デバイスを再登録する

Google ミーティング ルーム ハードウェア

Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイス(Hangouts Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings)のユーザーデータと設定をすべて削除するには、デバイスをワイプして再登録します。デバイスをワイプして再登録するのは次のような場合です。

  • 正常に起動しないデバイスをリセットしたい。
  • デバイスを別のドメインで登録し直したい。
  • 以前プロビジョニング解除したデバイスを再登録したい。

始める前に

デバイスを再登録するには、まずデバイスをワイプする必要があります。詳しくは、Chrome デバイスのデータをワイプするをご覧ください。

デバイスをプロビジョニング解除して保留に設定する

デバイスのプロビジョニングを解除すると、そのデバイスの Google ミーティング ルーム ハードウェアのライセンスが取り消されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動します。
  3. 次のいずれかを行います。
    • 組織部門やその他の条件でデバイスをフィルタする場合は、組織部門ごとにデバイスを選択するをご覧ください。
    • リストからデバイスを選択する場合は、各デバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。複数選択することも可能です。
  4. 左上の [プロビジョニング解除] をクリックします。
  5. デバイスをプロビジョニング解除することを確認します。

プロビジョニング解除したデバイスを再登録するには、まずデバイスが保留状態であることを確認してください。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動します。
  3. デバイスが保留状態であることを確認します。
  4. デバイスリストをフィルタするには、左側で、表示するデバイスが含まれる組織部門を選択します。
    特定の条件に基づいてリストをフィルタすることもできます。詳しくは、デバイスを指定して移動するをご覧ください。
  5. デバイスがプロビジョニング解除されている場合は、デバイスを選択 次に [保留状態に設定] をクリックします。

Google ミーティング ルーム ハードウェアを再登録する

Chromebox for meetings、Chromebase for meetings、Google Meet ハードウェアを再登録するには:

  1. デバイスの電源をオンにします。
  2. デバイスにキーボードを接続します。
  3. しばらくすると設定画面が表示されますが、この画面では操作を行わないでください。
    これは Chrome OS の設定画面であり、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings、Google Meet ハードウェアの設定用ではありません。
  4. Ctrl+Alt+H キーを押して、Chromebox for meetings モードに切り替えます。
  5. [このデバイスでハングアウト Meet を実行するように設定してもよろしいですか?] と表示されたら、[はい] を選択します。
  6. デバイスの登録手順を完了します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。