通知

G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

Google タグ マネージャーで設定を再利用する

このページは、Google タグ マネージャーで Google タグを管理しており、複数の Google タグ向けに有効な共有された設定を定義したいユーザーを対象としています。

設定変数について

Google タグ: 設定変数を使用すると、複数の Google タグ全体で設定を再利用できます。たとえば、ウェブサイトを複数の言語で公開し、閲覧中の言語に基づいてユーザーを分類するとします。この場合、各タグを手動で更新する代わりに、language パラメータを使って設定変数を作成し、Google タグ全体で使用できます。

設定変数を設定する方法

新しい設定変数を作成するには:

  1. Google タグ マネージャーを開く
  2. ワークスペースで、左側の [変数] メニューを開きます。
  3. ユーザー定義変数を [新規] で作成します。
  4. [変数の設定] で、[Google タグ: 設定] 変数を選択します。
  5. 再利用するパラメータを追加します。事前定義済みパラメータの表は以下で確認できます。これらの事前定義済みパラメータがニーズに合わない場合は、ご自身でいつでもカスタム パラメータを作成できます。[名前] フィールドに任意の名前を入力します。
  6. 変数に名前を付けて、[保存] をクリックします。

Google タグの設定を再利用する

  1. ワークスペースで、左側の [タグ] メニューを開きます。
  2. 設定変数を適用する Google タグを選択します。
  3. 以下の手順で設定を再利用します。
    • 設定を再利用するには、プルダウン リストから [Google タグ: 設定] 変数を選択します。
    • 共有イベントの設定を再利用するには、プルダウン リストから [Google タグ: イベントの設定] 変数を選択します。
    • 設定変数から継承されたパラメータを確認するには、[継承された設定を表示] をクリックします。
    • Google タグでのみ継承されたパラメータを編集するには、[編集] をクリックします。
    • 編集済みの継承されたパラメータを元に戻すには、[リセット] をクリックします。
  4. タグを保存し、コンテナを公開します。

 

