通知

Duo と Meet が新しい Meet アプリに統合されました。Meet(従来)のユーザーは新しいアプリをダウンロードできます。

Google Meet で閲覧のみのロールを割り当てる

最良のエクスペリエンスを実現し、大規模な会議への出席者数を増加できるように、すべての参加者を閲覧者として設定します。[閲覧のみ] のロールを有効にすると、一部の参加者を投稿者として指定することもできます。
閲覧者ができること:
  • 会議の観察
  • 挙手する
  • Q&A やアンケートなどのアクティビティへの参加
  • リアクションを使用する

ヒント: 

  • ヒント: 閲覧のみのロールでは、下部の会議名の横に [視聴のみ] と表示されます。
  • 会議に、閲覧のみのロールの参加者がいる場合、その参加者が送信したリアクションはすべて匿名となります。

閲覧者ができないこと:

  • 音声または動画を共有する
  • 画面共有
  • チャット
閲覧のみのロールを持つ Google Workspace のエディション
以下の Workspace エディションでは、会議の参加者を閲覧者として事前設定できます。
  • Google Workspace Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Essentials
  • Education Fundamentals
  • Education Standard
  • Teaching and Learning Upgrade
  • Education Plus
  • Enterprise Essentials Plus
  • Enterprise Plus

ヒント: Enterprise Plus、Enterprise Essentials Plus、Education Plus では、投稿者 500 人が参加すると、次の 500 人は自動的に閲覧者モードでの参加になります。

[すべてのユーザーを閲覧者に設定] をオンにする

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 新しい会議を作成してゲストを追加します。
  3. Google カレンダーの会議の招待状で、主催者向けの設定 を開きます。
  4. [主催者向けの管理機能] をオンにします。
  5. [ゲスト] タブで、[すべてのユーザーをデフォルトで閲覧者に設定] をオンにします。
  6. (省略可)投稿者を追加します。
    • 投稿者を追加するには、招待状にゲストを追加します。
    • ヒント: ユーザーのメールが表示されない場合は、まずそのユーザーが招待状に追加されていることを確認してください。

参加者を閲覧者から投稿者に変更する

重要: 主催者は、ウェブ上で、またはパソコンでピクチャー イン ピクチャー モードを使用している場合に、閲覧者を投稿者に変更した後に閲覧者に戻すことができます。

閲覧のみのロールでは、閲覧者が挙手すると、主催者または共同主催者が閲覧者を投稿者にすることができます。
主催者または共同主催者として、次を行います:
  1. 会議中に右下のユーザー アイコン People Tab を選択します。
  2. 閲覧者 次に 投稿者を設定 を選択します。

関連リソース

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー