1. Google パーソンファインダーとは何ですか?
  2. Google はいつ、なぜ Google パーソンファインダーを開発したのですか?
  3. Google パーソンファインダーは Google.org のプロジェクトのひとつですか?
  4. 災害に応じて、Google.org はどのように Google パーソンファインダーの開始を決定するのですか?
  5. Google パーソンファインダーのデータにアクセスできるのは誰ですか?
  6. Google パーソンファインダーの情報を最新に保つために、どのような対策を取っていますか?
  7. Google パーソンファインダーでは、特定の個人の状況に関する更新情報を送信してもらえますか?
  8. 所属組織のデータをパーソンファインダーに統合するにはどのようにすればいいですか?
  9. パーソンファインダーのレコードはいつまで有効ですか?
  10. 災害が沈静化した後、データはどうなりますか?
  11. Google パーソンファインダーの改善に協力したいのですが?
  1. Google パーソンファインダーとは何ですか?

    Google パーソンファインダーは、個人が、災害の影響を受けた親類や友人の状況を掲示したり検索することができるウェブアプリケーションです。報道機関、非政府組織、その他の方々も、オープンスタンダードの PFIF(英語) に基づくパーソンファインダー API を使用することで、データベースへの登録や更新情報の受信を行なうことができます。さらに、ご自身のウェブサイトにガジェットとして Google パーソンファインダーを埋め込むことも可能です。Google パーソンファインダーはオープンソースのソフトウェアなので、開発者ならどなたでも災害発生後に Google パーソンファインダーのインスタンスを作成できます。パーソンファインダーは Google App Engine プラットフォーム上で実行され、これまで 40 ヶ国語以上で運用されてきました。Googleは、災害が発生しやすい国や地域において最もよく使われている言語で確実に利用いただけるよう尽力しています。

  2. Google はいつ、なぜ Google パーソンファインダーを開発したのですか?

    Google パーソンファインダーは、2010 年 1 月のハイチ地震の際に、地震の影響を受けた人々が家族や友人と連絡を取るのを支援するために Google のエンジニアが開発しました。2005 年に発生したハリケーン カトリーナの直後では、行方不明の人々の名簿が複数のウェブサイトで作成されていたため、情報を探していた家族や救護活動者は複数の場所を探さなければなりませんでした。Google パーソンファインダーは、共通フォーマットに他の名簿からのデータを受け付け、すべてのデータを検索できるようにすることでこの問題に対処しています。この共通フォーマットは PFIF(英語) と呼ばれ、Katrina People Finder Project (英語) のボランティアによって確立されたものです。

  3. Google パーソンファインダーは Google.org のプロジェクトのひとつですか?

    はい。Google パーソンファインダーは、Google.org の Google クライシスレスポンス 部門によるプロジェクトです。

  4. 災害に応じて、Google.org はどのように Google パーソンファインダーの開始を決定するのですか?

    Google パーソンファインダーは Google クライシスレスポンスチームが使用するツールのひとつです。Google クライシスレスポンスチームは被災状況の規模を分析し、その状況に最も適したツールを提供することにしています。

  5. Google パーソンファインダーのデータにアクセスできるのは誰ですか?

    Google パーソンファインダーに入力されるデータは一般に公開され、誰でも検索・アクセスすることができます。Google はデータが正確かどうかについて見直しや検証は行ないません。Google パーソンファインダーのすべてのユーザーに Google 利用規約が適用されます。

    レコードのエクスポートや自動検索を実行する場合は、読み取りまたは検索用の API キー (英語)を申請してください。API キーや各種アクセス レベルについての詳細は、Data API のページを参照してください。

  6. Google パーソンファインダーの情報を最新に保つために、どのような対策を取っていますか?

    Google パーソンファインダーのレコードの更新や、関連性がなくなったレコードの削除については個々のユーザーに委ねられています。スパム、不適切な内容、誤った情報については、ご連絡いただくことができます。Google はデータのアップデートに対する責任を負いかねます。また、正確性についても保証はいたしません。

  7. Google パーソンファインダーでは、特定の個人の状況に関する更新情報を送信してもらえますか?

    はい。Google パーソンファインダーでは、特定の人物についての更新情報を受け取るよう設定できます。更新情報配信を希望される場合、そのレコードにあるボタン [この方の新着情報をメールで受け取る] をクリックします。Google パーソンファインダーのレコード上でその人物の状況が更新されると、Google から新しい状況を通知する電子メールが届きます。

  8. 所属組織のデータをパーソンファインダーに統合するにはどのようにすればいいですか?

    誰がどの情報を提供したかを記録するため、パーソンファインダーでは API キー モデルを使用しています。Google パーソンファインダーに追加できるデータベースをお持ちの場合は、書き込み権限のある API キーを申請する(英語)ことで、情報をアップロードしていただけます。API やキーの使い方、各種アクセス レベルについての詳細は Data API のページ をご参照ください。

  9. パーソンファインダーのレコードはいつまで有効ですか?

    Google パーソンファインダーでは、ユーザーがレコードを作成する際に、そのレコードの有効期限を設定するようにお願いしています。レコードは設定された日付をもって期限が切れ、閲覧も検索もできなくなります。個人情報保護に関する方針にも基き、Google パーソンファインダーのインスタンスからは削除されることになります。ユーザーは、有効期限の延長やレコードの削除をいつでも行なえます。数カ月後、災害が沈静化した際には、Google はGoogle パーソンファインダー リポジトリを削除しますので、実質的にすべてのレコードの有効期限が切れることになります。データの取り扱いについては「FAQ: 災害が沈静化した後、データはどうなりますか?」を参照してください。

  10. 災害が沈静化した後、データはどうなりますか?

    Google は、友人や親類を探せる利便性と、行方不明の個人のレコードをインターネット上に公開するというプライバシーの問題を両立させたいと考えています。そのため、Google パーソンファインダーリポジトリの利用は期間限定としています。緊急事態が過ぎ去り、通常のコミュニケーション手段でことが足りるようになった際には、 Google はパーソンファインダーのリポジトリを取り下げ、個人のプライバシーを保護するため、個人情報保護に関する方針に基いてデータを消去します。

  11. Google パーソンファインダーの改善に協力したいのですが?

    Google パーソンファインダーはオープンソースのプロジェクトで、Google Code の https://github.com/google/personfinder でホスティングされています。今後の災害に備えて、このサービスの改善にぜひ参加してください。

    特定の技術的問題を報告する場合には、技術問題フォーム (英語) にご記入をお願いします。Google のチームに対する一般的なフィードバックにはフィードバックフォーム (英語) をご利用ください。

    Google パーソンファインダーについて質問、またはご意見をお持ちの場合は、ディスカッショングループ (英語)にご参加ください。