ページ エクスペリエンス レポート

ページ エクスペリエンス レポートには、サイト訪問者のユーザー エクスペリエンスのサマリーが表示されます。Google は、サイトの個々の URL についてページ エクスペリエンス指標を評価し、モバイル デバイスの Google 検索結果で URL のランキング シグナルとして使用します。Google のページ エクスペリエンスについては、こちらをご覧ください。

ページ エクスペリエンス レポートを開く

現在、ページ エクスペリエンス レポートはモバイル向け URL に限定されています。

ページ エクスペリエンスについて

ページ エクスペリエンスは URL 単位で評価されます。現在のところ、評価はモバイル ブラウザのみで行われています(つまり、評価はモバイル デバイスのユーザーについてのみ行われ、モバイル デバイスからの検索のみが対象となります)。評価とレポートは、訪問者により優れたユーザー エクスペリエンスを提供するページを作成する際の指標となるよう開発されました。

ページ エクスペリエンスに関するよくある質問をご覧ください。

Google 検索におけるページ エクスペリエンスは、以下の基準で評価されます。

  • ウェブに関する主な指標
    ウェブに関する主な指標では、ユーザーがページを読み込む速度と安定性がテストされます。ウェブに関する主な指標レポートでは、個々のページが「良好」、「改善が必要」、または「不良」のいずれかで評価されます。ページ エクスペリエンスが「良好」と判断されるためには、ウェブに関する主な指標が良好と評価される必要があります。なお、ウェブに関する主な指標レポートのデータがページ エクスペリエンス レポートにインポートされるまで、2、3 日かかります。そのため、ページ エクスペリエンス レポートにおける URL の評価は、ウェブに関する主な指標レポートにおける URL の評価より若干遅れることがあります。ウェブに関する主な指標のデータがない URL は、ページ エクスペリエンス レポートには表示されません。モバイル向けのウェブに関する主な指標レポートを開く
  • モバイル ユーザビリティ
    ページ エクスペリエンス レポートで URL のステータスが [良好] と評価されるためには、モバイル ユーザビリティのエラーがないことが必要です。モバイル ユーザビリティのデータがない URL は、「良好」と見なされます。モバイル ユーザビリティ レポートを開く
  • セキュリティの問題
    セキュリティの問題があるサイトは、Google 検索でそのすべての URL のページ エクスペリエンスが「良好」と評価されません。サイトにセキュリティの問題がある場合は、ページ エクスペリエンス レポートにバナーが表示されます。セキュリティの問題レポートを開く
  • HTTPS の使用状況
    Google 検索におけるページ エクスペリエンスのステータスが [良好] と評価されるためには、HTTPS でページを配信することが前提となります。ページ エクスペリエンス レポートには、サイトの URL 単位の HTTPS データは表示されず、サイト全体の HTTP/HTTPS の比率のみが表示されます。サイトの HTTP URL の比率が高すぎる場合は、サイトに対して警告バナーが表示され、HTTPS セクションに [不合格] と表示されます。
    現在のところ、サイト内の HTTP ページと HTTPS ページの正確な数を示すレポートは提供されていませんが、HTTP ページを見つける方法のヒントはこちらでご覧になれます。また、こちらのガイドでは、HTTPS が重要な理由と、サイトに HTTPS を実装する方法について説明しています。重要なのは、Google 検索の検索結果に表示される URL が HTTPS であれば、その URL は HTTPS 基準を満たしていると見なされることです。
  • 広告エクスペリエンス
    広告エクスペリエンスでは、ユーザーの注意を逸らしたり操作の邪魔をしたりして優れたユーザー エクスペリエンスを阻害する広告手法を、サイトが使用しているかどうかが評価されます。広告エクスペリエンスの評価は、個々のページではなく、サイト全体を対象とします。あるサイトの広告エクスペリエンスが低いと評価された場合、そのサイトのすべてのページについてページ エクスペリエンスが低いと見なされます。多くのサイトでは、広告エクスペリエンスはテストされていません。テストされていない場合、サイトは「広告エクスペリエンスのテストで合格した」と見なされます
    現在のところ、ページ エクスペリエンス レポートにサイトの広告エクスペリエンスのステータスは表示されませんが、以下の方法により、ご自身でサイトの広告エクスペリエンスのステータスを確認できます。
    1. Search Console プロパティに URL プレフィックスを使用している場合(Search Console プロパティ セレクタでプロパティ名が http または https で始まっている場合): モバイル向けの広告に関する問題レポートを開きます。
    2. ドメイン プロパティ(Search Console のプロパティ セレクタで [ドメイン プロパティ] というラベルが付いているドメイン)を使用している場合は、Search Console で、対応する URL プレフィックス プロパティを作成してから、そのプロパティに関するモバイル向けの広告に関する問題レポートを開く必要があります。これは、広告に関する問題レポートがドメイン プロパティに対応していないためです。
    3. 広告に関する問題レポート内のリストからプロパティを選択して、ステータスを確認します。ステータスが「未審査」の場合、ページ エクスペリエンス レポートでは、広告エクスペリエンスは「良好」と見なされます。
    4. 広告エクスペリエンスのステータスはまれにしか変化しないので、頻繁に確認する必要はありません。

