Vault ライセンスに関するよくある質問

管理コンソールの管理者向けのよくある質問

ライセンスはデフォルトでドメイン内のすべてのユーザーに割り当てられますか。
  • まだ Vault をご利用でない場合: Vault をオンラインまたは販売パートナー経由で購入する場合、ライセンスはデフォルトでは割り当てられません。
  • 既に Vault をご利用の場合: ドメインでの部分的ライセンス付与がリリースされるにオンラインまたは販売パートナー経由で Vault を購入した場合、ライセンスは引き続きデフォルトで自動的に割り当てられます。

Vault ライセンスを割り当てるにある手順を行うと、ドメイン全体へのライセンス付与からドメインでの部分的ライセンス付与(またはその逆)に切り替えることができます。

ドメインでの部分的ライセンス付与がリリースされる前にドメインで Vault の使用を開始したため、すべてのユーザーが Vault ライセンスを持っています。一部のユーザーだけにライセンスを付与できますか。

ドメインでの部分的ライセンス付与がリリースされる前に、ライセンスを持っていたユーザーはライセンスを持ったままになります。ユーザーのライセンスを解除するには、次のよくある質問「ユーザーのライセンスを解除するにはどうすればよいですか」をご覧ください。

ユーザーのライセンスを解除するにはどうすればよいですか。

ライセンスを付与されているユーザーのライセンスを解除するときは、次の点にご注意ください。

  • Vault でそのユーザーを検索できなくなります。
  • そのユーザーのデータの記録保持はすべて解除されます。
  • そのユーザーのデータに Vault の保持ポリシーが適用されなくなります。
  • そのユーザーが削除したメールやチャットはすべて Google のシステムから消去されます。

G Suite 管理者は、ライセンスを解除する前に、組織の Vault 管理者、Vault 調査員、または法務チームやコンプライアンス チームと話し合い、今後はそのユーザーにライセンスが不要であることを確認することをおすすめします。

ライセンスを解除するには、[ライセンスの管理] に移動し、[現在未割り当てのすべてのユーザーと今後作成されるユーザーに次のライセンスを自動的に割り当てます] チェックボックスがオフになっていることを確認します。次に、[割り当て済みのユーザー] タブに移動し、ユーザーの名前の横にあるチェックボックスをオンにして [割り当て解除] をクリックします。管理コンソールに、ライセンスを解除した場合の影響についての警告が表示されます。

ユーザーにライセンスを付与したいのですが、[未割り当てのユーザー] タブにユーザーが存在しません。どうすればよいですか。

[ライセンスの管理] タブに移動します。[現在未割り当てのすべてのユーザーと今後作成されるユーザーに次のライセンスを自動的に割り当てます] チェックボックスがオンになっている場合、すべてのユーザーにライセンスが自動的に割り当てられています。[割り当て済みのユーザー] タブに移動し、ユーザーにライセンスが既に割り当てられていることを確認します。

一部のユーザーにライセンスを割り当てる場合は、このチェックボックスをオフにする必要があります。このチェックボックスをオフにすると、それ以降にドメインに追加された新規ユーザーはすべて [ライセンスの割り当てを解除] タブに表示されるようになります。

ユーザーにライセンスを一括で付与する方法はありますか。

[ライセンスの管理] タブで、ユーザーのメール アドレスのリストを記載した CSV ファイルをアップロードするとライセンスを一括で割り当てることができます。ライセンスを一括で解除する方法はありません。

組織部門のすべてのユーザーにまとめてライセンスを割り当てることはできますが、後でその組織部門にユーザーを追加または削除しても、組織部門のライセンスの割り当ては自動的には更新されませんのでご注意ください。

組織部門の全員にライセンスを割り当てた後で、その組織部門にユーザーを追加すると、そのユーザーにはライセンスが自動的に割り当てられますか。

いいえ。後から組織部門に追加されたユーザーには、手動または CSV をアップロードすることで、ライセンスを割り当てる必要があります。 また、ライセンスを持っているユーザーを組織部門外に移動しても、ライセンスは解除されません。

Vault インターフェースで保持ルールを作成したり、その他のタスクを実行したりするための Vault 権限を持つユーザーには Vault ライセンスが必要ですか。

いいえ。Vault インターフェースでタスクを実行するユーザーに必要なのは、管理コンソールで Vault の権限を割り当てることです。ユーザーにライセンスが必要なのは、そのユーザーのデータを保持ポリシー、記録保持、検索、その他の Vault 機能の対象とする場合のみです。

Vault 管理者向けのよくある質問

ライセンスのないユーザーのデータが Vault に表示されることはありますか。

ライセンスのないユーザーとライセンスを持っているユーザーの間でメールのやり取りが行われた場合、ライセンスを持っているユーザーを検索した際にそのメールが表示されることがあります。

ユーザーが Vault ライセンスを持っているかどうかを、Vault インターフェース(iediscovery.google.com)から調べるにはどうすればよいですか。

ユーザーのデータを記録保持、検索、エクスポート、プレビューしようとすると、そのユーザーがライセンスを持っていない場合は警告が表示されます。その場合、ユーザーへのライセンスの割り当てを G Suite 管理者に依頼できます。

ユーザーのライセンスが解除されたかどうかを知るにはどうすればよいですか。

G Suite 管理者と Vault のライセンス変更について頻繁に連絡を取り合い、ライセンスを付与されたユーザーのライセンスがいつ解除されるかを把握しておくことを強くおすすめします。

  • 案件では、ユーザーのライセンスが解除されると、取り消し線付きの赤字でユーザーが表示されます。ライセンスがない場合、ユーザーの記録保持は解除されます。
  • 保存した検索に含まれていたユーザーのライセンスが解除されると、その後で Vault でそのユーザーを検索しようとするとメッセージが表示されます。このメッセージは、そのユーザーのライセンスが解除されたことを通知するものです。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。