実装ガイド

省略可: アンケートのオプトインを変更して商品レビューを収集する

このセクションでは次のトピックについて説明します。

組み込み手順

Google では、販売者のサイトで行われた注文に含まれる商品について、GTIN(国際取引商品番号)を収集する必要があります。そのためには、サイトの Google カスタマー レビュー オプトイン モジュールの JavaScript スニペットに数行のコードを追加していただく必要があります。

まず、現在サイトで使用しているのが、古い認定ショップ オプトイン モジュールのコード スニペットなのか、または新しい Google カスタマー レビュー オプトイン モジュールのコード スニペットなのかを確認します。古い認定ショップ オプトイン モジュールを使用している場合は、新しい Google カスタマー レビュー オプトイン モジュールに更新する必要があります

サイトで使用しているモジュールの確認方法について詳しくは、下記をご覧ください。

手順 1: サイトで認定ショップのオプトイン スニペットを使用しているかどうかを確認する

サイトで古い認定ショップのコードを使用している場合、認定ショップのオプトイン モジュール コードとバッジコードの両方をサイトから削除し、Google カスタマー レビューの実装ガイドに記載された手順に沿って、新しいオプトイン モジュール スニペット(および必要に応じて新しいバッジ スニペット)をサイトに追加してください。この手順が完了したら、手順 2 に進みます。
すでに新しい Google カスタマー レビュー オプトイン モジュール スニペットを使用している場合は、手順 3 に進みます。
古い認定ショップ オプトイン モジュール コード スニペットを使用している場合、サイトで次のコードを確認できます。
<!-- START Google Trusted Stores Order -->

<div id="gts-order" style="display:none;" translate="no">


  <!-- start order and merchant information -->
  <span id="gts-o-id">販売者の注文 ID</span>
  <span id="gts-o-email">購入者のメールアドレス</span>&gt;
  <span id="gts-o-country">購入者の国</span>
  <span id="gts-o-currency">通貨</span>
  <span id="gts-o-total">注文合計額</span>
  <span id="gts-o-discounts">注文の割引</span>
  <span id="gts-o-shipping-total">注文の送料</span>
  <span id="gts-o-tax-total">注文の税額</span>
  <span id="gts-o-est-ship-date">注文の発送予定日</span>
  <span id="gts-o-est-delivery-date">注文の配送予定日</span>
  <span id="gts-o-has-preorder">取り寄せ、予約</span>
  <span id="gts-o-has-digital">デジタル商品</span>
  <!-- end order and merchant information -->

 <!-- start repeated item specific information -->
 <!-- item example: this area repeated for each item in the order -->
 <span class="gts-item">
    <span class="gts-i-name">商品アイテム名</span>
    <span class="gts-i-price">商品アイテム価格</span>
    <span class="gts-i-quantity">商品アイテムの数量</span>
    <span class="gts-i-prodsearch-id">商品アイテムの Google ショッピング ID</span>
    <span class="gts-i-prodsearch-store-id">商品アイテムの Google ショッピング アカウント ID</span>
 </span>
 <!-- end item 1 example -->
 <!-- end repeated item specific information -->

</div>
<!-- END Google Trusted Stores Order →

 

古い認定ショップ オプトイン モジュール スニペットを使用しているサイトでは、多くの場合、次のような古い認定ショップ バッジ スニペットも使用されています。

<!-- BEGIN: Google Trusted Stores -->
<script type="text/javascript">
  var gts = gts || [];

  gts.push(["id", "{ID 番号}"]);
  gts.push(["badge_position", "{位置}"]);
  gts.push(["locale", "ページの言語"]);

 gts.push(["google_base_offer_id", "商品アイテムの Google ショッピング ID"]);
  gts.push(["google_base_subaccount_id", "商品アイテムの Google ショッピング アカウント ID"]);

  (function() {
    var gts = document.createElement("script");
    gts.type = "text/javascript";
    gts.async = true;
    gts.src = "https://www.googlecommerce.com/trustedstores/api/js";
    var s = document.getElementsByTagName("script")[0];
    s.parentNode.insertBefore(gts, s);
  })();
</script>
<!-- END: Google Trusted Stores -->

手順 2: サイトで Google カスタマー レビュー オプトイン スニペットを使用しているかどうかを確認する

新しい Google カスタマー レビューのオプトイン モジュール スニペットは次のようなコードです。

<!-- BEGIN GCR Opt-in Module Code -->
<script src="https://apis.google.com/js/platform.js?onload=renderOptIn"
  async defer>
</script>

<script>
  window.renderOptIn = function() { 
    window.gapi.load("surveyoptin", function() {
      window.gapi.surveyoptin.render(
        {
          // 必須
          "merchant_id": "販売者 ID",
          "order_id": "注文 ID",
          "email": "購入者のメールアドレス",
          "delivery_country": "国コード",
          "estimated_delivery_date": "YYYY-MM-DD",

          // 省略可
          "opt_in_style": "オプトイン形式"
        }); 
     });
  }
</script>
<!-- END GCR Opt-in Module Code →

 

手順 3: Google カスタマー レビューのオプトイン スニペットに新しいコード行を追加する

サイトのソースコードで、手順 2 で示した新しい Google カスタマー レビューのオプトイン モジュール スニペットを見つけます。
「opt_in_style」行の下に新たに「products」行を追加します。
// 省略可
"opt_in_style": "
オプトイン形式",
"products": [{"gtin":"
GTIN1"}]
 

上記の行では、購入者が注文した商品を「products」配列内の JSON「gtin」オブジェクトの配列として指定します。この行には「gtin」オブジェクトが 1 つしかないため、注文に含まれる商品の数に関係なく、Google カスタマー レビューで注文の GTIN を 1 つ収集することができます。注文に含まれる各商品の GTIN を収集するには、商品ごとに「products」配列に「gtin」オブジェクトを動的に追加するコードをサイトに追加する必要があります。

たとえば、2 つの異なる商品を含む注文には、次のようなスニペットが必要です。

// 省略可
"opt_in_style": "
オプトイン形式",
"products": [{"gtin":"
GTIN1"}, {"gtin":"GTIN2"}]
 

3 つの異なる商品を含む注文には、次のようなスニペットが必要です。

// 省略可
"opt_in_style": "
オプトイン形式",
"products": [{"gtin":"
GTIN1"}, {"gtin":"GTIN2"}, {"gtin":"GTIN3"}]
 
「GTIN1」、「GTIN2」、「GTIN3」を実際の GTIN の数値に置き換えます。

サイトに新しいコードを正しく実装すると、サイトでの注文から GTIN の収集が開始され、購入者から商品レビューを集めることができるようになります。

 

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。