新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を踏まえ、Google では、サポート担当者の予防対策の一環として、人員を減らして業務を行っています。そのため、担当者につながるまで通常より時間がかかる場合がありますが、ご了承のほどお願い申し上げます。その他のサポートについては、パブリッシャー センターのヘルプセンターをご利用ください。

Google ニュースへの掲載

Google ニュースは、新しいオーディエンスにリーチし、お客様のサイトへの熱心なニュース読者を獲得するのに役立ちます。ユーザーは Google ニュースで以下のことができます。

  • さまざまなニュース メディアが提供する最新の出来事、世界中のニュース、多様なコンテンツを見つける
  • 特定のニュース提供元やトピックを登録する
  • コンテンツをオンラインまたはオフラインで読む
  • 記事をブックマーク、共有する
  • [おすすめ] セクションのコンテンツを自分向けにカスタマイズする

仕組み

Google ニュースではさまざまな機能を通じて、ニュース メディアに関する情報やニュース メディアとの接点をユーザーに提供します。ニュース メディアにとって、Google ニュースは有効なブランド戦略となります。また、広告の配信や、手続きが簡単な購読(Google で購読)などによる収益化の機会ももたらされます。

パブリッシャー センターのツールを使用して、RSS フィード、ウェブサイトの URL、または動画を送信することで、コンテンツを Google ニュースと共有できます。

パブリッシャー センターでパブリケーションを設定していなくても、Google の通常のウェブクロールによってニュースサイトが Google に検出される場合もあります。Google ニュースにコンテンツを掲載したくない場合は、サイトのコンテンツへのアクセスをブロックできます。なお、アクセスをブロックすることで、その後のインデックス登録や Google 検索におけるランキングが影響を受けることはありません。

Google ニュースのランキングで考慮されるためにパブリッシャー センターを通じて登録する必要はありませんが、登録すると以下のような利点があります。

  • コンテンツとブランディングのコントロール: Google ニュースに表示されるパブリケーションのデザイン、ブランディング、カスタマイズを行うことができます。
  • 収益化の機会: ニュース メディアは、Google で購読から Google ニュースでペイウォールを使用できます。
  • 掲載資格の取得: 利用規約に同意したニュース メディアのパブリケーションは、該当する国または地域で Google ニュースアプリの [新聞・雑誌] での掲載対象となります。 
    • 重要: 掲載が保証されるわけではありません。パブリケーションは、プロモーションのタイミング、ユーザー エクスペリエンスの質、プロモーションのテーマへの関連性に基づいて独立して選択されます。

重要: パブリッシャー センターからフィードや URL を送信しても、Google ニュースでの掲載やランキングが保証されるわけではありません。

詳しくは、他のニュース サーフェスへの表示方法をご確認ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
100499
false