G Suite は Google Workspace に生まれ変わりました。業務に必要な機能がすべて揃っています。

同意の設定

Google タグ マネージャーには、同意設定に応じたタグの動作を管理するための機能がいくつか用意されています。タグ マネージャーには、「同意の初期化」トリガー同意管理のタグ設定、[同意の概要] ページがあります。複数のサードパーティの同意管理プロバイダが、自社の製品に同意モードとの統合を組み込んでいます。この記事では、タグ マネージャーで同意管理機能を設定する方法について説明します。

同意の初期化」トリガーは、他のトリガーが起動する前にすべての同意設定が適用されるように設計されています。「同意の初期化」トリガーは、同意管理プラットフォーム タグや同意のデフォルト値を設定するタグなど、サイトのユーザー同意ステータスを設定または更新するタグに使用されます。

各ウェブコンテナには、デフォルトで「同意の初期化 - すべてのページ」トリガーが含まれています。タグを配信するのに必要な場合はこのトリガーを選択します。

「同意の初期化」トリガーは、単にタグを早い段階で配信する用途では使用しません。同意設定の管理に特化して使用されるのではないタグについては、代わりに初期化トリガーを使用してください。「同意の初期化」トリガーは、常に他のすべてのタグ(初期化トリガーを含む)の前に配信されます。

注: 独自のテンプレートまたはカスタム HTML タグを作成する場合、コールバックで実行されるコマンドまたは gtag() を使用するコマンドは、次のトリガーの配信前に使用可能になるとは限りません。同意に関する情報をできるだけ早く収集するには、Tag Manager Consent API を使用してください。詳しくは、デベロッパー ガイドをご覧ください。

タグの同意の設定

同意チェック機能が組み込まれたタグでは、通常、得られた同意に基づいて動作が調整されます。各タグの同意の設定はカスタマイズ可能です。タグの同意の設定を編集する手順は次のとおりです。

  1. 任意のウェブタグで [詳細設定] > [同意設定] をクリックします。
  2. 組み込み同意チェックに一覧表示されている設定を確認します。組み込み同意チェック機能を備えたタグには、ユーザーの同意ステータスに基づいてタグの実行動作を変更するロジックが含まれています。Google 広告Google アナリティクスFloodlight の同意モードの動作をご確認ください。注: サードパーティの同意管理プラットフォームの場合、デフォルトの組み込み動作が異なる場合があります。
  3. [追加同意チェック] を選択します。
    • 未設定:(デフォルト)このタグでは、追加同意チェックは行われません。
    • 追加同意は不要: タグの配信時に追加同意チェックが必要ない場合は、このオプションを選択してください。このオプションは、組み込み同意チェック以外で追加同意が不要なタグを、未確認のタグと区別するためにも利用できます。
    • タグの配信時に追加同意が必要: このタグは、呼び出された際に、指定したすべての同意タイプのステータスが「許可」(granted)の場合にのみ配信されます。このオプションを選択すると、[+ 必要な同意を追加] ボタンが表示されます。このボタンを使用して、追加同意タイプを追加します。タグ マネージャーでは、下記の表の同意タイプがサポートされています。同意管理プラットフォームでサポートされている内容に基づいて、独自のカスタム同意タイプを追加できます。

以下の同意タイプを利用して、Google タグ マネージャーで配信されるタグを管理できます。同意モードをサポートしている Google タグでは、ad_storage と analytics_storage のステータスに基づいて、動作がすでに調整されています。

同意タイプ 説明
ad_storage 広告に関連する保存(Cookie など)を有効にします
analytics_storage 訪問時の滞在時間などの分析に関連する保存(Cookie など)を有効にします
functionality_storage ウェブサイトまたはアプリの機能(言語設定など)をサポートする保存を有効にします
personalization_storage おすすめの動画など、パーソナライズに関連する保存を有効にします
security_storage 認証機能、不正行為防止、その他のユーザー保護など、セキュリティに関連する保存を有効にします

