フィッシング メールを報告する、回避する

フィッシング攻撃とは、ユーザーをだましてオンラインで個人情報を取得しようとする不正行為のことを指します。

フィッシングとは

フィッシングは、メールや広告、なりすましサイトなどを通じて行われます。たとえば、フィッシングの一種として、銀行からのメールに見せかけて銀行口座に関する情報を入力させようとする場合があります。

フィッシング メールやフィッシング サイトが要求してくる情報:

  • ユーザー名とパスワード(パスワードの変更を要求してくる場合を含む)
  • 社会保障番号
  • 銀行口座番号
  • PIN(暗証番号)
  • クレジット カード番号
  • 母親の旧姓
  • 生年月日

重要: Google や Gmail がこのような個人情報をメールで尋ねることは決してありません。

フィッシング メールを報告する

フィッシングの疑いがあるメールや不審なメールが検出されると、警告が表示されたり、メールが [迷惑メール] に分類されたりすることがあります。メールのマーク付けが適切でなかった場合は、下記の手順に沿って、フィッシング メールとしてマークしたり、マークを外したりできます。

注: [迷惑メール] フォルダにメールを手動で移動すると、そのメールのコピーが Google に送信されます。メールのコピーを受け取った Google は、内容を分析し、迷惑メールや不正行為からユーザーを保護する対策検討の参考とさせていただきます。

フィッシング メールを報告する

  1. パソコンで Gmail にアクセスします。
  2. メールを開きます。
  3. 返信アイコン 返信 の横にあるその他アイコン その他 をクリックします。
  4. [フィッシングを報告] をクリックします。

誤ってフィッシング メールとしてマーク付けされていた場合

  1. パソコンで Gmail にアクセスします。
  2. メールを開きます。
  3. 返信アイコン 返信 の横にあるその他アイコン その他 をクリックします。
  4. [フィッシングではないことを報告] をクリックします。

フィッシング攻撃を回避する

個人情報を要求するメールや、同様のウェブサイトへのリンクが含まれるメールを受信した場合は、常に注意してください。このようなメールを受信した場合は、次のように対応します。

  1. そのメールが本物であることを確認できるまでは、リンクをクリックしたり、個人情報を入力したりしないでください。
  2. 送信元が Gmail のアドレスの場合は、Gmail に関する不正行為を Google に報告してください。

注: Gmail がパスワードなどの個人情報をメールで尋ねることは決してありません。

不審なメールを受信した場合は、次の点をご確認ください。

  • メールアドレスと送信者名が一致していることを確認します。
  • メールが認証されていることを確認します。
  • リンクにカーソルを合わせます(クリックはしないでください)。リンクの URL がリンクの説明と一致しない場合は、フィッシング サイトに誘導するリンクの可能性があります。
  • メールのヘッダーを確認して、「From」に不適切な名前が表示されていないことを確認します。

重要: 自分の Gmail アドレスが不正使用された疑いがある場合は、他のメールの送信や閲覧を行う前に、対象の Gmail アカウントを復元してください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。