Vault を使用して Google Meet の録画とログを保持する

組織の情報ガバナンス計画の一環として、Google Meet の録画とログの保持期間を管理することができます。保持ルールを使用すると、Meet のデータをいつまで保持し、いつ削除するかを設定できます。ファイルはドライブに保存されるため、Meet のデータはデフォルトでドライブの保持ルールの対象となります。Meet のデータの保持期間をドライブの他のアイテムとは別に管理する場合は、Meet 固有の保持ルールを設定できます。こうした保持ルールは、Vault の保持設定で Meet の保持ルールを有効にするまで有効になりません。

カスタム保持ルールを設定すると、特定の条件に一致するデータを一定期間にわたって保持できます。組織内のすべてのライセンス取得済みアカウントのサービスについて、すべてのデータを一定期間保持する必要がある場合は、デフォルトの保持ルールを設定します。カスタム保持ルールはデフォルトの保持ルールよりも優先されます(デフォルトの保持ルールの保持期間の方が長い場合でも)。

保持ルールの設定にあたり、あらかじめ保持の仕組みに関する記事をご一読ください

警告: 保持ルールの設定に誤りがあると、Meet の録画とログが直ちにパージされて元に戻せなくなることがあります。保持ルールを作成または変更する際は十分にご注意ください。新しいルールを組織全体に適用する前に、少数のアカウントに対してテストすることをおすすめします。

Meet と保持に関する重要なお知らせ

すべて開く  |  すべて閉じる

保持ルールを作成するまで Meet の保持を有効にしない

Meet 固有の保持はデフォルトで無効になっており、Meet のデータはドライブの保持ルールに従って保持されます。Meet の保持ルールを設定する前に Meet の保持を有効にしても、Meet のデータは削除に対して保護されません。その際 Meet のデータはドライブの保持ルールによって保護されないため、一部のデータがパージされる可能性があります。

Meet の保持ルールは元の録画とチャット、Q&A、アンケートのログに適用される

Meet の保持ルールは、Meet の元の録画と、録画された会議に付随する Meet 内のチャット、Q&A、アンケートのログに適用されます。

こうしたファイルのコピー、つまりドライブに対してダウンロードまたはアップロードされたファイルの版は、ドライブの保持ルールの対象となります。

ドライブの記録保持(リティゲーション ホールド)は常に Meet の録画と付随するログに適用される

Meet 固有の保持ルールを有効にしても、ドライブの記録保持は引き続き Meet の録画とチャット、Q&A、アンケートのログに適用されます。

Meet のカスタム保持ルールを設定する

次の手順は、新しい Vault(vault.google.com)を対象としています。従来の Vault の手順に移動

  1. vault.google.com にログインします。
  2. [保持] 次に [カスタムルール] 次に [作成] をクリックします。
  3. サービスとして [Meet] を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. エンティティを選択します。
    • 組織部門 - 特定の組織部門にルールを適用します。
      1. 該当する欄をクリックして組織部門を選択します。
      2. (省略可)選択した組織部門内のアカウントがメンバーとなっている共有ドライブにルールを適用するには、[共有ドライブからの検索結果を含める] チェックボックスをオンにします。
    • すべての共有ドライブ - 組織内のすべての共有ドライブにルールを適用します。
    • 特定の共有ドライブ - 特定のアカウントで共有されている共有ドライブにルールを適用します。
      1. [共有ドライブを追加] をクリックします。
      2. アカウント(複数可)を入力して [検索] をクリックします。
      3. 共有ドライブ(複数可)を選択します。
      4. [追加] をクリックします。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. ファイルの保持期間を選択します。

    • このルールの対象となるファイルを永続的に保持するには、[期限なし] を選択します。
    • 一定期間が経過したファイルを破棄するには:
      1. [保持期間] を選択します。
      2. 1~36,500 の範囲で日数を入力します。
      3. 保持期間開始の基準となる時間を選択します。
  7. 期間を設定する場合は、保持期間の終了後にデータをどのように処理するのかを選択します。
    • ユーザーが削除したデータのみをパージするには、1 番目のオプションを選択します。
    • すべてのデータをパージするには、2 番目のオプションを選択します。このルールにより、削除済みのデータとユーザーのドライブ内のデータの両方をパージできます。

      警告: Meet 専用のルールを有効にした場合、ルールを作成すると、保持期間を過ぎているデータのパージが Meet で直ちに開始されます。削除の対象となるデータの中には、ユーザーが保持しておきたいファイルが含まれている可能性があるため、ルールを適切に設定したことを確認してから、次の手順に進んでください。

  8. [作成] をクリックします。保持期間を設定した場合、ルールの影響を理解しているかどうかを確認するメッセージが表示されます。チェックボックスをオンにし、[承諾] をクリックしてルールを作成します。

Meet のデフォルトの保持ルールを設定する

次の手順は、新しい Vault(vault.google.com)を対象としています。従来の Vault の手順に移動

Meet のデフォルトの保持ルールは、有効にすると、カスタムルールまたは記録保持(リティゲーション ホールド)の対象とならないすべての Meet データ(マイドライブや共有ドライブ内の録画を含む)に適用されます。