設定用の有効なパラメータ

次の表に、事前定義パラメータと、これらのパラメータで使用できるサービス(X マーク付き)を示します。

名前 デフォルト値 説明 Google 広告 GA4 Merchant Center
ads_data_redaction ブール値
false
同意が得られなかった場合に、すべてのリクエストから広告クリックの ID(&gclid&dclid&wbraid など)を削除する同意モードのパラメータ。 X    
allow_ad_personalization_signals ブール値
true
広告のパーソナライズ機能を無効にするには、false に設定します。 X X X
allow_google_signals ブール値 true デフォルト値は true です。広告向けの機能をすべて無効にするには、allow_google_signalsfalse に設定します。 X X  
allow_interest_groups ブール値
true
インタレスト グループのデータの保存を無効にできるプライバシー サンドボックスの API 設定。 X X X
campaign_content 文字列 未定義 A/B テストやコンテンツ ターゲット広告で使用します。campaign_content を使用して、同じ URL を参照する広告とリンクを区別します。
注: この値を設定すると、utm_content クエリ パラメータがオーバーライドされます。
  X X
campaign_id 文字列 未定義 この参照が参照しているキャンペーンを識別するために使用されます。campaign_id を使用して、特定のキャンペーンを識別します。
注: この値を設定すると、utm_id クエリ パラメータがオーバーライドされます。
  X X
campaign_medium 文字列 未定義 campaign_medium を使用して、メールや CPC 広告などのメディアを指定します。
注: この値を設定すると、utm_medium クエリ パラメータがオーバーライドされます。
  X X
campaign_name 文字列 未定義 キーワード分析で使用します。campaign_name を使用して、特定商品のプロモーションまたは戦略的キャンペーンを識別します。
注: この値を設定すると、utm_name クエリ パラメータがオーバーライドされます。
  X X
campaign_source 文字列 未定義 campaign_source を使用して、検索エンジンやニュースレター名などのソースを指定します。
注: この値を設定すると、utm_source クエリ パラメータがオーバーライドされます。
  X X
campaign_term 文字列 未定義 有料検索で使用します。campaign_term を使用して、有料検索広告のキーワードをトラッキングします。
注: この値を設定すると、utm_term クエリ パラメータがオーバーライドされます。
  X X
client_id 文字列 ユーザーごとにランダムに生成された値。 ブラウザのインスタンスを匿名で識別します。デフォルトでは、この値はファーストパーティのアナリティクス Cookie として 2 年間の有効期限付きで保管されます。   X  
content_group 文字列 未定義 コンテンツ グループを使用すると、ページとスクリーンをカスタム バケットに分類できます。コンテンツ グループの詳細   X  
conversion_linker ブール値
true
このパラメータを使用して、Google 広告と Floodlight のコンバージョン リンクを無効にします。false に設定すると、コンバージョン リンクを無効にできます。 X    
cookie_domain 文字列
'auto'
アナリティクス Cookie の保管に使用するドメインを指定します。
ドメインを指定せずに Cookie を設定するには、'none' に設定します。
Cookie をトップレベル ドメインと 1 つのサブドメイン(eTLD +1)にドメイン指定するには、'auto'(デフォルト値)に設定します。たとえば、cookie_domain'auto' に設定されている場合、https://example.com はドメインに example.com を使用し、https://subdomain.example.com もドメインに example.com を使用します。
X X X
cookie_expires 数値
63072000
ヒットが Google アナリティクスに送信されるたびに、Cookie の有効期限はその時点の時刻と cookie_expires フィールドの値を足した値に更新されます。つまり、デフォルト値の 2 年(63,072,000 秒)を使用しており、ユーザーが毎月サイトを訪問する場合、Cookie が期限切れになることはありません。cookieExpires を 0(ゼロ)秒に設定すると Cookie がセッション ベースになり、現在のブラウザ セッションが終了した時点で期限切れとなります。注意: Cookie の有効期限が短すぎると、ユーザー数が増え、測定の精度が低下します。 X X X
cookie_flags 文字列 未定義 設定時に Cookie に追加フラグを付加します。フラグはセミコロンで区切る必要があります。設定するフラグの例については、新しい Cookie を作成するをご覧ください。 X X X
cookie_path 文字列
'/'
Google タグの Cookie の保管に使用するサブパスを指定します。 X X X
cookie_prefix 文字列 未定義 Google 広告とアナリティクスの Cookie の名前の先頭に付加する接頭辞を指定します。たとえば、Google 広告の Cookie の名前を _gcl_aw から <your-prefix>_aw に変更できます。 X X X
cookie_update ブール値
true
cookie_updatetrue に設定されている場合:
  • GA4 と Merchant Center では、ページが読み込まれるたびに Cookie が更新されます。つまり、サイトへの最新の訪問に基づいて Cookie の有効期限が更新されます。たとえば、Cookie の有効期限が 1 週間に設定されていて、ユーザーが 5 日ごとに同じブラウザを使用して訪問した場合、Cookie の有効期限は訪問ごとに更新され、有効期限が切れることはありません。
  • Google 広告と Floodlight では元の有効期限で Cookie が更新されるため、最初の訪問との関連性が保持されます。
false に設定すると、Cookie はページの読み込みごとには更新されません。つまり、ユーザーが最初にサイトにアクセスした時点に基づいて Cookie 有効期限が決まります。
X X X
customer_lifetime_value 文字列 未定義 顧客がリピーターとしてカウントされる期間を指定します。 X    
groups 文字列 未定義 ターゲット(サービス、アカウント、プロパティなど)のグループを作成し、そのグループにイベントをルーティングすることができます。グループにイベントを送信するには、イベントタグに send_to パラメータを設定する必要があります。 X X X
ignore_referrer ブール値
false
true を設定すると、参照 URL がトラフィック ソースとして表示されなくなります。このフィールドの使用に適したケース   X X
language 文字列 navigator.language ユーザーの言語設定を指定します。 X X X
new_customer ブール値 未定義 Google 広告の広告キャンペーンからの新規顧客の獲得数をレポートします。実装について詳しくは、Google 広告ヘルプをご覧ください。 X    
page_hostname 文字列 location.hostname サイトのホスト名を設定します。このパラメータを使用すると、自動値をオーバーライドできます。   X X
page_location 文字列 document.location ページの完全な URL を指定します。このパラメータを使用すると、自動値をオーバーライドできます。 X X X
page_path 文字列 location.pathname ページパス(/ の後の文字列)を指定します。このパラメータを使用すると、自動値をオーバーライドできます。   X X
page_referrer 文字列 document.referrer ページにトラフィックを送り込んだ参照ソースを指定します。この値はトラフィック ソースの算出にも使用され、このパラメータを使用すると、自動値をオーバーライドできます。 X X X
page_title 文字列 document.title ページまたはドキュメントのタイトルです。このパラメータを使用すると、自動値をオーバーライドできます。 X X X
send_page_view ブール値
true
false に設定すると、デフォルトのスニペットが page_view を送信できなくなります。   X  
screen_resolution 文字列 window.screen 画面の解像度を指定します。x で区切られた 2 つの正の整数にする必要があります。たとえば、800 x 600 ピクセルの画面の場合、値は「800x600」になります。ユーザーの window.screen 値から算出されます。   X X
server_container_url 文字列 未定義 タグ設定サーバーの URL を指定します。詳しくは、サーバーサイド タグ設定についての記事をご覧ください。 X X X
user_id 文字列 未定義 サイトの所有者またはライブラリの利用者により提供された、ユーザーの既知の識別子を指定します。ユーザー ID として個人情報を使うことはできません。また、Google アナリティクス Cookie など、アナリティクスのストレージにこの値を残すことはできません。文字数制限 = 256。   X  
user_properties オブジェクト 未定義 ユーザー プロパティとは、言語設定や地域など、ユーザーベースのセグメントを表現するのに使用される属性を指します。プロジェクトごとに、最大 25 個のユーザー プロパティを追加設定できます。詳しくは、ユーザー プロパティのセットアップ方法をご覧ください。   X  

関連リソース

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー