Google マップのタイムライン機能

ロケーション履歴の情報は、Google マップのタイムライン機能から閲覧、管理できます。この機能はモバイル端末とパソコンのどちらでも使用できます。タイムラインでは、ロケーション履歴の個々のエントリの編集、指定期間内の情報の削除、ロケーション履歴の全エントリの削除などが可能です。タイムラインは非公開なので、本人しか見ることができません。

[ウェブとアプリのアクティビティ] などの設定がオンになっている場合は、ロケーション履歴を一時停止したり、ロケーション履歴から位置情報データを削除したりしても、Google の他のサイト、アプリ、サービスの利用状況データとして、位置情報が Google アカウントに保持されていることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

: 現在、韓国ではタイムラインをご利用いただけません。ロケーション履歴のオンや一時停止はアクティビティ管理で行います。また、こちらでロケーション履歴のデータを削除することも可能です。

注: タイムラインは、Google マップ アプリのバージョン 9.12 以降でご利用可能です。それ以前のバージョンのアプリをお使いの場合は、パソコンまたはスマートフォンのブラウザで maps.google.com/timeline にアクセスして、タイムラインをご利用ください。

タイムラインを作成する

ロケーション履歴をオンにしておくと、そのデバイスを持って移動した場所がタイムラインに記録されます。ただし、デバイスでアカウントにログインし、そのデバイスで現在地情報の送信をオンにしている場合に限られます。詳しくは、ロケーション履歴の説明をご覧ください。

タイムラインを開く方法:

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. その他アイコン 詳細 次に [設定] をタップします。
  4. [現在地が ON] になっていることを確認します。オンになっていない場合は、[現在地が OFF] をタップ 次に [現在地] をオンにします。
  5. [ロケーション履歴がオンになっています] と表示されていることを確認します。表示されていない場合は、 [ロケーション履歴がオフになっています] をタップ 次に [ロケーション履歴] をオンにします。

移動履歴を表示する

タイムラインでは、ロケーション履歴をオンにした状態で移動した距離や手段(徒歩、自転車、車、公共交通機関など)を含む移動履歴を確認できます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 表示する日や月を変更するには、[カレンダーを表示] カレンダーを表示 をタップ 次に 左か右にスワイプして該当の日をタップします。

ヒント: 最近訪れた場所を確認するには、メニュー メニュー 次に [マイプレイス] 次に [訪れた場所] をタップします。

ロケーション履歴をオンにする、一時停止する

ロケーション履歴をオンにすると、位置情報や訪れた場所が Google アカウントに記録されます。Google マップを使用していない間の履歴も記録されます。ロケーション履歴のオンと一時停止を切り替える手順は次のとおりです。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットでタイムラインにアクセスします。
  2. [設定] 次に [ロケーション履歴] をタップ 次に [ロケーション履歴を有効にする] または [ロケーション履歴を一時停止] を選択します。

詳しくは、ロケーション履歴を管理、削除する方法をご覧ください。

タイムラインを編集する

訪問した場所や行ったアクティビティを変更する

タイムラインに表示されている場所や時間が間違っている場合、それらの情報を編集できます。この操作を行うには、[ウェブとアプリのアクティビティ] がオンになっている必要があります。

: [ウェブとアプリのアクティビティ] がオフになっている場合は、タイムライン上の場所やアクティビティを編集することはできませんが、日単位でのデータの削除と、ロケーション履歴の削除は行えます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 情報が間違っている場所を見つけて、タップします。
  4. [編集] をタップします。
  5. 画面下部に表示された候補から、正しい場所またはアクティビティを選択します。場所を検索して指定することも可能です。この場合、一番下までスクロールして [場所を検索] をタップします。
  6. 訪れた時間を編集するには、時間をタップします。

: [ウェブとアプリのアクティビティ] がオフになっている場合は、タイムライン上の場所やアクティビティを編集することはできませんが、日単位でのデータの削除と、ロケーション履歴の削除は行えます。

マイルと km の単位を切り替える

タイムラインで表示する距離の単位を変更するには、メニュー メニュー 次に [設定] 次に [距離単位] をタップして、 [自動]、[km]、[マイル] のいずれかを選択します。

1 日分のデータを削除する

重要: タイムラインから削除したロケーション履歴の情報は、二度と確認できなくなります。[ウェブとアプリのアクティビティ] などの設定がオンになっている場合は、ロケーション履歴を削除しても、Google の他のサイト、アプリ、サービスの利用状況データとして、位置情報が Google アカウントに保持されていることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 右上の [カレンダーを表示] カレンダーを表示 をタップ 次に 削除する日を選択します。
  4. その他アイコン 詳細 次に [1 日分をすべて削除] をタップします。

ロケーション履歴を削除する

重要: タイムラインから削除したロケーション履歴の情報は、二度と確認できなくなります。[ウェブとアプリのアクティビティ] などの設定がオンになっている場合は、ロケーション履歴を削除しても、Google の他のサイト、アプリ、サービスの利用状況データとして、位置情報が Google アカウントに保持されていることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. その他アイコン 詳細 次に [設定] をタップします。
  4. スクロールして [現在地設定] を表示します。
    • 履歴の一部を削除する場合: [指定期間のロケーション履歴の削除] をタップします。 
    • すべての履歴を削除する場合: [ロケーション履歴をすべて削除] をタップします。

