Google 乗換案内の基礎

リアルタイム乗換案内データの概要

リアルタイム乗換案内は、Google マップとモバイル向け Google マップで運行情報や更新情報をリアルタイムに提供します。こうした更新情報には、出発時間と到着時間、運行情報などの最新データが含まれます。

交通機関がこの情報を公開する場合は、更新情報を含むデータフィードを作成し、Google と共有していただく必要があります。リアルタイム フィード形式は、General Transit Feed Specification(GTFS)という幅広く使用されている形式を補完するもので、プロトコル バッファという Google のツールから取得するデータを使用します。これらのリアルタイム フィードは、Google が自動的に取得するか、交通機関が運行状況の変更に合わせてプッシュします。フィードの更新はリアルタイム乗換案内データの更新情報として即座に処理されるため、ユーザーは運行状況に関する最新の情報を確認できます。

詳しくは、GTFSリアルタイム フィードGoogle のプロトコル バッファに関するページをご覧ください。

メリット

リアルタイム フィードを既存の固定データフィードの補完として追加することで、交通機関の運行サービスの利便性を高めることができます。たとえば、ユーザーは以下を得られます。

  • 出発時間と到着時間に関する最新情報: この情報で、より効率的な移動計画を立てることができます。
  • 運行の遅れに関する事前通知: この情報で、運行の問題に伴う不便さを軽減できます。
  • 交通機関の利便性の向上。交通機関の利便性が向上するほど、ユーザーが再利用する可能性が高くなります。

使ってみる

リアルタイム フィードを公開するには、Google マップに有効な固定の運行情報に関する GTFS フィードが必要です(公開またはプレビューの状態)。詳しくは、Google 乗換案内についてをご覧ください。

リアルタイム データの静的フィードとサーバー スペースを確保したら、リアルタイム フィードを公開できます。

こちらの手順に沿って、リアルタイム フィードを公開します

開発者向けのリソースについては、GTFS リアルタイムとはをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

Is there something we can help you with?

Chat with a member of Transit team

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
82656
false
false