Gmail アドレスでのピリオドの扱い

他のユーザーがあなたにメールを送信する際に、誤ってメールアドレスにピリオドを追加した場合でも、メールはあなたの受信トレイに届きます。たとえば、メールアドレスが「johnsmith@gmail.com」の場合、次のようにピリオドが含まれたメールアドレスもあなたが所有していることになります。

  • john.smith@gmail.com
  • jo.hn.sm.ith@gmail.com
  • j.o.h.n.s.m.i.t.h@gmail.com

注: Gmail を職場や学校などの組織で使用している場合([ドメイン名].com や [学校名].edu など)は、ピリオドが含まれると別のメールアドレスとして扱われます。ユーザー名に含まれるピリオドの数や位置を変更する場合は、管理者にお問い合わせください。

他のユーザーはあなたのメールアドレスを使用できない

他のユーザーはあなたのユーザー名を取得できない

ピリオドの数や位置が異なっても同一の Gmail アドレスと見なされます。他のユーザーが、あなたのユーザー名にピリオドを追加して Gmail アカウントを作成しようとすると、「そのユーザー名はすでに使用されている」という内容のエラーが表示されます。

たとえば、あなたのメールアドレスが「johnsmith@gmail.com」の場合、他のユーザーが「j.o.h.n.s.m.i.t.h@gmail.com」で登録することはできません。

他のユーザーはあなたのメールを表示できない

お使いのアカウントは他のユーザーに公開されることはなく、安全です。あなたのメールアドレスにピリオドを追加したメールアドレスにメールが送信された場合でも、あなただけに送信されます。

たとえば、「johnsmith@gmail.com」と「j.o.h.n.s.m.i.t.h@gmail.com」は同じメールアドレスであり、同じ受信トレイに届きます。

他人宛てのメールが届いた場合

ピリオドを追加しても同じメールアドレスとして扱われるため、他人宛てのメールが届いた場合は、ピリオドが原因ではありません。送信者がメールアドレスを誤入力したか、正しいメールアドレスを忘れてしまった可能性があります。

たとえば、誰かが「john.43.smith@gmail.com」にメールを送信しようとして「john.smith@gmail.com」と入力してしまった場合、そのメールは「johnsmith@gmail.com」に送信されます。

送信者に通知する

受信したメールが、自分とは無関係だが不審なものではないと思われる場合は、送信者に「メールアドレスを間違えている」と返信してください。

不審なメールを報告する

リンクをクリックしたり、個人情報を共有したりしないでください。迷惑メールまたはフィッシングとして報告してください。

登録していないニュースレターの登録を解除する

登録を解除する方法をご確認ください。または、メーリング リストからあなたのメールアドレスを削除するよう、ウェブサイトの管理者にお問い合わせください。

注: 他のユーザーが誤って、または悪意のあるユーザーが意図的に、あなたのメールアドレスにピリオドを追加したメールアドレスを使用してメール配信の登録を行うことは防ぐことができません。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。