Google Vault とは

G Suite を使って組織のデータ保持と電子情報開示に対応する

Vault は管理者および法務担当者向けです。G Suite 管理者がアカウントを設定するまで、Vault は正常に動作しません。

Vault を使用すると、データの保持、記録保持(リティゲーション ホールド)、検索、書き出しを行い、組織のデータ保持と電子情報開示のニーズに対応することができます。Vault では、次の機能を利用できます。

  • Gmail のメール
  • 従来のハングアウトのチャット(履歴オンの状態)と Google トークのチャット(オフレコ解除の状態)
  • Google グループ
  • Google ドライブ内のファイル
  • Google Chat での履歴オンの会話
  • Google Meet の録画

Vault は完全にウェブベースのサービスであるため、ソフトウェアのインストールとメンテナンスを行う必要がありません。Vault は G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite Essentials に含まれています。(各エディションの比較)。これらのエディション以外をご使用の場合は、ユーザーあたり月額 600 円の追加料金で Vault のライセンスをご購入いただくことができます。

G Suite のお客様による Vault のご利用用途:

  • 保持 - ユーザー アカウントおよび Google のシステムからデータを削除するまでの保持期間を、保持ルールで指定して管理することができます。詳しくは、保持についての記事をご覧ください。
  • 訴訟のための記録保持(リティゲーション ホールド) - 法的理由などによるデータの保持義務を満たすために、ユーザーに対して記録保持を設定し、ユーザーのデータを恒久的に保持することができます。詳しくは、記録保持についての記事をご覧ください。
  • 検索 - ユーザー アカウント、組織部門、日付、キーワードを基にドメインのデータを検索することができます。Vault では、ブール演算子やワイルドカード演算子を使用した検索がサポートされています。詳しくは、検索についての記事をご覧ください。
  • 書き出し - 付加的な処理と確認のために、データを書き出すことができます。詳しくは、書き出しについての記事をご覧ください。
  • 監査レポート - Vault の監査レポートを参照して、特定の期間内に Vault 管理者が実施した操作内容を把握することができます。詳しくは、監査についての記事をご覧ください。

まずは 30 日間の無料試用をご利用ください。

ヒント: 組織ですでに Vault をお持ちの場合は、ドメインで Vault を設定し、検索と書き出しを開始してください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。