レポート カバレッジ

レポートデータで URL が考慮されるための要件は次のとおりです。

  • ウェブに関する主な指標レポートに URL のデータが含まれていることが必要です(例外として、URL の URL グループがウェブに関する主な指標レポートに含まれている場合、ウェブに関する主な指標のデータがない URL がページ エクスペリエンス レポートに表示されることがあります)。

なお、ページ エクスペリエンスで考慮される URL は、モバイル デバイスでの検索の結果として Google 検索に表示された URL です。ウェブに関する主な指標レポートでは、正規 URL ではなく実際の URL に関するデータが示されます。モバイル ユーザビリティ レポートでは、すべてのデータがページの正規 URL に割り当てられます。

グラフについて

グラフには以下のデータが表示されます。

  • 良好 URL: グラフの最新の測定日付で「良好」と評価されたモバイル向け URL の割合。「良好」とは、ウェブに関する主な指標レポートのステータスが [良好] で、モバイル ユーザビリティ レポートにモバイル ユーザビリティの問題がない(またはデータがない)ことを意味します。この評価では、セキュリティの問題、HTTPS の使用状況、広告エクスペリエンスは考慮されません。詳しくは、ステータスのレポートについての説明をご覧ください。
  • 良好 URL の合計インプレッション数: グラフに表示されている期間中に良好な URL で生成されたインプレッション数。データ処理スケジュールの違いにより、インプレッション数の最新データは良好 URL 件数の日次計算より遅れることがあります。
  • グラフの 1 日の値: 特定の日に「良好」と判断された URL の割合。URL が「良好」と判断される基準は、上記の良好 URL と同じです。

⚠︎データに関する重要な条件: 

  • サイトにセキュリティの問題または広告エクスペリエンスの問題がある場合、「良好」と表示される URL の割合は正確でありません。これは、グラフとグラフの合計値ではセキュリティの問題または広告エクスペリエンスの問題が考慮されず、サイト全体で「良好」ステータスが「不良」に変更されるためです。この場合、良好 URL と不良 URL の正確な件数が不明であることを示すために、グラフはグレー表示されます。ただし、「良好」と表示された URL については、ウェブに関する主な指標レポートでステータスが「良好」である(またはレポートにデータが表示されない)ことと、モバイル ユーザビリティ レポートでモバイル ユーザビリティの問題がないことが確実にわかります。
  • モバイル ユーザビリティ レポートとウェブに関する主な指標レポートのデータがページ エクスペリエンス レポートにインポートされるまで、若干の遅れがあります。そのため、ページ エクスペリエンス レポートにおける特定の URL の評価は、基になるレポートにおける URL の評価より若干遅れる可能性があります。
  • ページ エクスペリエンス レポートに表示される良好 URL の割合では、サイトの URL の HTTPS ステータスは考慮されません。Google 検索では、検索結果に表示されるすべての URL の HTTPS ステータスが考慮されます。
データのタイムラグ: ページ エクスペリエンス レポートの基になるデータは、他の複数のソースとレポート(ウェブに関する主な指標レポートやモバイル ユーザビリティ レポートなど)のデータの評価に基づいています。これらの評価はそれぞれ異なるスケジュールで行われるため、特定の URL の現在の状態は、レポートに表示されている状態と異なる場合があります。したがって、このレポートをサイトの状態に対する正確なリアルタイムの評価として使用するのではなく、データからうかがえる傾向(良くなっているかどうか)と全般的な評価(大半のページが良好かどうか)に着目する必要があります。

