「ディスプレイ広告」理解度テストの学習ガイド

ディスプレイ ネットワークの入札機能について

ディスプレイ ネットワークでは、キャンペーンの入札単価を設定する際にさまざまなオプションをご利用いただけます。入札単価の設定は、AdWords での広告の投資収益率を左右する重要な要素です。

広告の掲載機会が生まれると、そのターゲティングの入札単価設定が自動的にチェックされ、個別の入札単価とデフォルトの入札単価のどちらが使用されるか、また入札単価調整が適用されるかが決まります。

  • デフォルトの入札単価: 個別の入札単価を設定していない場合は、ターゲティングに一致するプレースメントに広告が表示される際に、広告グループごとに設定したデフォルトの入札単価が適用されます。
  • 個別の入札単価: 特定のターゲティング方法(トピックなど)に対して個別の入札単価を有効にすると、そのトピックに関連するウェブサイトに広告が表示される際に、指定した個別の入札単価が適用されます。
  • 入札単価調整: キャンペーンや広告グループごとに入札単価調整を設定すると、広告を表示する場所やタイミングをより細かく管理することができます。

この記事では、ディスプレイ ネットワークで使用できる入札機能の特徴と、広告に適用される単価設定の決定方法について説明します。

入札機能の仕組み

デフォルトの入札単価

個別単価設定をご利用の場合は、広告グループごとに入札単価を設定します。ポートフォリオ戦略をご利用の場合は、ポートフォリオ単位で入札単価を設定します。個別の入札単価を有効にしていない(または、広告の掲載先に個別の入札単価が適用されない)場合は、デフォルトの入札単価が適用されます。この場合、広告グループの入札単価またはポートフォリオの入札単価が、デフォルトの入札単価となります。

たとえば、広告グループの入札単価を 100 円に設定し、個別の入札単価を有効にしていない場合、[デフォルトの上限クリック単価] 列には広告グループの入札単価が表示されます。この入札単価を表内で編集することはできません。

個別の入札単価

広告グループの特定のターゲティング方法に入札単価を設定したい場合は、個別の入札単価を有効にして、上限クリック単価(または視認範囲の上限インプレッション単価)を設定できます。

たとえば、プレースメントに対して個別の入札単価を有効にすると、各サイトやページにそれぞれ上限クリック単価を設定できます。いずれかのターゲティング方法で個別の入札単価を有効にすると、ディスプレイ ネットワークではその単価が優先的に使用されます。

重要: 個別の入札単価は、各広告グループにつき 1 種類のターゲティング方法でのみ設定できます。

入札単価調整

入札単価調整を使用すれば、状況に応じて入札単価を調整し、広告が表示されるタイミングや場所をより細かくコントロールすることができます。

入札単価調整とは、一定の割合で入札単価を引き上げる、あるいは引き下げる機能で、基準となる入札単価(個別の入札単価や広告グループの入札単価)に加えて適用されます。広告グループ単位のターゲティング方法の入札単価調整では、-90%~+900% の範囲で値を指定できます。

入札単価調整は、キャンペーン単位(時間帯、曜日、地域)で設定することも、広告グループ単位(個々のターゲティング方法や上位コンテンツ)で設定することもできます。ただし、同じターゲティング方法に対し、入札単価調整と個別の入札単価を同時に設定することはできません。デバイスの入札単価調整は、キャンペーン単位でも広告グループ単位でも設定できます。

あるプレースメントに 200 円の個別の入札単価を設定し、そのプレースメントが上位のコンテンツと評価されるとします。上位のコンテンツには、10% の入札単価調整を設定しています。この場合は、プレースメントに対する 200 円の個別の入札単価が最初に適用され、次にその 200 円に上位のコンテンツの入札単価調整を掛けた 20 円が加算されます。最終入札単価は個別の入札単価と入札単価調整額を足した、220 円になります。詳しくは、入札単価の決定方法をご覧ください。

同じキャンペーンに複数の入札単価調整を指定すると、その値をすべて掛け合わせた比率が適用されます。詳しくは、キャンペーン単位で入札単価調整を設定する方法をご覧ください。

キャンペーンのタイプに関わらず、キーワードに入札単価調整を設定することはできません。キーワードでは個別の入札単価を設定するか、デフォルトの入札単価を使用します。

カスタム URL

  • AdWords 従来版では、自動入札機能を使用している場合、広告グループのいずれかのターゲティング方法でランディング ページ URL のカスタマイズを有効にできます。URL をカスタマイズできるのは、1 つの広告グループにつき 1 種類のターゲティング方法だけです。たとえば、プレースメントで URL のカスタマイズを有効にした場合、ターゲットとして追加した各サイトやページに対し、それぞれ異なる URL を設定できます。いずれかのターゲティング方法でカスタム URL を有効にすると、ディスプレイ ネットワークで広告が掲載されるときにそのランディング ページ URL が使用されます。
  • AdWords リニューアル版では、キーワードのランディング ページ URL のカスタマイズのみが可能です。

