検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

ライトモードでマップを使う

地図画面をスクロールできない場合や、スムーズに移動できない場合は、Google マップの「ライトモード」というバージョンを使用してみてください。Google マップを以下の環境で使用している場合は、自動的にライトモードになることがあります。

  • スマートフォンやタブレットでモバイル ブラウザを使用している場合
  • パソコンで古いバージョンのウェブブラウザを使用している場合
  • パソコンで古いバージョンのオペレーティング システムを使用している場合

ライトモードでできないこと

ライトモードでは、次のことが行えなくなります。

  • 3D 画像や Earth ビューを表示する
  • 地図上にコンピュータの位置を表示する
  • 自宅や職場の住所を設定する
  • 付近を検索する
  • 場所間の距離を測定する
  • 座標を取得する
  • ルートをドラッグする
  • 地図を埋め込む
  • 車両に場所情報を送信する
  • Google マップでマイマップを表示する
  • 編集を提案する
  • 場所に非公開のラベルを追加する

ライトモードを使用する

パソコンでマップが正しく読み込まれない場合は、ライトモードに切り替えてみてください。そうすることで、パフォーマンスの問題が解決する場合があります。

ヒント: リンクが機能しない場合は、お住まいの国の Google マップドメイン(日本の場合は maps.google.co.jp)をご利用であることをご確認ください。

ライトモードかどうかを確認する

  1. パソコンで Google マップを開きます。
  2. ページの右下を確認します。ライトモードを使用している場合は、稲妻のアイコンが表示されます。

完全版のマップに切り替える

  1. パソコンがこちらの要件を満たしていることを確認します。
  2. パソコンで Google マップを開きます。
  3. 画面の右下で、ライトモード をクリックします。
  4. [通常のマップに切り替えられます] をクリックします。

完全版が表示されない場合は、次をお試しください。

  • Chrome、Firefox、Internet Explorer などのブラウザを再起動します。
  • オペレーティング システム(特にビデオカードのドライバ)が最新版であることを確認します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。