Google Meet ビデオ会議の参加者を追加または削除する

Google Meet のビデオ会議では、会議が始まる前に参加者を追加することも、会議が始まってから追加することもできます。ビデオ会議中に参加者を削除することも可能です。

ユーザーによっては、ビデオ会議に参加するには参加をリクエストする必要があります。詳しくは、会議に参加するをご覧ください。

ビデオ会議中に参加者を追加する

会議中に他のユーザーを招待することができます。個人の Google アカウントが主催する会議の場合、会議への参加者を承認できるのは会議の主催者のみに限られます。

  • Google Workspace をご利用の場合: 組織外のユーザーを招待した場合、組織内の誰かがそのユーザーの参加を承認する必要があります。
  1. Meet アプリ Meet app を開き、ビデオ通話に参加します。
  2. 左上の会議名をタップします。
  3. [ユーザー] タブで、会議の詳細を他の参加者に送信するには、参加に必要な情報を共有するアイコン 共有 をタップします。
ヒント: Google Workspace ユーザーが主催する会議の場合は、参加に必要な情報に電話での参加方法が記載されています。

ビデオ会議中に参加者を削除する

重要: 通話からユーザーを削除するには、会議の主催者と同じ Google Workspace 組織に所属している必要があります。個人の Google アカウントが主催する会議の場合、ビデオ会議中に参加者を削除できるのは会議の主催者のみです。

ビデオ通話中に次の手順を行います。

  1. 左上の会議名をタップします。
  2. [ユーザー] タブで、参加者の横にあるメニュー アイコン Google Chrome をカスタマイズ、制御 次に 削除アイコン  をタップします。

ヒント: スマートフォンから電話をかけて参加したユーザーを削除するには、電話番号の横にある削除アイコン  をタップします。

Google Workspace for Education をご利用の場合: 会議から退出させられた参加者(ドメイン内とドメイン外の両方)は、会議への再参加をリクエストできません。参加者が会議への参加リクエストを 2 回拒否された場合、その会議への参加を再びリクエストすることはできません。ただし、会議の主催者がそれらのユーザーを手動で会議に再招待することは可能です。

Google Workspace for Education ユーザー

ビデオ会議へのアクセスを管理する

ビデオ会議の主催者は、クイック アクセスを使用して、参加をリクエストすることを必須にするユーザーを指定できます。

クイック アクセスがオンの場合:

クイック アクセスがオフの場合:

  • ドメイン内の参加者は、パソコンやモバイル デバイスを使用して自動的に会議に参加できます。
  • スマートフォンから会議にダイヤルインする参加者は自動的に参加できます。
  • 参加者なら誰でも会議からダイヤルアウトできます。
  • 組織内外のすべての参加者が、会議への参加をリクエストする必要があります。これには、スマートフォンから会議にダイヤルインするユーザーも含まれます。
  • 会議中に主催者以外のユーザーから招待されたユーザーは参加をリクエストする必要があります。
  • 主催者のみ会議からダイヤルアウトできます。

クイック アクセスはデフォルトでオンになっています。主催者は、ビデオ会議を開始した後に、必要に応じてこの設定を変更できます。

ヒント: 定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使用する会議でクイック アクセスをオンまたはオフにすると、その設定は次回以降の会議にも適用されます。1 回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議でクイック アクセスをオンまたはオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

クイック アクセスをオンまたはオフにする

  1. 会議中に画面をタップ 次に メニュー アイコン その他 をタップします。 
  2. 会議の安全性アイコン  をタップ 次に [クイック アクセス] をオンまたはオフにします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false