Google 広告のダイナミック広告を作成する

Google 広告のダイナミック広告では、データフィードを使用してカスタマイズされたクーポンを表示できます。Google Web Designer でこのような広告を作成するには、広告内の要素をフィードデータとリンクします。

1. テンプレートを使って作成を開始する

テンプレートを使用すると、必要な基本コードと初期レイアウトで広告を作成できます。

  1. Google Web Designer で、[ファイル] > [テンプレートから新規作成] を選択し、テンプレート ギャラリーを開きます。
  2. [Dynamic remarketing for Google 広告] を選択し、適切なレイアウトを参照します。
    広告を最初から作成する場合は、「Dynamic Remarketing Blank Slate」テンプレートを使用します。このテンプレートには実用的なコードの例が記載されていますが、デザイン要素は含まれていません。
  3. 選択したレイアウトで [レイアウトを使用] をクリックします。
  4. 広告のサイズを選択して名前を入力し、[使用] をクリックします。これにより、カスタマイズ可能なデザイン要素を使ってあらかじめ作成された新しいドキュメントが開きます。

2. デザイン要素を調整する

テンプレートは単なる出発点です。レイアウトを変更したり、テンプレートのアセットを独自のアセットに置き換えたりなど、広告の外観に変更を加えることができます。レスポンシブ テンプレートを選択した場合、サイズの異なる広告スペースごとにレイアウトが変わる可能性があります。

広告は、作成の途中でいつでもプレビューできます。

テキストの適合に関するオプションを使用すると、デザインよりも長いテキスト コンテンツがデータフィードに含まれていても、テキストのオーバーフローを防ぐことができます。
広告の要素には、フィードデータに応じて変化するものもあります。こうした要素を設定するには、次のステップでデータ バインディングを追加します。

3. クリエイティブ内の要素をフィードデータにバインドする

データ バインディングを使用すると、フィードデータを広告のさまざまな要素にリンクさせることができます。要素の属性と特定のタイプのデータの間にバインディングを作成すると、属性がフィードデータによって設定されます。

フィードデータにバインドする各要素に一意の ID を付けると便利です。この操作は、各要素の [プロパティ] パネルで行えます。
  1. [ダイナミック] パネルを開いて [バインディング] タブに移動し、[ダイナミック バインディングを追加 ] ボタンをクリックします。
  2. [データスキーマ] タブで、業種に対応するデータスキーマを選択します。
  3. 追加するバインディングごとに以下の操作を行います。
    1. [バインディング] タブで、[ バインディングを追加] ボタンをクリックします。
    2. [要素] 列で、フィードデータにバインドする広告内の要素を選択します。
    3. [要素の属性] 列で、フィードデータにバインドする要素の属性を選択します。
    4. [データスキーマ オブジェクト] 列で、要素をバインドする特定のフィードデータを選択します。
  4. 終了したら [OK] をクリックします。

[ダイナミック] パネルでは、既存のデータ バインディングの表示と編集を行うことができます。

4. 追加機能を実装する

広告をさらにカスタマイズするには、テンプレートに組み込まれている機能を使用するか、独自のカスタムコードを追加します。次の一般的な機能の詳細をご確認ください。

5. サンプルデータを使用してクリエイティブをプレビューする

広告の要素の属性をフィードデータにバインドしたら、サンプルデータを設定して広告の外観をプレビューします。

  1. ビューバーにある [プレビュー] ボタン をクリックします。
  2. ブラウザにプレビューが表示されたら、コントロール バーのプルダウンでサンプルデータを選択します。
Google Web Designer のダイナミック テンプレートにはサンプルのフィードがバンドルされていますが、JSON バージョンの独自のフィードがある場合は、そのフィードを読み込むことができます。

6. 広告をテストして品質を保証する

品質保証(QA)では広告のテストを実施して、広告が想定どおりに動作することを確認します。各種のアイテムと値を使ってサンプルデータを作成し、データのエッジケースでも広告が望みどおりに表示され、機能することを確認します。

広告に問題がなければ、次の手順に進んで公開します。

7. クリエイティブを公開する

ドキュメントをローカルで公開する手順を実施します。公開すると、Google 広告にアップロードできる .zip ファイルがパソコン上に生成されます。

最終的な .zip ファイルが生成されたら、ダイナミック広告用のカスタム クリエイティブを Google 広告にアップロードする方法を確認してください。

 


レスポンシブ広告

アップロードした広告は、Google ディスプレイ ネットワーク全体で広告のサイズの変更方法を指定することで応答性を高めることができます。レスポンシブなアップロード広告の仕様について

注: レスポンシブなアップロード広告は、スマート ショッピング キャンペーンでのみ Merchant Center フィードを使用する小売広告主が利用できます。一方、非レスポンシブなアップロード広告(特定のサイズ用に開発されたアップロード広告)は、通常の動的リマーケティング キャンペーンを介して小売業者に販売されます。

また、広告見出し、説明、画像、ロゴなどのアセットをアップロードしてレスポンシブ ディスプレイ広告を作成することもできます。機械学習を使用して広告を生成し、Google ディスプレイ ネットワーク全体で広告の表示回数を最適化できます。レスポンシブ ディスプレイ広告について

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー