Google Meet ビデオ会議の参加者を追加または削除する

会議の開始前または開始後に、Google Meet でビデオ会議にユーザーを追加できます。ビデオ会議中に参加者を削除することも可能です。

ユーザーによっては、ビデオ会議に参加するには参加をリクエストする必要があります。詳しくは、ビデオ会議に参加するをご覧ください。

進行中のビデオ会議にユーザーを追加する

ビデオ会議中にユーザーを招待したり、参加者を削除したりできます。カレンダーの予定には含まれていなかった組織外のユーザーを招待することができます。組織内のユーザーが、最初に会議への参加を許可する必要があります。個人の Google アカウントが主催する会議の場合、会議中にユーザーを招待したり承認したりできるのは、会議の主催者のみです。

次のいずれかを選択します。

  1. 右側のユーザー アイコン ユーザー 次の操作 ユーザーを追加アイコン ユーザーを追加 をクリックします。
  2. 名前またはメールアドレスを入力 次の操作 [招待状を送信] をクリックします。

 

  1. 左下にある会議名をクリックします。
  2. 参加に必要な情報をコピーアイコン コピー をクリックします。
  3. コピーした情報をメールまたはその他のアプリに貼り付けて、ゲストに送信します。

ビデオ会議に電話で参加するユーザーを追加する

重要: 現在、この機能は Google Workspace ユーザーが主催する会議でご利用いただけます。

電話で参加する機能は、米国とカナダに無料通話をかけることができる国と地域でのみご利用いただけます。サポート対象国と地域をご覧ください。

一部の国や地域では、Google Meet のビデオ会議に電話で参加するユーザーを追加できます。

  1. 会議に参加したら、画面右上のユーザー アイコン ユーザー をクリックしてサイドパネルを展開します。
  2. ユーザーを追加アイコン ユーザーを追加 をクリックします。
  3. [発信] をクリックします。
  4. 通話先の国を選択して国コードを追加します。
  5. 通話したい相手の電話番号を入力して、通話アイコン 通話 をクリックします。
    • (省略可)内線番号などの電話番号を追加で入力するには、ダイヤル アイコン 発信 をクリックしてキーパッドを開きます。
  6. 相手が電話に出た時点で会議に参加することになります。

ヒント: 電話番号を使用して手動でダイヤルインする参加者は、会議の PIN を入力する必要があります。

対応している国と地域

国と地域の一覧については、電話によるゲストの追加に対応している国をご覧ください。

複数のユーザーから届いたビデオ通話への参加リクエストをまとめて承諾する

参加者や生徒から届いたビデオ通話への参加リクエストをまとめて承諾できます。なお、参加リクエストを表示して承諾できるのは、会議の主催者のみに限られています。また、会議の主催者は、会議中にリクエストを承認する必要があります。

  1. ウィンドウにビデオ通話への参加リクエストが表示されたら、[承諾] または [拒否] をクリックします。
  2. 複数のユーザーが会議への参加をリクエストしている場合は、[すべて表示] をクリックし、次のどちらかの操作を行います。
    • ユーザーの参加を一人ずつ承諾または拒否するには、目的のユーザー名の横の [承諾] または [拒否] をクリックします。
    • ユーザー全員の参加をまとめて承諾または拒否するには、[すべて承認] または [すべて拒否] をクリックします。

ビデオ会議中に参加者を削除する

重要: ビデオ会議から参加者を削除するには、会議の主催者と同じ組織に所属している必要があります。

  1. 右側のユーザー アイコン ユーザー をクリックします。
  2. 削除する参加者にカーソルを合わせ、戻る矢印 "" をクリックします。
  3. 削除アイコン 削除 をクリックします。

個人の Google アカウントが主催する会議の場合、ビデオ会議からユーザーを削除できるのは会議の主催者のみです。

Google Workspace for Education Fundamentals ユーザー: 会議から削除された参加者(ドメイン内とドメイン外の両方)は、会議への再参加をリクエストできません。参加者が会議への参加リクエストを 2 回拒否された場合、その会議への参加を再びリクエストすることはできません。この場合、会議の主催者がそのユーザーを手動で会議に再招待できます。

 

ビデオ会議に電話で参加しているユーザーとの通話を終了する

 

  1. ユーザー アイコン ユーザー をクリックしてサイドパネルを展開します。
  2. 電話番号を選択して、下矢印 下矢印 次の操作 通話終了アイコン 通話を終了 をクリックします。

G Suite for Education と G Suite Enterprise for Education をご利用の場合

ビデオ会議へのアクセスを管理する

ビデオ会議の主催者は、クイック アクセスの設定を使用して、会議への参加リクエストを必須にするかどうかを指定できます。

クイック アクセスがオンの場合:

クイック アクセスがオフの場合:

  • ドメイン内の参加者は、各自のパソコンまたはモバイル デバイスを使用して自動的に会議に参加できます。
  • スマートフォンから会議にダイヤルインする参加者は自動的に参加できます。
  • 会議中、参加者は誰でもダイヤルアウトできます。
  • 組織内外のすべての参加者が、会議への参加をリクエストする必要があります。これには、会議にダイヤルインするユーザーも含まれます。
  • 会議中に主催者以外のユーザーから招待されたユーザーは参加をリクエストする必要があります。
  • ダイヤルアウトできるのは教師のみです。

クイック アクセスはデフォルトでオンになっています。パソコンで Meet を使用していれば、教師はビデオ会議を開始した後に、必要に応じてこの設定を変更できます。

ヒント: 定期的に繰り返すように設定されていて、かつ同じ会議コードを再使用している会議でクイック アクセスをオンまたはオフにすると、その設定は次回以降の一連の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議でクイック アクセスをオンまたはオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

[クイック アクセス] のオンとオフを切り替えるには:

会議中

  1. 画面下部にある主催者用ボタン をクリックします。
  2. [クイック アクセス] の横のスイッチをオン "" またはオフ "" にします。 

Google カレンダー上

calendar.google.com にアクセスし、次のどちらかの手順を行います。

  • 新しい予定を作成する
  1. 新しい予定を作成 次に [Google Meet のビデオ会議を追加] をクリックします。
  2. ページ右側で、この会議の設定を変更 Settings をクリックします。
  3. [クイック アクセス] の横のチェックボックスをオンにし 次に [保存] をクリックします。  
  4. 予定を設定します。
  • 既存の予定を更新する
  1. 目的の会議 次に 編集アイコン 編集 をクリックします。 
  2. 予定の詳細で、この会議の設定を変更 Settings をクリックします。
  3. [クイック アクセス] の横のチェックボックスをオンにし 次に [保存] をクリックします。
 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。