メールの送受信数に関する制限

迷惑メールを防止し、アカウントの安全性を確保するため、Gmail では 1 日に送受信できるメール数や、宛先に追加できる人数に制限を設けています。

解決方法

下記の原因を確認して、これらのエラー メッセージが今後表示されないようにする方法をご確認ください。

注: 職場や学校などの組織で Gmail アカウントを使用している場合は、G Suite での Gmail の送信に関する制限事項をご確認ください。

「送信できるメールの制限数に達しました」

1 通のメールを 500 人を超える宛先に送信した場合や、1 日に 500 通を超えるメールを送信した場合に、このエラー メッセージが表示されることがあります。

このエラーが表示された場合は、1~24 時間以内に再びメールを送信できるようになります。

今後このエラーを防ぐには、メールの宛先をすべて含む Google グループを作成し、作成したグループのメールアドレス宛にメールを送信します。

「メールを配信できませんでした」

大量のメールを送信して次の現象が発生した場合に、このエラーが表示されることがあります。

  • 宛先のメールアドレスが無効で配信できなかった
  • 宛先のメールサーバーに拒否された

24 時間後に再びメールを送信できるようになる場合があります。

今後このエラーを防ぐには、送信前に宛先のメールアドレスが最新のものであることを確認します。

「送信先がメール受信数の制限を超過しています」

メールの送信先が短時間に大量のメールを受信している場合に、このエラー メッセージが表示されることがあります。

「送信先のユーザーは、一定の時間におけるメール受信数の制限を超過しているため、これ以上メールを配信できません」

この送信先ユーザーには、別の方法で連絡を取る必要があります。

メールの受信制限の詳細についてご確認ください

「宛先に Google+ の連絡先が含まれています」

メールの返信先や送信先に Google+ の交流相手が含まれている場合に、このエラー メッセージが表示されることがあります。このエラーは、Gmail の送信に関する制限に違反したから発生するわけではありません。現在、Gmail でこの問題を修正中です。

今後このエラーを防ぐには、メールの宛先から該当者を削除します。

一括メールを送信する際のおすすめの方法

一度に大量のメールを送信する場合や、多数の宛先にメールを送信する場合は、Gmail の一括送信ガイドラインをご確認ください。

Andrea は Gmail のエキスパートで、このヘルプページの執筆者です。このページについてフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。