会議への招待

Hangouts Meet では、会議の開始前や開始後に参加者を招待することができます。招待するゲストは、組織内外どちらの相手でも構いません。

同じ組織内から参加するゲストは、G Suite アカウント(職場や学校で使っている Gmail アカウントなど)にログインしていればいつでも参加可能です。

組織外から参加するゲストには、会議への参加時に組織内の参加者がアクセス権を付与する必要があります。ただし、カレンダーの予定にそのゲストの外部 Google アカウントを追加してある場合や、ビデオ会議の開催中にそのゲストを招待した場合には、アクセス権の付与は必要ありません。

電話から参加するゲストは、PIN を入力するよう案内されます。
 

Google カレンダーの予定にゲストを追加する

  1. Google カレンダーを開き、既存の予定を編集します。
  2. 組織の内部または外部からゲストを追加します。
  3. [保存] をクリックします。
  4. [送信] をクリックします。会議へのリンクが追加されゲストに通知されます。

ビデオ会議の途中でゲストを招待する

メールや電話で招待するには:

  1. 画面右上のユーザー アイコン ユーザー をクリックします。
  2. ユーザーを追加アイコン ユーザーを追加 をクリックし、オプションを選択します。
    • 相手のメールアドレスを入力するか、名前で検索し、[招待状を送信] をクリックします。
    • 電話で招待するには、[発信] をクリックします。発信先の国を選択して電話番号を入力し、発信アイコン 通話 をクリックします。
会議の詳細情報を送信して招待するには:
  1. Meet のビデオ会議に参加します。
  2. 左下にある会議名をクリックします。
  3. コピーアイコン コピー をクリックします。
  4. コピーした会議の詳細情報をメールやその他のメッセージ アプリに貼り付けて、ゲストに送信します。

 

参加に必要な情報を追加のゲストに転送する

招待されたゲストは、会議への招待メールまたは会議の情報を他の人に送ることができます。会議を主催する組織からの参加者が、外部からの参加を希望するゲストを承認する必要が生じる場合もあります。

主催組織内から参加するゲストは、G Suite アカウント(職場や学校で使っている Gmail アカウントなど)にログインしていればいつでも参加可能です。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。