詳しくは、ロケーション履歴を管理、削除する方法をご覧ください。

ロケーション履歴を自動で削除する

3 か月以上または 18 か月以上前のロケーション履歴が自動的に削除されるように設定できます。

  1. Android デバイスで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. 左上のメニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 右上にあるその他アイコン その他 次に [設定とプライバシー] をタップします。
  4. 下にスクロールして [現在地設定] を表示します。
  5. [ロケーション履歴の自動削除] をタップします。
  6. 画面の手順に沿って操作します。

タイムラインの精度を改善する

タイムラインでの表示内容は間違っていることもあります。たとえば建物の密集した都市部では、実際に食事をしたレストランの隣のお店が表示される場合があります。次の手順に沿って精度向上にご協力いただくと、今後同様の誤りが起こりにくくなります。

  1. ウェブとアプリのアクティビティをオンにする: 過去にウェブとアプリのアクティビティをオンにしていた場合は、オンになっていた間に他の Google サービス(Google 検索など)を利用したときのデータがタイムラインで使用されます。たとえば、2 軒並んだレストランのうちどちらを訪問したのか判定する際に、一方のレストランを検索した記録が残っていれば、そちらが優先されます。
  2. 訪問した場所を確定する: 訪問した場所を、タイムライン上に直接手動で記録して確定できます。
検索や閲覧の履歴を Google に保存する

ウェブとアプリのアクティビティをオンにし、Google アカウントにログインした状態で行った検索や閲覧の履歴は、位置情報などの関連データを含めて Google が保存しています。この情報は、ユーザーが移動した場所について Google が正確に理解するために利用され、タイムラインの精度向上にもつながります。

: [ウェブとアプリのアクティビティ] がオフになっている場合は、タイムライン上の場所やアクティビティを編集することはできませんが、日単位でのデータの削除や、ロケーション履歴の削除は行えます。

ウェブとアプリのアクティビティをオンにする

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. その他アイコン 詳細 次に [設定] をタップします。
  4. [アプリの履歴] で、[ウェブとアプリのアクティビティがオフ] を選択します。

現在地の設定を調整する

[バッテリー節約] または [デバイスのみ] モードを使用している場合は、タイムラインの精度を高めることができます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. その他アイコン 詳細 次に [設定] をタップします。
  4. [現在地が ON] 次に [モード] をタップして、[バッテリー節約] または [デバイスのみ] モードを選択します。
    : このオプションを選択すると、ご使用のデバイスの位置情報の設定とタイムラインの設定が更新されます。
  5. [はい] をタップします。

タイムラインで現在地が正しいことを確認し、近くのスポットをチェックする

ロケーション履歴をオンにしていなくても、Google マップが示す現在地が正確であるかどうかをリアルタイムで確認することができます。訪問した場所が正確であることを確定すると、そのエリアを訪問した回数やそこまでのルートを記録しやすくなります。

正確であることを確定した場所はタイムラインに表示され、必要なら個別に削除することができます。ロケーション履歴ごとまとめて削除することも可能です。詳しくは、ロケーション履歴を管理する方法をご覧ください。
  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. 青色のドット 次に [付近の場所を表示] をタップします。
  3. 場所のリストをスクロールして、現在地を選びます。
  4. 次の画面の [現在地はこちらですか?] で [はい] をタップします。
  5. [タイムラインで表示] をタップすると、訪問した場所の一覧や過去の訪問のデータを参照できます。

Google Chrome や Google アプリからでも、現在地が正確であることをリアルタイムで確認できます。

  1. Chrome または Google アプリで Google マップを開きます。
  2. 今いる場所を検索します。
  3. [(この場所)の詳細情報] をタップします。
  4. [現在地はこちらですか?] と表示されたら、[はい] をタップします。

便利な使い方

その場所に最後に訪れた日付を確認する

ある場所を訪問したことがタイムラインに記録されている場合、Google マップに表示されるその場所の情報カードで、最後に訪問した日時を確認できます。方法は次のとおりです。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. タイムラインから場所を選択します。
  4. [詳細] をタップします。
  5. 下にスクロールしていくと、[x 日前に訪れた場所です] と表示されています。

: この情報は、その場所がタイムラインに追加されている場合にのみ表示されます。

タイムラインに自宅や職場を表示する

自宅や職場の住所を Google に保存してある場合、タイムラインの表示にも反映されます。保存した情報は、タイムラインだけでなく、Google の他のプロダクトやサービスでも使用されることがあります。

詳しくは、自宅や職場の住所を設定する方法をご覧ください。

タイムラインに Google フォトの写真を表示する

Google フォトのアカウントをタイムラインとリンクすることができます。リンクした場合、Google フォトにアップロードした写真がタイムラインに表示されます。Google フォトの写真をタイムラインに表示するかどうかを設定する手順は次のとおりです。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. その他アイコン 詳細 次に [設定] をタップします。
  4. [タイムライン] セクションの [Google フォト] を確認します。
    • タイムラインに写真を表示するには、スイッチがオンになっていることを確認します。
    • 写真がタイムラインに表示されないようにするには、スイッチがオフになっていることを確認します。

: タイムラインから写真を削除しても、その写真(およびメタデータ)が Google フォトから削除されることはありません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。