G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

ページビュー トリガー

Google タグ マネージャーのページビュー トリガーを使用すると、ページがウェブブラウザに読み込まれたときにタグを配信できます。ページ読み込みイベントを検出するトリガーは 5 種類あり、配信するタイミングの判断基準がそれぞれ異なります。各ページビュー トリガーの優先順位は、以下の記載順のとおりです。

  1. 同意の初期化: 同意に関する設定を、確実に他のすべてのトリガーの配信よりも前に適用するためのトリガータイプです。「同意の初期化」トリガーは、サイトのユーザー同意ステータスを設定または更新するタグ(同意管理プラットフォーム タグ、同意のデフォルト値を設定するタグなど)に使用します。各ウェブコンテナには、デフォルトで「同意の初期化 - すべてのページ」トリガーが含まれています。「同意の初期化」トリガーは、単にタグを早い段階で配信する用途では使用しません。その用途の場合は「初期化」トリガーを使用してください。
  2. 初期化: 「同意の初期化」トリガーを除いて最も早く配信するタグ用のトリガータイプです。各ウェブコンテナには、デフォルトで「初期化 - すべてのページ」トリガーが含まれています。他のトリガーよりも前に配信する必要があるタグには、このトリガータイプを使用しましょう。
  3. ページビュー: ウェブブラウザがページの読み込みを開始するとすぐに発動します。ページのインプレッションから生成されたデータのみが必要な場合は、このオプションを使用します。
  4. DOM Ready: ブラウザで HTML のページの読み込みが完全に終了し、ドキュメント オブジェクト モデル(DOM)が解析できる状態になった後に発動します。DOM に対応して変数に値が入力されるページベースのタグの場合は、タグ マネージャーで正しい値が使用されるよう、このタイプのトリガーを選択してください。
  5. ウィンドウの読み込み: 画像やスクリプトなどの埋め込みリソースを含め、ページが完全に読み込まれた後に発動します。

新しいページビュー トリガーを作成するには:

  1. [トリガー] 次に [新規] の順にクリックします。
  2. [トリガーの設定] をクリックして、ページビュー タイプの中からトリガーを選択します。
  3. 省略可(ただしパフォーマンスを高めるには推奨): クリックの発生が予想されるページの条件(通常は URL のパターン)を指定します。
    • [このトリガーの発生場所] で [一部のイベント] を選択します。
    • [イベント発生時にこれらすべての条件が true の場合にこのトリガーを配信します] で、必要なページでのみこのトリガーを有効にするフィルタを追加します(例: 「Click URL contains /path/to/promo」)。
  4. トリガーを保存してコンテナを公開します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102259
false