スクリーンセーバーを設定する

スマートフォンの充電時やホルダー装着時にスマートフォンのスクリーンセーバーに写真、カラフルな背景、時計などを表示することができます。

重要: この手順の一部は、Android 9 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください

Google Pixel のバッテリーはユーザーの操作を継続的に学習し、最近のアプリの使用状況に基づいて自動的に最適化されます。新しいデバイスをセットアップした場合や出荷時の設定にリセットした後、最適化が完全に有効になるまでには数週間かかることがあります。最適な結果を得るには、自動調整バッテリーとバッテリーの最適化をオンにしておきます。

ソフトウェア アップデートの後で、Google Pixel のバッテリーの消耗がいつもより早いのは正常な現象です。これは、新しいソフトウェアをダウンロードして最適化し、正常に稼働させるために、スマートフォンの処理が増えるためです。

数日経ってもバッテリーの消耗がいつもより早い場合はお知らせください。引き続きサポートさせていただきます。

スクリーンセーバーをオフにする

充電時、ドッキング時、またはその両方:

  1. スクリーンセーバーの設定画面で、[起動するタイミング] をタップします[起動するタイミング] が表示されない場合は、その他アイコン その他 次の操作 [起動するタイミング] をタップします。
  2. [充電時]、[ドッキング時]、[充電時またはドッキング時] のいずれかをタップします。ドッキング時とは、スマートフォン アクセサリの一種であるホルダーにスマートフォンが接続された状態のことです。

スクリーンセーバーを設定する

ステップ 1: スクリーンセーバーに表示する画像を選択する

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次の操作 [スクリーン セーバー] をタップします。
  3. [スクリーン セーバーの選択] で次のいずれかをタップします。
    • 時計: デジタル時計またはアナログ時計を表示します。時計を選択したり、画面の輝度を下げたりするには、[時計] の横にある設定アイコン 設定 をタップします。
    • カラー: 画面上にさまざまなカラーを表示します。
    • 写真: フォトアプリの写真を表示します。参照元を選択したり、設定を変更したりするには、[写真] の横にある設定アイコン 設定 をタップします。
    • その他のアプリ: スクリーン セーバーと連動するアプリをダウンロードしている場合は、そのアプリがリストに表示されます。

ステップ 2: スクリーンセーバーを起動するタイミングを管理する

充電時、ドッキング時、またはその両方:

  1. スクリーンセーバーの設定画面で、[起動するタイミング] をタップします[起動するタイミング] が表示されない場合は、その他アイコン その他 次の操作 [起動するタイミング] をタップします。
  2. [充電時]、[ドッキング時]、[充電時またはドッキング時] のいずれかをタップします。ドッキング時とは、スマートフォン アクセサリの一種であるホルダーにスマートフォンが接続された状態のことです。

ステップ 3: スクリーンセーバーをテストする

スクリーン セーバーがどのように表示されるかを確認するには、[スクリーン セーバーの使用] をタップします。

画面がタイムアウトするタイミングを選択する

スクリーン セーバーを設定すると、スマートフォンの画面がタイムアウトしたときにスクリーン セーバーが表示されます。スマートフォンがタイムアウトになるまでの時間を変更するには:

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [ディスプレイ] 次の操作 [画面消灯] をタップします。
  3. 目的のオプションを選択します。

ヒント: 電源ボタンでスマートフォンをオフにした場合、スクリーンセーバーは起動しません。画面を表示したままにすると、スマートフォンは自動的にタイムアウトします。

関連資料

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
7453455861911413938
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
1634144