Google タグ マネージャーの構成要素

タグ、トリガー、変数、データレイヤーが連動する仕組みを確認します。

Google タグ マネージャーは、次の概念に基づいてタグの設定と配信を処理します。

  • タグ: データを Google アナリティクスなどのシステムに送信するコードです。
  • トリガー: クリック、フォームの送信、ページの読み込みなど、特定のイベントをリッスンします。
  • 変数: 商品名、価格、日付など、変動する値が入る名前付きのプレースホルダです。
  • データレイヤー: タグ マネージャーでは、データレイヤーを設定して値を一時的にクライアントに保持し、タグ、トリガー、変数でその値を使用できるようにしています。

この記事では、これらの概念が連動する仕組みについて説明します。

タグとトリガー

タグとは、ページまたはモバイルアプリ上で実行されるコードのことです。タグはさまざまな用途に使用できますが、タグ マネージャーで使用されるタグの大半は、お客様のサイトから第三者にトラッキング情報を送信することを目的としたものです。たとえば、Google アナリティクス タグAdWords コンバージョン トラッキング タグなどがこれに該当します。

タグ管理ソリューションをご利用でない場合は、個々のタグのコードをソースコードに直接追加します。タグ マネージャーをご利用の場合は、ウェブ上の管理画面からすべてのタグを管理できます。

タグは、イベントに応答して実行または配信されます。イベントには、ページの読み込み、ボタンのクリック、ページのスクロールなどがあります。Google タグ マネージャーでは、これらのイベントをリッスンするトリガーを定義して、タグを配信するタイミングを指定します。

トリガーと変数

タグ マネージャーには、さまざまな組み込み変数が用意されています。カスタム変数を新たに設定することもできます。たとえば、既定の変数「url」には、読み込み中のページのアドレスが入ります。「example.com/purchase/receipt.html」というページでのみタグを配信したい場合は、トリガーを次のように定義します。

  • イベント: ページビュー
  • トリガーのタイプ: ページビュー
  • 配信するタイミング: 一部のページビュー
    • 次の条件が true の場合にタグを配信:
      URL に example.com/purchase/receipt.html が含まれる

必要なときにアプリケーションで情報を使用できるようにするには、組み込み変数やカスタム変数を設定します。これらの変数は、トリガーの条件で使用したり、タグに情報を渡すために使用したりできます。

変数とデータレイヤー

データレイヤーは、データを一時的に保持するために使われる、タグ マネージャーで読み取り可能な構造化フォーマットです。これにより、お客様のウェブページやモバイルアプリから、タグやトリガー、その他の変数にデータを簡単に渡せるようになります。

データレイヤーを設定しなくても、変数で情報を取得することはできます。タグ マネージャーの変数は、JavaScript 変数、ファーストパーティ Cookie、DOM から値を直接取得するよう設定することもできますが、適切に構成されたデータレイヤー オブジェクトからの情報を変数で直接取得するよう設定することをおすすめします。データレイヤーを導入すると、コードを誤って変更してデータを損失する可能性が最小限に抑えられ、データモデルが適切に構成されて利用しやすくなり、トラブルシューティングが簡素化されます。

注: ウェブ アプリケーションの場合は、データレイヤーに必要な情報を追加するコードをすべてのページに設置する必要があります。データレイヤーがページ間で自動的に保持されることはありません。

導入のシナリオ

データレイヤーの導入がニーズに適っているかどうかを判断するには、以下の点をご検討ください。

  • ページの読み込み時にのみタグを配信する必要がある場合(ページ上でのユーザー操作に対して配信する必要がない場合など): タグで URL と参照 URL 以外の情報を必要としない場合は、サイトの各ページにコンテナ スニペットを追加するだけで済み、データレイヤーを設定する必要はないと考えられます。
  • ページの読み込み時にのみタグを配信するが、URL と参照 URL 以外の情報(ページの種類やユーザー ID など)も必要な場合: データレイヤーを作成するコードを追加して情報をプッシュする必要があると考えられます。
  • 使用したいデータを、ユーザーがページで操作を行うまで入手できない場合: データをデータレイヤーにプッシュするコードを追加して、目的のイベントの発生時にデータレイヤーを利用するようタグ マネージャーを設定する必要があります。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。