ダイナミック クリエイティブについて

ダイナミック クリエイティブを使用して、インプレッションごとにユーザーに関連のある広告コンテンツを配信しましょう。ダイナミック クリエイティブ ファイルはフレームの役目を果たすので、広告のクリエイティブ コンテンツを簡単に入れ替えることができます。たとえば、ダイナミック フィードを利用して、40 歳以上と 40 歳未満で異なる商品を表示できます。行動を促すフレーズ(CTA)のテキスト、exit URL、画像といったダイナミック クリエイティブの要素を入れ替えることができます。クリエイティブ コンテンツは、プロフィール フィールドを使用して手動で入れ替えるか、フィードとコンテンツ ルール セットを使用してプログラム設定して入れ替えます。

ダイナミック クリエイティブのメリット

  • クリエイティブ開発の効率向上: 広告サイズごとに 1 つのクリエイティブ シェルを作成し、ツールを使って配信中の広告に組み込むコンテンツを入れ替えます。
  • 入稿の効率向上: クリエイティブの反復ごとに 1 つずつクリエイティブを入稿するのではなく、広告サイズごとに 1 つのクリエイティブ ID を入稿します。
  • 関連性の最も高い広告を配信: ダイナミック クリエイティブの高度なターゲティング ルールを使用して、インプレッションごとにユーザーへのコンテンツを調整できます。
  • キャンペーン マネージャーとシームレスに統合: スタジオからキャンペーン マネージャーに直接リンクしているので、キャンペーンの掲載結果に関するレポートの作成や分析が容易に行えます。

サポートされる形式

ダイナミック クリエイティブでは、以下のフォーマットがサポートされています。

  • バナー
  • 上下左右に展開するエキスパンド ユニット
  • インタースティシャル
  • マルチフローティング インタースティシャル
  • VPAID リニア
ダイナミック クリエイティブはキャンペーン マネージャー ユーザー向けの機能です。Google アド マネージャーでは使用できません。

ダイナミック クリエイティブのコンポーネント

ダイナミック クリエイティブは、キャンペーン マネージャーとシームレスに統合されたスタジオで作成します。ダイナミック クリエイティブの構成要素は以下のとおりです。

  • クリエイティブ アセット: ダイナミック画像、動画、コピーなどをフレーム化する HTML クリエイティブ ファイルです。
  • スタジオ プロフィール: 一連のルール、クリエイティブ要素とコンテンツの間のマップで、スタジオで作成されます。プロフィールには、ダイナミック戦略に必要なダイナミック フィードやプロフィール フィードを追加できます。
    • (省略可)プロフィール フィールド: クリエイティブ要素を手動でリアルタイムに更新する場合に使用するフィールドです。
    • (省略可)ダイナミック フィード: クリエイティブで表示できるすべてのコンテンツ バリエーションが格納されたスプレッドシートまたはデータセットです。

ダイナミック ワークフローの概要

ダイナミック クリエイティブの配信を開始するための手順は次のとおりです。

配信開始前:

  1. 利用可能なデータ信号から分析情報を収集する
  2. クリエイティブのコンセプトをデザインする
  3. ダイナミック戦略を選択する

配信開始:

  1. ダイナミック フィードおよびプロフィール フィールドを作成する
  2. スタジオ プロフィールを作成してコンテンツ ルールを設定する
  3. クリエイティブ アセットをスタジオにアップロードする
  4. ダイナミック クリエイティブをプレビューする
  5. レポート ディメンションを設定する
  6. ダイナミック クリエイティブを公開する
  7. ダイナミック クリエイティブ アセットの QA を行う
  8. キャンペーン マネージャーでクリエイティブを入稿する

配信開始後:

  1. (必要な場合)ダイナミック コンテンツを更新する
  2. クリエイティブの掲載結果のレポートを作成する
  3. (必要な場合)ダイナミック クリエイティブに関するトラブルシューティングを行う
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。