検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

DARTIframe.html のパスを設定する

サイトで iframe を使用する場合、リッチメディア広告を正しく配信するには、DARTIframe.html ファイルをダウンロードする必要があります。詳しくは、DARTIframe.html ファイルのダウンロードをご覧ください。このファイルは、ウェブサーバーのルート ディレクトリに「doubleclick」という名前のディレクトリを用意し、その中に置くことをおすすめします。

このディレクトリに DARTIframe.html ファイルを保存できず、別の場所に保存する場合は、広告タグ内に属性としてこのファイルの保存先となるウェブサーバー上のディレクトリを指定してください。指定方法は mtfIFPath=value です。value は DARTIframe.html ファイルの保存先ディレクトリのパスを表し、ウェブサーバーのルート ディレクトリからの相対パスで指定します。

たとえば、DARTIframe.html ファイルを次の場所に保存するとします:

http://www.mywebserver.com/files/dclk/

mtfIFPath 属性でこのファイルのパスを指定するには、広告タグを次のように編集します:

http://ad.doubleclick.net/adi/N270.maheshdfasite/B3140338.2;dcopt=1_ist;mtfIFPath=/files/dclk/;sz=0x0;ord=[timestamp]?

サブドメイン上で広告を配信している場合は、サブドメイン上にも iframe 無効化ファイルを配置する必要があります。

関連項目:

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。