  1. vault.google.com にログインします。
  2. [保持] をクリックします。デフォルトの保持ルールのリストが開きます。
  3. Meet アイコン "" をクリックします。
  4. ファイルの保持期間を選択します。

    • このルールの対象となるファイルを永続的に保持するには、[期限なし] を選択します。
    • 一定期間が経過したファイルを破棄するには:
      1. [保持期間] を選択します。
      2. 1~36,500 の範囲で日数を入力します。
      3. 保持期間開始の基準となる時間を選択します。
  5. 保持期間を設定する場合は、期間の終了後にデータをどのように処理するかを選択します。
    • ユーザーが削除したデータのみをパージするには、1 番目のオプションを選択します。
    • すべてのデータをパージするには、2 番目のオプションを選択します。このルールにより、削除済みのデータとユーザーのドライブ内のデータの両方をパージできます。

      警告: Meet 専用のルールを有効にした場合、ルールを保存すると、保持期間を過ぎているデータのパージが Meet で直ちに開始されます。削除の対象となるデータの中には、ユーザーが保持しておきたいファイルが含まれている可能性があるため、ルールを適切に設定したことを確認してから、次の手順に進んでください。

  6. [保存] をクリックします。ルールの影響を理解しているかどうかを確認するメッセージが表示されます。チェックボックスをオンにし、[承諾] をクリックしてルールを保存します。

(省略可)Meet 専用の保持ルールを有効にする

次の手順は、新しい Vault(vault.google.com)を対象としています。従来の Vault の手順に移動

Vault の設定を変更し、Meet の保持ルールを有効にするまで、Meet の録画はドライブの保持ルールによって保持されます。

ドライブの保持ルールではなく、Meet の保持ルールを Meet の録画と付随するログに適用するには:

  1. vault.google.com にログインします。
  2. [保持] 次に [設定] をクリックします。
  3. [Meet] の横にある [Meet のルールで保持する] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

 


従来の Vault を使用する

以下をクリックすると、従来の Vault(ediscovery.google.com)の手順が表示されます。新しい Vault の手順に移動

ediscovery.google.com で Meet の保持ルールを設定する

Meet のカスタム保持ルールを作成する

  1. Vault にログインし、[保持] をクリックします。
  2. [ルールを作成] をクリックします。
  3. [Meet] を選択し、プルダウン メニューからエンティティを選択します。
    • 組織部門:
      1. プルダウン メニューをクリックして組織部門を選択します。
      2. (省略可)組織部門のメンバーと関連付けられている共有ドライブにこのルールを適用する場合は、[共有ドライブからの検索結果を含める] チェックボックスをオンにします。
    • すべての共有ドライブ - 組織内のすべての共有ドライブにルールを適用します。
    • 特定の共有ドライブ - [共有ドライブを探す] をクリックしてメンバー アカウントを入力し、特定の共有ドライブにルールを適用します。
  4. ファイルの保持期間を選択します。
    • このルールの対象となる録画を永続的に保持するには、[期限なし] を選択します。
    • 期間を設定して満了後のファイルを破棄するには、1~36,500 の範囲で日数を入力します。期間の基準日として、録画の作成日と最終変更日のいずれかを選択します。
  5. [プレビュー] をクリックして、この保持ルールの対象となるファイルのリストを表示します。リストをチェックし、ルールが正しく設定されていることを確認します。ユーザーが必要とする可能性のあるデータが完全に削除されることのないよう十分にご注意ください。
  6. [保存] をクリックして、ルールを作成します。この保持ルールの影響を理解しているかどうかを確認するメッセージが表示されます。チェックボックスをオンにし、[確認] をクリックしてルールを作成します。

Meet のデフォルトの保持ルールを設定する

デフォルトの保持ルールは、カスタムルールと記録保持(リティゲーション ホールド)の対象とならないすべての録画(マイドライブ内や共有ドライブ内のものも含む)に適用されます。

  1. Vault にログインし、[保持] をクリックします。
  2. デフォルトの保持ルールのリストで、[Meet] をクリックします。
  3. [Meet のデフォルトの保持ルールの設定] チェックボックスをオンにします。
  4. 録画を無期限に保持するか、一定期間が経過した後で消去するかを選択します。
  5. 録画の保持期間を選択します。
    • すべての録画を永続的に保持するには、[期限なし] を選択します。
    • 期間を設定して満了後の録画を破棄するには、1~36,500 の範囲で日数を入力します。期間の基準日として、録画の作成日、最終更新日、または削除日を選択します。
  6. 期間を設定する場合は、保持期間の終了後に録画をどのように処理するのかを選択します。
    • ユーザーによって削除済みの録画のみを消去するには、1 番目のオプションを選択します。
    • すべての録画を消去するには、2 番目のオプションを選択します。削除済みの録画もユーザーのドライブ内の録画も消去されます。
  7. [保存] をクリックして、ルールを作成します。この保持ルールの影響を理解しているかどうかを確認するメッセージが表示されます。チェックボックスをオンにし、[確認] をクリックしてルールを作成します。

(省略可)Meet 専用の保持ルールを有効にする

Meet の保持ルールを作成したら、そのルールを組織の録画に適用できます。

  1. Vault にログインし、[保持] をクリックします。
  2. [設定] をクリックし、[Meet] のチェックボックスをオンにします。
  3. [保存] をクリックします。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。