AMP 用コンテナの組み込み変数

デバイスとブラウザ

Browser Language: ユーザーの言語設定(通常はブラウザの UI の言語)を示す文字列です(例: zh-tw)。

Client Timezone: 協定世界時間(UCT)とユーザーのタイムゾーンとの時差です。分単位で示されます(例: 太平洋標準時は 480)。

Screen Height: 画面の高さです。ピクセルで表示されます。値は window.screen.height から取得されます(例: 1920)。

Screen Width: 画面の幅です。ピクセルで表示されます。値は window.screen.width から取得されます(例: 1080)。

Scroll Height: ページの高さの合計です。ピクセルで表示されます(例: 2080)。

Scroll Left: ユーザーが左から右へスクロールしたピクセル数です(例: 100)。

Scroll Top: ユーザーが上から下へスクロールしたピクセル数です(例: 0)。

Scroll Width: ページの幅の合計です。ピクセルで表示されます(例: 800)。

インタラクション

Total Engaged Time: ユーザーが最初にページを表示した時点からの合計表示時間です。秒単位で表示されます。ページが表示されるまでは 0 になっています(例: 36)。

その他

AMP Event: トリガーを呼び出した「イベント」です(例: gtm.pageview)。

Client Timestamp: 1970 年(エポックタイム)から経過した時間です。秒単位で表示されます(例: 1452710304312)。

Page Client ID: ユーザー ID です。同じユーザーが 1 年以内に同じソースを参照した場合、クライアント ID は変わりません。

Page View ID: URL、ユーザー、日にちが変わるたびにランダムに指定される文字列です(例: 978)。

ページとコンテンツ

Canonical Host: 正規 URL のホストです(例: example.com)。

Canonical Path: 正規 URL のパスです(例: /analytics.html)。

Canonical URL: 現在のドキュメントの正規 URL です(例: http://example.com:8000/analytics.html)。

Document Referrer: ユーザーがページにアクセスしてくる参照元の URL です。document.referrer から読み取られます。直接アクセスしてきたユーザーの場合、値は空になります(例: https://www.google.co.jp)。

Document Title: 現在のドキュメントのタイトルです。

ページ

Page Hostname: 現在の URL のホスト名です。

Page Path: 現在の URL のパスです。

Page URL: 現在のページの完全な URL です。

掲載結果

Page Download Time: レスポンスの最初のバイトから最後のバイトまでの時間です。ミリ秒単位で表示されます(例: 100)。

Page Load Time: ページ全体の読み込みにかかった時間です。前ページをアンロードするイベント ハンドラが終了してから、現在のページを読み込むイベントが開始するまでの時間が算出されます。前のページがない場合は、ユーザー エージェントがドキュメント取得のために HTTP リクエストを送信する準備ができた時点からの時間が算出されます。ミリ秒単位で表示されます(例: 220)。

ユーティリティ

Container ID: コンテナの公開 ID です(例: GTM-XKCD42-9)。

Container Version: コンテナのバージョン番号を示す文字列です。

Environment Name: コンテナのリクエストが、環境の「プレビューの共有」リンクや環境スニペットから行われた場合は、ユーザー指定の現在の環境名になります。組み込み環境の場合は、「リアルタイム」、「最新」、「編集中」のいずれかが返されます。それ以外の場合は、空の文字列が返されます。

Random Number: 0~2147483647 のランダムな整数です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。