ご使用の AdWords がリニューアル版と従来版のどちらであるかをご確認ください。

単価設定の決定方法

ディスプレイ ネットワークで広告に表示機会が生まれると、まず個別の入札単価が設定されているかどうかの確認が行われます。いずれかのターゲティング方法で個別の入札単価を設定している場合は、広告オークションでその入札単価が適用されます。設定していない場合は、デフォルトの入札単価が適用されます。デフォルトの入札単価とは、広告グループ単位で設定した入札単価です。

基準となる入札単価が決まったら、入札単価調整の計算が行われます。たとえば、モバイル端末に対して入札単価調整を設定している場合、モバイル端末でコンテンツを見ているユーザーに対しては、基準となる入札単価(個別の入札単価またはデフォルトの入札単価)に加えて、この調整が適用されます。

キャンペーン単位の入札単価調整に加え、モバイル端末、上位のコンテンツ、また広告グループ内のトピックやプレースメントなどのターゲティング方法でも入札単価調整を設定できます。デフォルトの入札単価や個別の入札単価に、これらの調整比およびキャンペーン単位で設定されている調整比がすべて掛け合わされます。

たとえば、「サッカーファン」カテゴリに個別の入札単価 100 円を、「男性」のユーザー属性に入札単価調整 +20% を、アルゼンチンのユーザーに対して入札単価調整 +10% を設定しているとします。この場合、「サッカーファン」カテゴリに該当するユーザーに広告が表示されると、個別の入札単価 100 円が適用されます。そのユーザーが「男性」と判断されるとそこに 20% が加算され、上限クリック単価は 120 円となります。そのユーザーがアルゼンチンからアクセスしている場合はさらに 10% が加算され、上限クリック単価は 132 円となります。

 

計算式:
個別の入札単価: 100 円
ユーザー属性の入札単価調整: 100 円 x 1.2(+20%)= 120 円
地域に基づく入札単価調整: 120 円 × 1.1(+10%)= 132 円
アルゼンチンの男性サッカーファンに表示する広告の最終的な入札単価: 132 円

広告グループでデフォルトの入札単価、個別の入札単価、入札単価調整を有効にする方法

ご利用中の AdWords のバージョンをお選びください。詳細

[単価の設定] メニューを使って、広告グループに個別の入札単価やデフォルトの入札単価、入札単価調整を設定できます。このメニューは、次のキャンペーン タイプでのみご利用いただけます。

  • ディスプレイ ネットワークのみ
  • 検索ネットワーク(ディスプレイ ネットワーク対応)- すべての機能
  1. https://adwords.google.co.jp から AdWords アカウントにログインします。
  2. [キャンペーン] タブをクリックします。
  3. 編集するキャンペーンと広告グループを選択します。
  4. [ディスプレイ ネットワーク] タブをクリックします。このタブが表示されない場合は、ご利用のキャンペーン タイプを確認してください。
  5. 入札単価を設定するターゲティング方法のタブをクリックします。たとえば、トピックに入札単価を設定するには [トピック] タブをクリックします。
  6. 既に広告グループにトピックを追加している場合は、次の手順に従ってください。まだ追加していない場合は、[+ ターゲティング方法] ボタンをクリックし、トピックを追加します。
  7. 入札単価を設定するターゲティング方法のタブ(この例では [トピック] タブ)を表示したら、掲載結果の表の上にある [入札単価の設定] メニューをクリックします。
  8. 入札単価設定を選択します。
    • 個別の入札単価を使用: この広告グループで、選択したターゲティング方法(この例ではトピック)の入札単価を優先的に適用する場合は、このオプションを選択し、表の中で上限クリック単価か上限視認範囲のインプレッション単価を設定します。
    • デフォルトの入札単価を使用: 選択したターゲティング方法で、広告グループの入札単価をそのまま使用します。このオプションを選択した場合は、表の中で入札単価を変更することはできません。
    • 入札単価調整を使用: 特定のトピックなどに対する広告の表示回数を増やしたい(減らしたい)場合に選択します。注: 上位のコンテンツへの入札単価調整はこのオプションで指定することはできません。
    • カスタマイズした URL を使用: たとえば特定のトピックでのみ異なるランディング ページ URL を使用する場合に選択します。注: この設定は、キャンペーンで自動入札機能を使用している場合にのみ選択できます。
  9. 入札単価調整を追加するには、メニューで [入札単価調整を使用] を選択し、[入札単価調整比] 列で、入札単価の引き上げ、または引き下げの比率を指定します。

  10. 編集するセルをクリックします。個別の入札単価を有効にした場合は、[上限クリック単価] 列をクリックして入札単価を入力します。入札単価調整を設定するには、[入札単価調整比] 列をクリックします。ウィンドウに調整比を入力して、[保存] をクリックします。URL をカスタマイズするには、[リンク先 URL] 列をクリックしてランディング ページ URL を入力し、[保存] をクリックします。

ヒント

入札単価調整を削除するには、上記のステップ 9 と 10 で入札単価調整の欄を空欄にして [変更] をクリックします。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。