[同意の概要] ページでは、コンテナのタグに設定されたすべての同意設定の概要を確認できます。コンテナでこの機能を有効にする手順は次のとおりです。

  1. タグ マネージャーで、[管理] > [コンテナの設定] をクリックします。
  2. [追加の設定] で [同意の概要を有効にする] を選択します。

[同意の概要] ページにアクセスする手順は次のとおりです。

  1. 左側のナビゲーションの [タグ] をクリックします。
  2. [同意の概要] アイコン をクリックします。

[同意の概要] ページでは、タグが次の 2 つのカテゴリに分類されます。

  • 同意設定なし: 措置が行われていないタグを一覧表示します。これらのタグは「未設定」の状態です。
  • 同意設定あり: 追加同意チェックが [追加同意は不要] または [タグの配信時に追加同意が必要] に設定されているタグを一覧表示します。

同意の一括編集

[同意の概要] 画面では、複数のタグの同意設定を同時に編集できます。

  1. 左側のナビゲーションの [タグ] をクリックします。
  2. [同意の概要] アイコン をクリックします。
  3. タグのリストで、更新する項目の左側にあるチェックボックスをオンにします。1 つ以上のタグを選択すると、[同意設定を編集します] アイコン が表示されます。
  4. [追加同意チェック] の設定を変更します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. コンテナを公開し、変更を反映します。

同意管理プラットフォームの統合

同意管理プラットフォーム(CMP)は、Google タグ マネージャーの同意モードおよび同意設定と統合できます。タグ マネージャーと CMP を統合すると、タグ マネージャーのコミュニティ テンプレート ギャラリーで、Google の同意 API と統合されたテンプレートを利用できます。CMP と同意モードの統合について詳しくは、次の表をご覧ください。

同意ツール サポートされている同意タイプ 使用可能な
タグ マネージャーの
コミュニティ
テンプレート
同意の更新との統合の呼び出し 同意のデフォルトとの統合の呼び出し
Commanders Act ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage

(統合 GTM テンプレート + TrustCommander テンプレート)
Consentmanager ad_storage
analytics_storage
✓  ✓ 
(統合 GTM テンプレート + gtag.js のサンプルコード)
Cookie Information
A/S

ad_storage
analytics_storage functionality_storage
personalization_storage 
security_storage


(統合 GTM テンプレート + gtag.js のサンプルコード)
Cookiebot (Cybot) ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage
 

(統合 GTM テンプレート + gtag.js のサンプルコード)
Crownpeak ad_storage
analytics_storage
 
(ページはめ込みサンプルコードでのみ提供)
Didomi

ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage 


(完全版 GTM + GTM 以外の統合)
iubenda ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage
 
(ページはめ込みサンプルコードでのみ提供)
LiveRamp ad_storage
analytics_storage
 
(ページはめ込みサンプルコードでのみ提供)
OneTrust

ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage


(統合 GTM テンプレート + gtag.js のサンプルコード)
Osano ad_storage
analytics_storage

統合 GTM テンプレート + gtag.js のサンプルコード
Sourcepoint ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage
 
(ページはめ込みサンプルコードでのみ提供)
Usercentrics

ad_storage
analytics_storage
functionality_storage
personalization_storage 
security_storage 


統合 GTM テンプレート + gtag.js のサンプルコード

透明性と同意に関するフレームワーク v2.0 における同意の設定の動作

Google 広告タグと Google アナリティクス タグは、IAB 透明性と同意に関するフレームワーク(TCF)v2.0 と統合されています。お客様が TCF サポートを有効にしている場合、Google サービスのタグは TCF ユーザーの同意の設定を使用します。TCF の動作の解釈は、サービスによって異なる場合があります。TCF との統合方法については、各サービスのドキュメント(Google 広告Google アナリティクスキャンペーン マネージャーディスプレイ&ビデオ 360)でご確認ください。

現在、タグ マネージャーの同意の設定は TCF の目的 1「デバイスに情報を保存またはアクセスする」に対応しており、ユーザーは、同意管理プラットフォームでもサポートされている場合は、上記の表に記載されている 5 つの同意タイプでタグを設定できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
102259
false
false