Studio スタート ガイド

スタジオ スタートガイド

リッチメディアとは

リッチメディア ディスプレイ広告は画像または動画で構成され、単なるクリック操作以上の魅力的なユーザー インタラクションを実現できます。エキスパンドや高画質動画の再生のほか、ユーザーによるツイート、ショッピング、ゲームなど多彩な機能を組み込むことが可能です。リッチメディア広告のレポート機能はこれらすべてのインタラクションに対応しており、ユーザーが広告に対してどのような操作を行ったかを詳しく把握できます。

リッチメディア広告の作成は標準の広告の作成よりも技術的に複雑になりますが、スタジオを使用することで効率良く作業できます。スタジオは、リッチメディア広告の作成から、プレビュー、テスト、配信、レポートの取得までのあらゆる操作を行うことができるシステムです。

スタジオとは

スタジオは、クリエイティブ制作会社がリッチメディア クリエイティブの作成に使用できるツールです。

このツールは、SDK とウェブベースのワークフロー ツールという 2 つの部分で構成されています。SDK ではリッチメディア クリエイティブをすばやく簡単に作成することができ、ワークフロー ツールではクリエイティブをプレビュー、テストし、広告配信に向けてクライアントに送信することができます。

  • Google Web Designer と スタジオSDK
    Studio SDK にはイネーブラーというコア ライブラリが含まれており、これを使用してクリエイティブの機能を作成したり、トラッキング要素を適用したりできます。Studio SDK は Google Web Designer に完全に統合されているため、新たにコードを追加することなく、クリエイティブ内で Google Web Designer のコンポーネントを使用できます。

    たとえば、クリエイティブ内で動画を再生しようとする場合は、カスタム動画プレーヤーの作成に何時間も費やすのではなく、Google Web Designer の動画コンポーネントをクリエイティブにドラッグ&ドロップし、動画とコントロールを追加すれば数分程度で完了します。Google Web Designer コンポーネントを使用すると、動画とのインタラクションが自動的にトラッキングされるため、ユーザーが動画の再生、ミュート、停止、リプレイなどを行った回数を把握できます。
     
  • スタジオウェブ管理画面
    スタジオウェブ管理画面はワークフロー ツールです。作成したクリエイティブを スタジオウェブ管理画面にアップロードし、プレビュー、動作確認テストを行ってから、QA に送信します。最後にクライアントの広告サーバーに送信し、これでクリエイティブが入稿されるようになります。
スタジオで作成したクリエイティブはすべて、ディスプレイ&ビデオ 360、キャンペーン マネージャーGoogle アド マネージャーFor Publishers のいずれかを使用して配信する必要があります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。