Gmail で迷惑メールを報告する

Gmail には、不要なメールを迷惑メールとして報告する機能があります。迷惑メールとして報告したメールは [迷惑メール] に振り分けられます。迷惑メールの報告数が増えるほど、類似のメールがより効率的に迷惑メールだと判断されるようになります。

メールを迷惑メールとして報告する

重要: 迷惑メールを報告または [迷惑メール] に移動すると、そのメールのコピーが Google に送信されます。メールのコピーは、迷惑メールや不正行為からのユーザー保護に役立てるために分析されることがあります。

  1. iPhone または iPad で Gmail アプリ を開きます。
  2. 迷惑メールとして報告するメールを開きます。
  3. 右上のその他アイコン その他 and then [迷惑メールとして報告] をタップします。

ヒント: 受信登録していた特定の送信者からのメールが必要なくなった場合は、[登録解除] または [ウェブサイトに移動] をクリックします。メールをブロックまたは登録解除する方法もご確認ください。

複数のメールを迷惑メールとして報告する

  1. 受信トレイで、迷惑メールとして報告する各メールの横にある送信者のプロフィール写真をタップします。
  2. 右上のその他アイコン その他 and then [迷惑メールとして報告] をタップします。

迷惑メールを削除する

  1. iPhone または iPad で Gmail アプリ を開きます。
  2. 左上のメニュー アイコン and then [迷惑メール] をタップします。
  3. [[迷惑メール] を今すぐ空にする] をタップします。

メールを迷惑メールから除外する

誤って迷惑メールに分類したメールは、次の手順で [迷惑メール] から除外できます。

  1. iPhone または iPad で Gmail アプリ を開きます。
  2. 左上のメニュー アイコン and then [迷惑メール] をタップします。
  3. 除外するメールを開きます。
  4. 右上のその他アイコン その他 and then [スパムではないと報告] をタップします。

正当なメールが迷惑メールに振り分けられないようにする

重要: ブロックした送信者からのメールは、たとえ [迷惑メール] から除外しても、引き続き自動的に迷惑メールであると判断されます。

知り合いからのメールが自動的に [迷惑メール] に振り分けられる場合、次の対応方法が考えられます。

  • メールを [迷惑メール] から除外する: メールを除外すると、以降その送信者からのメールは [迷惑メール] に振り分けられなくなります。
  • 送信者を連絡先に追加する: 送信者を Google コンタクトに追加すると、その送信者からのメールは [迷惑メール] に振り分けられなくなります。連絡先の追加、移動、読み込み方法もご確認ください。
  • フィルタを作成する: 特定の送信者を対象としたフィルタを作成し、その送信者からのメールに「重要」などのラベルを付けることができます。メールのフィルタルールの作成方法もご確認ください。

Gmail の迷惑メールの種別に関する詳細

[迷惑メール] では次のことを行えます。

  • 自動的に迷惑メールだと判断された不審なメールを確認する。
  • 自分で迷惑メールだと判断したメールを確認する。
  • 各メールの上部に表示される警告で、そのメールが [迷惑メール] に振り分けられた理由を確認する。
メールアドレスのなりすまし

この警告の概要

メールアドレスが既知の送信者のものによく似ています。たとえば、メールアドレスのアルファベット「O」が数字の「0」になっている場合などがこれに該当します。

この警告が表示された場合

メールアドレスが正しいことを確認するまで、メールに返信したり、リンクを開いたりしないでください。

ヒント: なりすましだと気づいたメールに警告マークが付いていない場合は、迷惑メールとして報告してください。

フィッシング詐欺

この警告の概要

パスワードやクレジット カード番号などの個人情報を詐取するための偽メールである可能性があります。

この警告が表示された場合

  • メールに返信したり、リンクを開いたりしないでください。
  • 信頼できる送信者からのメールであることを確認できない場合は、メールをフィッシングとして報告してください。

ヒント: Google がメールで個人情報を尋ねることはありません。Google を装った詐欺を回避して報告する方法もご確認ください。

未確認の送信者からのメール

この警告の概要

メールの送信者を Gmail が確認できない状況です。詳しくは、Gmail のメールが認証されているかどうかを確認するをご覧ください。

この警告が表示された場合

  • メールに返信したり、リンクを開いたりしないでください。
  • 信頼できる送信者からのメールであることを確認できない場合は、メールをフィッシングとして報告してください。

信頼できる送信者からのメールだと判断できる場合:

管理者が設定したポリシー

この警告の概要

職場や学校などの組織で Gmail を使用している場合は、管理者が特定のメールを迷惑メールとしてマークするように設定している場合があります。

この警告が表示された場合

誤って迷惑メールのマークが付いたメールを見つけたら、管理者に連絡してください。

この送信者からのメールの登録解除を試行済みである

この警告の概要

登録解除後に届いたメールは、直接 [迷惑メール] フォルダに振り分けられます。

この警告が表示された場合

これらのメールが [迷惑メール] に振り分けられないようにするには、メールを [迷惑メール] から除外してください。

内容が空のメール

この警告の概要

迷惑メールの送信者は、送信先のメールアドレスが有効なものであるかどうかを確認するために、しばしば件名や本文のないメールを送ります。その後、有効なアドレスに対して迷惑メールを送信するという手法がとられます。

この警告が表示された場合

  • 不審なメールには返信せずに、迷惑メールまたはフィッシングとして報告してください。
  • 知人が誤って送信したメールだと考えられる場合は、迷惑メールではないことを報告してください。
手動で迷惑メールに振り分けたメール

この警告の概要

あるメールを迷惑メールとして報告すると、そのメールは [受信トレイ] から [迷惑メール] に移動されます。以降、その送信者からのメールは [迷惑メール] フォルダに振り分けられる可能性があります。

この警告が表示された場合

  • メールが [迷惑メール] に振り分けないようにするには、そのメールを [迷惑メール] から除外します。以降、その送信者からのメールは [迷惑メール] に振り分けられなくなります。
  • メールを誤ってフィッシングとして報告した場合は、フィッシングではないことを報告してください。
Gmail アカウントに対する迷惑メール攻撃

この警告の概要

購読メールやプロモーション メールといった不要なメールが大量に届く場合、ハッカーが受信トレイを埋め尽くそうとしています。受信トレイが埋まると、Gmail アカウントで登録してあるウェブサイトやサービスからの重要なセキュリティ通知が見落とされがちです。

たとえば、ハッカーがユーザーの銀行口座に侵入しようとした場合に、銀行から通知メールが届くことがあります。しかし、受信トレイが迷惑メールで埋まっていると、その通知メールを見逃すおそれがあります。

この警告が表示された場合

連絡先に登録してあるユーザーから迷惑メールが届いた場合
Google コンタクトのリストに登録されている相手から迷惑メールが届いた場合、ハッカーが送信元アカウントを不正使用しています。
  1. このようなメールには返信しないでください。
  2. 迷惑メールのアラートから、そのメールについて報告してください。
    • この操作により、Gmail チームにレポートが送信されて調査が行われます。以降もこの相手からのメールは届きます。
  3. 相手にメール アカウントがハッキングされている可能性があることを伝え、Gmail のセキュリティに関する推奨に沿って対応するようおすすめしてください。

関連リソース

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8260029382110224182
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
17