正規表現と CSS セレクタ演算子

トリガー フィルタを使用する場合はいつでも、正規表現やカスケーディング スタイルシート(CSS)セレクタを演算子として使うことができます。トリガーで正規表現や CSS セレクタを演算子として使用する場合、ルールにトリガーが一致するように指定できます。

正規表現

「正規表現に一致」オプションを使用すると、Google タグ マネージャーでテキスト パターンを照合するための正規表現を実装できます。正規表現は、「URL の先頭が A で末尾が B のときにでタグを発行するが、C が含まれている場合は発行しない」などの複雑なルールを表現するときに便利です。

たとえば、次の正規表現が URL や URL パス変数に適用されるとします。この場合、URL パスに「products」、「promotions」、「professionals」、「processes」など、文字列「pro」が含まれるすべてのページに一致します。

/pro/

CSS セレクタ

CSS セレクタは、HTML 要素をターゲティングするために使用できます。たとえば、Click Element 変数に適用されたセレクタは、親の ID 属性値が「promo」で、クラス属性値が「purchase」の子要素に対するクリックと一致します。

#promo .purchase

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。