「AdWords 基礎」理解度テストの学習ガイド

Google 広告でビジネスを拡大

オンライン広告では、特定のユーザー層にのみ広告を表示し、それ以外のユーザーには表示しないように設定できます。Google 広告では、さまざまな方法で対象ユーザーを指定し、それらのユーザーが広告主様の商品やサービスを検索したときに広告を表示できます。

Search advertising process

マーケティング目標の達成

ビジネス目標に合わせて広告を作成できるよう、さまざまな広告フォーマットや機能が用意されています。たとえば、クリックできる「通話」ボタンを広告に追加して電話による問い合わせを促進したり、動画広告でブランド認知度を高めたりできます。Google 広告は主に、以下のマーケティング目標に適しています。

  • ウェブサイト上での行動の促進
  • 実店舗への来店の促進
  • 電話による問い合わせの促進
  • アプリのインストールの促進

キーワードによる広告の掲載対象の設定

Google 検索ネットワーク上で検索結果ページに広告を掲載する場合は、キーワードを指定して広告の掲載対象に設定します。広告はこのキーワードと関連する語句を検索したユーザーに表示されます。1 日の特定の時間帯に広告を表示したり、地域や言語を指定して広告を表示することもできます。

ターゲット ユーザーの絞り込み

Google 広告が掲載されるウェブサイトやモバイルアプリ(Google ディスプレイ ネットワーク)や YouTube に広告を配信するときは、ターゲットとするユーザーの年齢、閲覧するサイトの種類、関心がある分野などを指定して、掲載対象をさらに絞り込むことができます。

成果に応じた料金

広告費用は自由に設定することが可能で、料金はユーザーが広告に操作(テキスト広告のクリック、動画広告の視聴など)を行った場合しか発生しません。ご自分のビジネスに合わせて入札単価を設定できます。

広告の成果測定

広告の成果をすばやく確認して、結果を改善できます。

あらゆるプラットフォームに対応

パソコン、タブレット、スマートフォン、アプリなど、ユーザーが使っているあらゆるプラットフォームを通じて広告を表示できます。

Google 広告を運用して高い成果を上げた Rachael’s Kitchen の事例をご確認ください。

Google 広告を活用して新規顧客を開拓した他のビジネスの事例もご覧いただけます。

ぜひ Google 広告アカウントを開設し、こちらのガイドを参考に運用してみてください。

お申し込み

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。