Google Voice アカウントの種類について

Google Voice には、個人アカウントまたは仕事用もしくは学校用のアカウントを使用して申し込むことができます。組織が購入し管理している G Suite 版 Google Voice アカウントを付与されている場合は、そのアカウントで Google Voice を使用できます。お持ちのアカウントの種類は、次の方法でご確認ください。

管理対象の G Suite 版 Voice アカウントを持っているかどうか確認する

  1. パソコンで Voice を開きます。
  2. 右上の設定アイコン "" をクリックします。
  3. [アカウント] 欄に、[このアカウントは G Suite 管理者が管理しています] と表示されているかどうかを確認します。
    • このメッセージが表示されている場合は、G Suite 版 Google Voice アカウントをお持ちです。ご利用料金については組織が管理しています。
    • このメッセージが表示されない場合は、個人アカウント、または組織で管理されていない仕事用もしくは学校用アカウントをお持ちです。

: G Suite 版 Google Voice がリリースされる前に Google Voice アカウントに申し込まれた場合は、ご利用の G Suite アカウントに管理対象外の従来型の Google Voice サービスが紐付けられている可能性があります。

アカウントの種類と利用できる機能

利用できる機能は、お持ちの Voice アカウントの種類によって異なります。以下は G Suite 版 Voice アカウントをお持ちの場合の例です。

  • そのアカウントは G Suite 管理者が管理している。管理者を確認する
  • 通話料金は組織にまとめて請求される。
  • Google カレンダーや Meet などの G Suite サービスとの連携が可能。

個人アカウントと G Suite 版 Voice アカウントの違いについて詳しくは、以下の表をご覧ください。

各アカウントの機能の比較

ユーザーと地域 G Suite アカウント(管理対象) 個人アカウント
最大ユーザー数 10〜無制限* 1
現地の電話番号 11 の国または地域に対応*
(拡大中)
米国のみ
国外 無制限*

* G Suite 版 Voice のサブスクリプションの種類によって異なります。

機能 G Suite アカウント(管理対象) 個人アカウント
リンク済みの電話番号への通話の転送
ボイスメールの音声文字変換
モバイルアプリ: Android と iOS
別の電話番号でのアカウント確認が不要
カレンダーの業務時間に基づいたサイレント モード
Google Meet からの着信の識別
企業ディレクトリに登録されている連絡先の使用
固定電話での利用
自動応答
着信グループ*
発信用クレジットの追加 組織に請求
従来のハングアウトとの連携
リンク済みの電話番号へのテキスト メッセージの転送

* ベータ版プログラムに参加中の組織でご利用いただけます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。