DS 階層型 URL テンプレートの作成と適用

手動キャンペーンおよびショッピング キャンペーンで一括送信シートを使用してテンプレートを作成、編集、削除する

URL テンプレートは、検索広告 360 の項目のプロパティ(設定)です。そのため、URL テンプレートを作成、編集、削除するには、テンプレートが属している項目を編集する必要があります。

たとえば、キャンペーンの URL テンプレートを作成する手順は次のとおりです。

  1. キャンペーン設定を編集するための列が含まれる一括送信シートをダウンロードします。
  2. キャンペーンの [URL テンプレート] 列でテンプレートを指定します。
  3. 一括送信シートをアップロードします。
  4. テンプレートが正しく適用されていることを確認します。

検索広告 360 でキャンペーンの URL テンプレートが設定されます。独自のテンプレートが直接指定されていない限り、キャンペーン内のすべての広告グループとキーワードはこの URL テンプレートを継承します。

エンジン アカウント、キャンペーン、または検索広告 360 のその他の項目の URL テンプレートを作成、編集、削除する

  1. 広告主またはそれより下位の対象(検索広告 360 の URL テンプレートをサポートするエンジン アカウントなど)に移動します。
    広告主への移動手順
    1. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    2. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    3. [広告主] のリストで、該当する広告主をクリックします。

    4. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    広告主のすべてのエンジン アカウントに関するデータを含む広告主ページが表示されます。

  2. 次のいずれかのタブをクリックします。
    • エンジン アカウント
    • キャンペーン
    • 広告グループ
    • キーワード
    • [ターゲット ▼] 、[商品グループ] の順に選択(ショッピング キャンペーンの場合のみ選択可能)
    • 広告
    • [表示オプション ▼]、[サイトリンク] の順に選択(Google 広告のエンジン アカウントに移動した場合のみ選択可能。Microsoft Advertising アカウントのサイトリンクの場合、一括送信シートでの編集はサポートされていません)
  3. 必要に応じてフィルタを使用し、URL テンプレートの追加、編集、削除を行う項目のみを表示します。
  4. ダウンロード アイコン Download icon をクリックし、編集可能な一括送信シートをダウンロードします。
    ダウンロードした一括送信シートには、次の行と列が含まれています。
    • ダウンロード アイコン Download icon をクリックした時点で対象に含まれていた項目ごとに 1 つの
    • 各項目の設定を編集するための[URL template] 列など)。
  5. ダウンロードした一括送信シートを開き、各行で次の手順を行います。
    1. [Action] 列は [edit] のままにします。
    2. [URL テンプレート] 列で、次のいずれかの手順を行います。
      • 新しい URL テンプレートを作成するには、テンプレートのプロパティを入力します。
        この項目が、より上位の階層で指定された検索広告 360 の URL テンプレートを継承することはなくなります。
      • 既存の URL テンプレートを編集するには、テンプレートのプロパティを変更します。
      • (継承ではなく)項目に直接適用されている URL テンプレートを削除するには、「remove_content」と入力します。
        この項目は、より上位の階層で指定されている検索広告 360 の URL テンプレートを継承するようになります。
  6. 一括送信シートを保存して、検索広告 360 に再度アップロードします。

次のステップ:

テンプレートが以下のいずれかの項目に正しく適用されていることを確認します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。