーと警告の修正:
    1. [エラー] グラフフィルタを選択し、表の行をクリックして、問題の種類ごとに問題を確認して修正します。問題の種類をクリックすると、影響を受けるページの例を表示できます。ページをクリックすると、追加の詳細を確認できます。URL 検査ツールを使用して、特定のページのクロールとインデックス登録に関する問題をデバッグします(このツールは、カバレッジ レポートのサンプル テーブルから直接開けます)。それぞれの問題の種類に関する詳細情報を確認するために、[詳細] リンクを必ずご確認ください。
    2. エラーを調査して修正したら、警告についても同じ手順を繰り返します。
  4. 除外された項目のスパイクを定期的に確認して、正当な理由でこれらが除外されていることを確認します。

確認しなくてよい点

大規模なサイトの場合、すべての URL がインデックスに登録されるわけではありません。目標は、すべてのページの正規バージョンがインデックスに登録されることです。重複ページや代替ページには、このレポートでは「除外」ラベルが付けられます。重複ページや代替ページの内容は正規ページと実質的に同じです。ページが重複や代替としてマークされるのは、Google が正規ページを検出してインデックス登録したことを表しているので、問題ありません。URL の正規バージョンを見つけるには、URL 検査ツールを実行します。ページがレポートに含まれない場合の理由については、こちらをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
83844
false