検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

送信者名の横に表示される詳細情報

受信したメールで、送信者名の横に詳細情報が表示される場合があります。たとえば、銀行からのメールを受信した際、送信者のメールアドレスが銀行のウェブサイトと違っている場合に、こうした詳細情報が表示されます。

送信者名の横に詳細情報が表示される

送信者名の横にメールアドレスが表示される

過去にメールのやりとりをしたことがない相手の場合は、送信者名の横にメールアドレスが表示されます。

この送信者をアドレス帳に追加するか、メールに返信すると、以降受信したメールでは、送信者名の横のメールアドレスは表示されなくなります。

送信者名の横に「経由」とウェブサイト名が表示される

次のような場合に、送信者名の横に「経由」とウェブサイト名が表示されます。

  • 送信元のドメインと [From] アドレスのドメインが一致しない場合。たとえば、john.smith@gmail.com から受信したメールが、Gmail ではなくソーシャル ネットワーク サイト経由で送信された場合がこれに該当します。
  • DMARC ポリシーとして「拒否ポリシー」が設定されているドメインから、Google グループにメールが送信された場合。

受信者側では、送信者名の横に表示される経由情報を削除することはできません。この情報は、メールの送信元をユーザーに知らせるために表示されるものです。

不明なプログラムを経由して送信されたメールは、迷惑メールの可能性があります。

自分が Gmail 以外から送信したメールから経由情報を削除する

Gmail では、送信するメールが認証されていることの確認を行っています。

  • 一括メール送信ベンダーやサードパーティ アフィリエイトを利用してメールを送信する場合は、Gmail の一括送信ガイドラインをご確認ください。メール送信元のベンダーやアフィリエイトの IP が記載された SPF レコードの公開など、必要な手順を行ってください。
  • ドメインに関連付けられた DKIM 署名を使ってメールに署名してください。
  • [From] アドレスのドメインとメールの認証に使用するドメインを一致させてください。

このヘルプページの執筆者は、Gmail のエキスパートです。このページについてフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。