グラフのデータが不足している

グラフの代わりに「十分なデータが収集されていません」というメッセージが表示される場合は、サイトのすべての URL について、ウェブに関する主な指標レポートのデータが十分にないことを意味します。

特定の URL のステータス

ページ エクスペリエンス レポートでは、Google 検索の検索結果で適用されるページ エクスペリエンス基準のサブセットがチェックされます。

また、このレポートでは、いくつかの基準(HTTPS、セキュリティの問題、広告エクスペリエンス)もサイト単位で評価されます。

  • HTTPS は、このレポートではサイト単位で表示されますが、Google 検索では URL 単位で評価されます。つまり、検索においては、HTTPS URL は常に HTTPS 基準を満たし、HTTP URL は常に HTTPS 基準を満たしません。
  • セキュリティの問題は、サイトのすべてのページに影響します。
  • 広告エクスペリエンスの問題は、サイトのすべてのページに影響します。
  • ウェブに関する主な指標とモバイル ユーザビリティは、検索でもこのレポートでも、ページ単位で評価されます。

次の表は、ページ エクスペリエンス レポートにおける URL の評価方法と検索における URL の評価方法の違いをまとめたものです。

  ページ エクスペリエンス レポート Google 検索
ウェブに関する主な指標 特定の URL 単位で評価(結果にタイムラグあり) 特定の URL 単位で評価(結果にタイムラグなし)
モバイル ユーザビリティ モバイル向け URL 単位で評価 モバイル向け URL 単位で評価
セキュリティの問題 サイト単位で評価 サイト単位で評価
HTTPS の使用状況 サイト単位で評価 URL 単位で評価
広告エクスペリエンス チェックされない サイト単位で評価

 

Google 検索でページ エクスペリエンスのステータスが [良好] と評価されるための URL の基準は次のとおりです。

良好 不合格

以下のすべてに当てはまる:

  • ウェブに関する主な指標レポートで URL のステータスが [良好] とマークされている
  • モバイル ユーザビリティ レポートで URL にモバイル ユーザビリティの問題がない
  • サイトにセキュリティの問題がない
  • URL が HTTPS で配信されている
  • サイトに広告エクスペリエンスの問題がないか、またはサイトの広告エクスペリエンスについて評価が行われていない

[良好] ステータスは、モバイル デバイスの Google 検索結果で URL のランキング シグナルとして使用されます。

以下のうち少なくとも 1 つに当てはまる:

  • ウェブに関する主な指標レポートで URL のステータスが [不良] または [改善が必要] であるか、またはウェブに関する主な指標レポートに表示されない
  • モバイル ユーザビリティ レポートで URL にモバイル ユーザビリティの問題が 1 つ以上ある。または、URL がモバイル ユーザビリティ レポートに表示されないが、ページ エクスペリエンス レポートに表示される
  • サイトにセキュリティの問題が 1 つ以上ある
  • URL が HTTPS ではなく HTTP で配信されている
  • サイトに広告エクスペリエンスの問題が 1 つ以上ある

HTTP ページを見つける

サイトの URL が HTTP であるか HTTPS であるかを大まかに把握する方法としては、以下の 2 つがあります。

検索結果に表示される HTTP URL に相当する HTTPS バージョンの URL がある場合は、Google インデックスの HTTPS URL を検査して、検索結果に表示されるかどうか、また、表示されない場合それはなぜかを確認します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
83844
false