G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

コンテナのプレビューとデバッグ

タグ構成が想定どおりに動作しているかどうかを確認します。

Google タグ マネージャーのプレビューとデバッグモードでは、現在のドラフト コンテナが設定されているかのようにコンテナコードが実装されているサイトを参照できるため、コンテナ設定が公開される前にテストできます。プレビュー対象のサイトは Tag Assistant に接続されるため、どのタグがどのような順序で配信されたかを調べることができます。

プレビューとデバッグモードを有効にする

現在のワークスペースのプレビューとデバッグモードを有効にするには:

  1. ワークスペースの右上にある [プレビュー] をクリックします。
  2. サイトの URL を入力します。
  3. 一部のサイトやページは、URL にデバッグ パラメータが追加されることで破損する場合があります。そのような場合は [URL にデバッグ シグナルを含める] チェックボックスをオフにします。
  4. [接続] をクリックします。サイトが新しいウィンドウで開き、右下に [接続済み] と表示されます。
    Tag Assistant Companion(Chrome 拡張機能)をインストールしている場合は、サイトは新しいウィンドウではなく新しいタブで開きます。
  5. Tag Assistant タブをクリックしてから、[続行] をクリックしてデバッグ インターフェースにアクセスします。

    Tag Assistant を有効化するページから、デバッグするサイトをプレビューすることも可能です。

 

以前のバージョンのコンテナをプレビューするには:

  1. ワークスペースの上部のナビゲーションで、[バージョン] をクリックします。
  2. 作業するバージョンを探し、[その他の操作] その他 をクリックして [プレビュー] を選択します。

プレビューとデバッグモードを使用する

プレビューとデバッグモードが有効になると、入力したページが新しいウィンドウで開きます。デバッグ インターフェースには、タグの配信状態や処理中のデータなど、タグに関する詳細情報が表示されます。デバッグ インターフェースは、プレビュー モードを有効にするために使用されたものと同じブラウザ、または共有ユーザーにのみ表示されます。ウェブサイトにアクセスしている通常のユーザーには表示されません。

デバッグ インターフェースのこの情報を使用すると、タグやトリガーの配信状況やサービスに渡しているデータの種類を確認できます。プレビュー対象のウェブサイトをクリックして表示すると、デバッグ インターフェースでタグの配信情報が更新されます。この情報は、タグの配信状況や配信の経緯を確認するのに役立ちます。

上のナビゲーション バーには、タグ変数データレイヤーに関する情報にアクセスできるオプションが一覧表示され、左のナビゲーション サマリー バーにはイベントのリストが表示されます。

  • タグ: [タグ] をクリックすると、タグの配信状況がわかります。各タグをクリックすると、タグのプロパティと関連するトリガーが表示されます。左側の列でイベントを選択すると、[タグ] タブでは該当のイベントに対応するタグのステータスが表示されます。
  • 変数: [変数] タブには、変数の種類、返されたデータの種類、解決値など、選択したイベントの変数に関する詳細情報が表示されます。イベントが発生した時点の変数の状態を表示するには、左側のナビゲーションでイベントを選択します。

  • データレイヤー: [データレイヤー] タブには、選択したイベントに応答してデータレイヤーにプッシュされたのとまったく同じメッセージと、そのメッセージのトランザクションが完了した後のデータレイヤーの状態が表示されます。イベントが発生した時点のデータレイヤーの状態を表示するには、左側のナビゲーションでイベントを選択します。
デバッグ インターフェースは、次のコンテナの種類では使用できません。
  • モバイルアプリ用コンテナ(プレビューおよびデバッグする方法の詳細については、デベロッパー向けドキュメント(iOS または Android)をご覧ください)
  • AMP 用コンテナ(サイトのプレビューは引き続き可能です)

プレビューとデバッグモードを共有する

プレビューとデバッグモードを有効にすると、プレビューとデバッグモードを有効にしたブラウザでのみ、プレビュー対象のコンテナの設定と Tag Assistant デバッグ インターフェースが表示されます。このプレビューは、カスタム生成 URL で他のユーザーと共有できます。

ワークスペース設定のプレビューを同僚と共有するには:

  1. Tag Assistant デバッグ インターフェースの上部にある [その他の操作] その他 をクリックし、[共有] を選択します。
  2. [デバッグ セッションの共有] ダイアログで、対象のウェブサイト ドメインとデバッグするタグを入力します。
  3. 表示されたボックスからプレビュー URL をコピーします。
  4. コピーしたプレビュー URL を電子メッセージに貼り付け、同僚に送信します。プレビュー URL を使用すると、ユーザーはプレビュー モードでサイトに接続し、Tag Assistant デバッグ インターフェースを表示できます。

ワークスペースから、コンテナの現在のバージョンまたは以前のバージョンを共有することもできます。手順は次のとおりです。

  1. ワークスペースの上部のナビゲーションで、[バージョン] をクリックします。
  2. 共有するバージョンを探し、[その他の操作] その他 をクリックして [プレビューの共有] を選択します。
  3. [プレビューの共有] ダイアログで、対象のウェブサイト ドメイン(例: https://example.com/)を入力します。
  4. 表示されたボックスからプレビュー URL をコピーします。
  5. コピーしたプレビュー URL を電子メッセージに貼り付け、同僚に送信します。プレビュー URL を使用すると、ユーザーはプレビュー モードでサイトに接続し、Tag Assistant デバッグ インターフェースを表示できます。

プレビューとデバッグモードを終了する

プレビュー モードを終了してデバッグを停止するには、次のいずれかを行います。

  • プレビュー対象のサイトのフローティング ウィンドウで [接続解除] をクリックします。
  • Tag Assistant デバッグ インターフェースの左上隅にある [X] をクリックします。
  • Tag Assistant を有効化するページで、[デバッグを停止] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
102259
false