Google Meet の利用規定

不正行為に関するプログラム ポリシーと適用

下記のコンテンツ ポリシーは、ユーザーの皆様に Google のサービスを快適にご利用いただくうえで重要です。本サービスの提供を脅かす不正行為を防止するため、ユーザーの皆様には下記のポリシーに準拠していただくようお願いしております。

本ポリシーは Google Meet(「Meet」)に適用されます。ただし、本ポリシーの適用にあたっては、教育上、記録上、科学上、または芸術上の観点から考慮すべき事項に基づく場合、もしくは本サービスのユーザーにとって別の大きなメリットとなる場合は、例外を設けることがあります。ポリシーは変更されることがありますので、今後も随時ご確認ください。詳細については、Google の利用規約をご覧ください。

不正行為を報告

下記のポリシーに違反していると思われるユーザーを見つけた場合は、不正行為を報告してください。 
 
Google では、Meet の使用またはポリシー違反が認められたアカウントを無効にすることがあります。誤ってサービスが停止された場合やアカウントが無効にされたと思われる場合は、こちらのページの説明を参照してください。

プログラム ポリシー

児童の性的虐待と搾取

Meet を使用して、児童の搾取や虐待にあたるコンテンツを作成、アップロード、配布しないでください。これには、性的児童虐待のすべてのコンテンツが含まれます。

より広義には、Meet では Google のサービスを使用して子供を危険にさらすことは禁止されています。これには、子供に対する次のような搾取行為が含まれます。

  • 「チャイルド グルーミング」(例: オンラインで子供に取り入って、オンラインまたはオフラインでの性的接触や性的な画像の交換などに誘い込むこと)
  • 「セクストーション」(例: 子供の公開されたくない画像を入手したと主張して子供を脅迫すること)
  • 未成年者の性的表現(例: 子供の性的虐待を描写、助長、促進する画像や、子供の性的搾取につながる可能性のある子供の描写)
  • 子供の人身売買(例: 商業的な性的搾取を目的として子供の広告や勧誘を行うこと)

Google は、National Center for Missing & Exploited Children(NCMEC)への報告、サービス機能へのアクセスの制限、アカウントの無効化などの適切な措置を講じます。子どもが虐待や搾取、人身売買の危険にさらされている、または実際にその被害に遭っていると思われる場合は、直ちに警察当局に通報してください。

技術的保護手段の回避

Google のポリシーを回避したり、アカウントに設定された制限を回避したりすることを意図した行為に関与しないでください。これには、複数のアカウントの作成や使用、または以前は禁止されていた行為に関与するその他の方法が含まれます。

危険行為や違法行為

Meet を使用して、人間や動物に深刻かつ差し迫った身体的危害をもたらす違法行為や活動を助長したり、計画したり、関与したりしないでください。

不正行為、フィッシングなどの欺瞞行為

Meet をフィッシングに使用しないでください。また、機密データを求めたり収集したりしないでください。これらのデータには、パスワード、財務情報、社会保障番号を含みますが、これらに限定されません。Meet を使用して他のユーザーを虚偽の表示で欺いたり、誘導したり、騙したりして情報を共有するよう仕向けないでください。

偽る、誤解させる、または詐取することを意図して他人になりすましたり、自分の身元や Meet の招待や参加リクエストの発信元などを偽ったりしないでください。

嫌がらせ、いじめ、脅迫

他人に対する嫌がらせ、いじめ、脅迫はしないでください。また、本サービスを使用して他人をこれらの行為に引き込んだり、誘導したりすることもできません。オンライン上での嫌がらせは多くの地域で違法であり、加害者と被害者双方の実生活に深刻な結果をもたらしかねないことに留意してください。Google は、危害やその他の危険な状況が発生する恐れがあると連絡された場合に、関係当局への報告など、適切な措置を講じることがあります。

ヘイトスピーチ

ヘイトスピーチには関与しないでください。ヘイトスピーチとは、人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など制度的な差別や排斥に結び付く特性に基づいて、個人やグループに対する暴力を助長または容認したり、憎悪をあおることを主な目的としたりするコンテンツのことです。

マルウェアや同様の悪意のあるコンテンツ

ネットワーク、サーバー、エンドユーザーのデバイス、その他のインフラストラクチャの運用に害を及ぼしたり、干渉したりするようなマルウェアやコンテンツを送信しないでください。これには、マルウェア、ウィルス、破壊的なコード、その他の有害または望ましくないソフトウェアや同様のコンテンツのダイレクト ホスティング、埋め込み、または送信が含まれます。また、ウィルスを送信したり、ポップアップを表示したり、ユーザーの同意を得ずにソフトウェアのインストールを試みたり、悪意のあるコードでユーザーに影響を与えたりするようなコンテンツも含まれます。詳しくは、セーフ ブラウジングに関するポリシーをご覧ください。

個人情報や機密情報

他者の個人情報や機密情報を、本人の許可なく共有または配信しないでください。これには、米国の社会保障番号、銀行口座番号、クレジット カード番号、署名の画像、個人の健康書類などの機密情報の使用が含まれます。この情報がインターネット上の他の場所や公的記録(政府のウェブサイトに掲載されている身分証明書など)で広く入手可能な場合、Google は通常対応措置を取りません。

規制対象の商品やサービス

規制対象の商品やサービスの販売、宣伝、販売促進を行わないでください。規制対象の商品やサービスには、アルコール、ギャンブル、医薬品、未承認のサプリメント、タバコ、花火、武器、健康機器、医療機器が含まれます。

露骨な性的コンテンツ

ヌード、性行為の画像、ポルノ コンテンツなど、露骨な性的コンテンツを含むコンテンツを共有、配布しないでください。これには、商業ポルノサイトにユーザーを誘導することも含まれます。教育、記録、科学、芸術を目的としたコンテンツは許可されます。

スパム

スパム行為を行わないでください。これには、好ましくない宣伝や営利目的のコンテンツ、自動化されたプログラムによって作成された迷惑なコンテンツ、大量の勧誘と思われる好ましくない反復的なコンテンツや無意味なコンテンツなどが含まれます。

システムの妨害

本サービスを悪用したり、ネットワーク、デバイス、その他のインフラストラクチャの動作に害を及ぼしたり、品質低下させたり、悪影響を与えたりしないでください。これには、製品またはそのサービスのあらゆる側面の品質低下、無効化、または妨害が含まれます。

テロ関連のコンテンツ

テロ組織が本サービスを利用することは、いかなる目的(メンバーの募集を含む)でも認められません。また、Google は、テロ行為を助長したり、暴力を扇動したり、テロ攻撃を称賛したりするコンテンツなど、テロに関連するコンテンツについて、会議の主催者や参加者に対して措置を講じます。

暴力や残虐行為

衝撃的、扇情的、不当であることを主な意図とする、現実の人間や動物に関連する暴力的または残虐なコンテンツを共有または配信しないでください。これには、四肢切断や切断された死体のクローズアップ映像など、極めて生々しい暴力が含まれます。教育、記録、科学、芸術の分野では、大量の血液を含むコンテンツなどの暴力的な描写は許可される場合がありますが、コンテキストを理解できるよう十分な情報を提供してください。ただし、コンテンツが非常に暴力的または衝撃的である場合は、そうした背景事情に関する情報が提供されていたとしても、そのコンテンツは Google のプラットフォームから削除されます。また、明示的な暴力行為を他者に推奨するようなコンテンツを投稿しないでください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。