Google 乗換案内の基礎

リアルタイム乗換案内データの概要

リアルタイム乗換案内データは、交通機関の運行状況に関するデータや更新情報を Google マップとモバイル向け Google マップ上に公開できる機能です。出発時間や到着時間、運行状況アナウンスなどに関する最新情報を更新情報として公開できます。

交通機関の運営会社様がこの情報を公開する場合は、更新情報を含むデータフィードを作成し、Google と共有していただく必要があります。用途の広い GTFS 形式の拡張版であるリアルタイム フィード形式は、Google のオープンソース Protocol Buffer のデータ交換形式によってカプセル化されたデータで構成されます。このリアルタイム フィードは、Google が定期的にフェッチするか、交通機関の運営会社様が運行状況の変更に合わせ、プログラムを使ってプッシュすることとなります。フィードの更新はリアルタイム乗換案内データの更新情報として即座に処理されるため、ユーザーは運行状況に関する最新の情報を確認できます。

メリット

リアルタイム乗換案内データのフィードを既存の固定データフィードの補完として追加することで、交通機関の運行サービスの利便性を高めることができます。たとえば、ユーザーは以下のようなメリットを得られます。

  • 出発時間と到着時間に関する最新情報: より効率的な移動計画を立てることができます。

  • 運行の遅れに関する詳細なアナウンス: 運行の問題に伴う不便さを軽減できます。

  • 交通機関の使いやすさが向上: リピーターが増え、利用者数が増加する可能性も高まります。

利用方法

リアルタイム乗換案内データのフィードを公開するには、Google マップに有効な固定の運行情報の GTFS フィードを登録しておく必要があります(公開またはプレビューの状態)。

固定データフィードを登録してリアルタイム データ用のサーバー スペースを確保したら、以降は簡単な手順でリアルタイム乗換案内データのフィードを公開できます。各手順の詳細は以下をご覧ください。

  1. 登録

  2. GTFS リアルタイム フィードを作成する

  3. データの送信方法を選択する

  4. データを公開する

  5. データをテストする

  6. 本公開の準備を整える

開発者向けのリソースについては、GTFS リアルタイムの仕様をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。