お支払い情報の安全を守る

How your card info stays safe

こちらで、Google Pay でユーザーのお支払い情報が安全に保護される仕組み、スマートフォンの紛失や盗難、不正な請求への対応方法についてご確認ください。

プライバシーに関する情報

Google Pay と販売者

Google Pay と提携している販売者は、Google Pay を使って商品やサービスをウェブサイトやアプリで購入できるようにすることに同意しています。Google は Google Pay 対応ウェブサイトやアプリに対し、ユーザーのデバイスに Google Pay が設定されているかどうかの情報を開示します。その情報をもとに、販売者はお支払い方法の選択肢として Google Pay を表示するかどうかを決めます。Google Pay のプライバシー設定でこの情報開示を無効にすることもできます。無効にすると、特定の販売者で Google Pay を使用する際に影響が出ることがあります。

Google Pay とお客様の取引データ

Google は、店舗内またはサードパーティのアプリやウェブサイト上で行った Google Pay の取引のデータを次の目的で使用することがあります。

  • Google Pay の取引を円滑にする。
  • 取引明細と取引履歴を表示する。
  • Google Pay で発生している問題を解決する。
  • 他の Google Pay 機能を提供する。

詳しくは Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。

自動セキュリティ機能

Google Pay では、次のような仕組みで個人情報の安全を守っています。

データの保護

ユーザーの支払い情報は暗号化され、セキュリティで保護されたサーバーに保管されます。

バーチャル アカウント番号

バーチャル アカウント番号は、実際のアカウント番号に代わる一時的な番号です。Google Pay アプリまたは銀行のアプリを使用してカードを追加すると、バーチャル アカウント番号が作成されます。たとえば店舗で支払う際、実際のアカウント番号ではなくバーチャル アカウント番号が販売者に表示されるため、アカウント情報の安全性を確保できます。

バーチャル アカウント番号は、以下の手順で確認できます。

  1. Google Pay アプリを起動します。
  2. [支払い] をタップします。
  3. 支払いカードを選択します。
  4. ページの下部までスクロールすると、バーチャル アカウント番号が下 4 桁のみ表示されます。

注: [バーチャル アカウント番号] が表示されない場合は、店舗でのお支払いに使用できるように支払いカードを設定する必要があります。

画面ロックと少額のお支払い

店舗でのお支払いに使用できるように Google Pay アプリにカードを登録するには、まずデバイスに画面ロックを設定する必要があります。画面ロックをオフに設定すると、セキュリティ保護のためバーチャル アカウント番号がデバイスから自動的に削除されます。

ほとんどの場合、購入時にはスマートフォンの画面ロックを解除する必要があります。ただし、一定額に満たない少額のお支払い時にはロックしたまま購入できます。

紛失したスマートフォンを検索、保護する

注: この情報は日本でご利用のお客様には該当しません。日本でご利用の場合、紛失したデバイスを保護するで詳細をご確認ください。

スマートフォンのロックが解除されている間は、店舗での購入に利用できる状態にあります。スマートフォンの紛失または盗難時には、[端末を探す] を使ってスマートフォンを検索、ロック、または消去します。

デバイスをロックすると Google Pay は使えなくなります。デバイスにアクセスできない状態が続くと、不正使用を防ぐため、お支払い情報が削除される場合があります。デバイスが見つかった後にロック解除してお支払い情報をもう一度追加すれば、Google Pay の利用を再開できます。

Google Pay ではカード情報をデバイス内に保存しないため、たとえロックが解除された状態であっても、スマートフォンを見つけたり盗んだりした人がカード情報を見ることはできません。

お支払い情報を守る

お支払い情報を守る方法を 3 つご紹介します。

1. 知らない相手には決して送金をしない

Google Pay での送金は、友人や家族宛て、少額のビジネス取引用など、お互いに面識のある人同士で利用することを想定しています。送金者が相手への送金を承認した後は、Google は送金者と受取人との間で発生する紛争について責任を負いません。

商品(iPhone、靴、コンサートのチケットなど)やサービスの代金の受け取りに Craigslist のようなオンライン フォーラムを利用する詐欺行為もありますので、ご注意ください。

販売者に以下のような疑わしい行動が見られる場合は特に、オンラインでの購入は避けてください。

  • 直接会うことを拒む
  • 商品を送る前に支払いを要求する
  • デジタル商品を販売している
  • 希少な商品や売り切れ品を販売している
  • 高価な商品を非常に安い値段で販売している
2. 不正な請求はすぐに報告する

お支払いプロファイルで不正行為があったと思われる場合は、取引日の 120 日以内に Google にお問い合わせのうえ、事情をお知らせください。

3. 不正な Google Pay メッセージを特定し、報告する

「フィッシング」や「なりすまし」は、個人情報の入手を目的にした不正行為です。

  • フィッシングでは、何者かが別の人物のふりをして、個人情報を入手しようとします。
  • なりすましでは、何者かがメールの送信者の身元を偽り、信用させようとします。
疑わしいメールを受け取ったら、要求された情報を決して送信しないでください。
  • Google から送信されているかのように装っているメールを受信した場合は、そのメールをご報告ください。
  • 詐欺に遭ったと思われる場合は、対応方法をご確認ください。

不審なメールかどうかを確認する方法

1. そのメールが要求している情報を確認する

そのメールが以下のような情報を要求している場合、詐欺である可能性が高いです。

  • ユーザー名とパスワード
  • 社会保障番号
  • 銀行口座番号
  • PIN(個人識別番号)
  • 完全なクレジット カード番号

不審なメールかどうか確信がもてない場合は、細心の注意を払い、決して金銭や個人情報を送らないでください。

注: Google がお送りする正規のメッセージで、メールアドレスを確認するためにリンクをクリックするようにお願いすることがあります。Google アカウントにログインするまで、情報の提供をお願いすることはありません。Google Pay の情報を確認できない場合は、googlepay-noreply@google.com または別の Google のメールアドレスからメールをお送りし、ログインおよびご請求の詳細を確認できるドキュメントの送付をお願いすることがあります。

2. メールの実際の送信者を確認する

  1. Gmail を開き、[返信] ボタンの隣にあるその他メニューから [メッセージのソースを表示] をクリックします。
  2. [差出人] のメールアドレスと [返信先] のメールアドレスが一致していることを確認します。
  3. さらに、[メッセージ ID] のアドレスが [差出人] のアドレスのドメインと一致していることも確認します。
  4. Gmail をご利用でない場合、差出人の確認方法についてはメール ソフトウェアの提供元にお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。