リッチメディア広告に関するポリシー

最終更新: 2018 年 7 月

スタジオのリッチメディア サービスを利用するにあたっては、Google のプラットフォーム プログラム ポリシーを遵守する必要があります。

以下は、スタジオのリッチメディアを特定の方法で実装する場合の追加ガイダンスです。

Google マップ

Google マップ機能をリッチメディア広告に組み込んだ広告の場合、広告主は Maps API 利用規約に同意する必要があります。

ソーシャル広告と第三者アプリケーションまたは API

ソーシャル広告では、ソーシャル ネットワーク上で入手できるデリケートな情報をターゲットにすることはできません。また、ソーシャル メディア統合広告に含まれるすべてのコンテンツは広告主が所有、管理する必要があります。

第三者のアプリケーションや API を組み込む広告はすべて、次の条件を満たす必要があります。

  • 広告主は第三者の規約に完全に準拠し、該当する場合は第三者の承諾を得る必要があります。
  • 広告主は承認済み、または正式なバージョンの API やアプリケーションを使用する必要があります。
  • 広告主は、第三者のいかなるデータについても、Google のサーバーに受け渡したり、Google のサーバーを通じて他者に受け渡したりすることはできません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。