ページビュー トリガー

Google タグ マネージャーのページビュー トリガーを使用して、ページがウェブブラウザに読み込まれたときにタグを配信します。ページの読み込みイベントをトラッキングするトリガーには 3 種類あり、トリガーがタグを配信するタイミングを判断する基準はそれぞれのタイプによって若干異なります。

  • ページビュー: ウェブブラウザがページの読み込みを開始するとすぐに発動します。ページのインプレッションから生成されたデータのみが必要な場合は、このオプションを使用します。
  • DOM Ready: ブラウザで HTML のページの読み込みが完全に終了した後、ドキュメント オブジェクト モデル(DOM)が解析できる状態になった後に発動します。DOM に対応して変数に値が入力されるページベースのタグの場合は、タグ マネージャーで正しい値が使用されるよう、このタイプのトリガーを選択してください。
  • ウィンドウの読み込み: 画像やスクリプトなどの埋め込みリソースを含め、ページが完全に読み込まれた後に発動します。

新しいページビュー トリガーを作成するには:

  1. [トリガー] 次の操作 [新規] をクリックします。
  2. [トリガーの設定] をクリックして、ページビュー タイプの中からトリガーを選択します。
  3. 省略可(ただしパフォーマンスを高めるには推奨): クリックの発生が予想されるページについて条件(通常は URL のパターン)を指定します。
    • [このトリガーの発生場所] で [一部のイベント] を選択します。
    • [イベント発生時にこれらすべての条件が true の場合にこのトリガーを配信します] で、必要なページでのみこのトリガーを有効にするフィルタを追加します(例: 「Click URL contains /path/to/promo」)。
  4. トリガーを保存してコンテナを公開します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。