Gmail のメールが認証されているかどうかの確認

送信者の名前の横に疑問符が表示される場合、そのメールは認証されていません。メールが認証されていないとは、そのメールに表示されている送信者が本当の送信元かどうかを Gmail で確認できていないという意味です。メールに疑問符が表示されている場合は、返信や添付ファイルのダウンロードには十分に注意してください。

メールが認証されているかどうかを確認する

注: 認証されていないメールが迷惑メールとは限りません。実在する組織が大規模なグループにメールを送信する場合(メーリング リストにメールを送信する場合など)、認証が適切に機能しないことがあります。

Gmail のメールを確認する
  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. メールを開きます。
  3. 送信者の名前の下にある下矢印アイコン 下矢印 をクリックします。

次の情報が表示されれば、メールは認証されています。

  • [送信元] の項目と google.com などのドメイン名
  • [署名元] の項目と送信元ドメイン

送信者の名前の横に疑問符が表示されているメールは認証されていません。メールに疑問符が表示されている場合は、返信や添付ファイルのダウンロードには十分に注意してください。

Outlook や Apple Mail など別のメール クライアントでメールを確認する

別のメール クライアントの場合は、メール ヘッダーを見てメールを確認します。

  1. メールを開きます。
  2. 「Authentication-Results」ヘッダーを探します。
  3. メールが SPF または DKIM で認証されている場合、「spf=pass」または「dkim=pass」と表示されます。
認証の仕組みの詳細(SPF と DKIM)

メールの認証には、SPF や DKIM を使用できます。

SPF は、SPF レコードを作成して特定のドメインからのメールを送信できるホストを指定します。

DKIM では、送信者が正当なメールに電子署名を付け、受信者が公開鍵を使用してこれを確認できるようになっています。

認証されていないメールへの対応

受信したメールが認証されていない場合

信頼できる送信者からのメールが認証されていない場合は、メールの送信者または送信元の企業にお問い合わせください。お問い合わせの際は、先方にもメールの認証方法がわかるように、このヘルプページへのリンクを記載してください。

自分のドメインから自分で送信したメールが認証されていない場合

自分が送信したメールを相手が受け取る際、メールアドレスの横に疑問符(?)が表示されていたら、そのメールは認証されていません。

メールが正しく振り分けられるように、メールを認証する必要があります。また、認証されていないメールは拒否される可能性が高くなります。迷惑メールの送信者もメールを認証できる場合があるため、認証を利用するだけでメールが確実に配信されるとは限りません。

認証されていないメールへの対応

まず、送信したメールが DKIM(推奨)または SPF で認証されていることを確認します。

次に、Gmail でメールを一括送信する際のおすすめの方法を確認します。

  • 1024 ビット以上の RSA 鍵を使用します。1024 ビット未満の鍵で署名されたメールは、署名されていないものと見なされるため、なりすましが容易になります。
  • Gmail では、認証情報だけでなくユーザーからの報告やその他の情報を組み合わせてメールを振り分けています。メールが正しく振り分けられるためには、すべてのメール送信者にとって認証は必須です。おすすめの方法については、Gmal の一括送信ガイドラインを参照してください。
  • ポリシーを作成してご自身の所有ドメインからの未認証メールを制御する方法をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。