通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

HYPERLINK

データからリンクを作成します。

HYPERLINK 関数を使用すると、表内にクリック可能なテキストや画像のリンクを作成できます。レポートの閲覧者は、これらのリンクをクリックして、レポート内の他のページやウェブ上の他のページに移動できます。

この記事の内容:

使用例

商品カタログページへのリンクを作成し、アンカー テキストとして商品名を表示します。

HYPERLINK(Item URL, Item Name)

商品の画像を表示し、カタログ内のその商品アイテムのページにリンクします。

HYPERLINK(Item URL, Item Image)

構文

HYPERLINK(URL, anchor_text)

HYPERLINK(URL, image)
  

パラメータ

  • URL - URL データ型として評価されるフィールドまたは式
  • anchor_text - テキストデータ型として評価されるフィールドまたは式
  • image - 画像データ型として評価されるフィールドまたは式

HYPERLINK 関数の仕組み

HYPERLINK 関数には 2 つの形式があります。1 つはテキストリンク フィールドを作成し、もう 1 つは画像リンク フィールドを作成します。データソースにおいて、テキストリンク フィールドのデータ型はハイパーリンクですが、画像リンク フィールドのデータ型は画像リンクです。これらのフィールドをレポート内の表に追加すると、ユーザーは他のページに移動できるようになります。

HYPERLINK 関数には 2 つのパラメータが必要です。最初のパラメータは URL である必要があります。2 つ目のパラメータがテキストデータ型のフィールドまたは式である場合、この関数ではハイパーリンク フィールドが作成されます。2 つ目のパラメータが画像データ型のフィールドまたは式である場合は、画像リンク フィールドが作成されます。

URL パラメータは、リンク ターゲット(リンクの href の部分)を指定します。URL パラメータには、データソースの既存の URL フィールドから取得する値、または他のフィールドや関数から URL を作成する式を指定できます。

anchor_text パラメータは、表示するリンクテキストを指定します。anchor_text パラメータには、データソースのテキストデータ型ディメンションから取得する値、またはテキストデータ型として評価される式を指定します。

画像リンク フィールドを作成する場合は、image パラメータとしてデータソースの画像ディメンションまたは画像データ型として評価される式を指定します。

ヒント: 画像フィールドを作成するには、IMAGE 関数を使用しましょう。

サポートされているプロトコル

HYPERLINK 関数では次のプロトコルを使用できます。

  • http
  • https
  • mailto
  • ftp

サポートされていないプロトコルを指定すると、空白のページが表示されます。プロトコルが指定されていない場合は、HYPERLINK 関数によって URL の先頭に「http:」が追加されます。

ハイパーリンク フィールドのデータ型は変更できません。

表内にクリック可能なリンクを表示し、アンカー テキストとして完全な URL を表示する場合は、URL のフィールド タイプを使用することもできます。

HYPERLINK を使用して、販売商品の画像と個々の商品説明ページへのリンクを含む商品カタログを作成します。

次のフィールドを含むデータセットがある場合を考えてみましょう。

  • アイテム - 商品の名前
  • SKU - 商品 ID
  • 商品ページ - 商品の説明ページの URL
  • 商品画像 - 表示する商品画像の URL

次の例をご覧ください。

アイテム SKU 商品ページ 商品画像
ペン 123 https://example.com/products/product123.html https://example.com/images/product123.jpg
ノートブック 456 https://example.com/products/product456.html https://example.com/images/product456.jpg
コーヒーカップ 789 https://example.com/products/product789.html https://example.com/images/product789.jpg

 

上の例でデータソースを作成すると、各フィールドは次のように表されます。

フィールド タイプ
アイテム テキスト
SKU テキスト
商品ページ URL
商品画像 URL

 

例 1: 商品ページへのテキストリンクを作成する

商品説明ページのリンクを表示するには、次の数式で商品リンク計算フィールドを作成します。

HYPERLINK(Product Page, SKU )

この場合、データソースは次のようになります。

フィールド タイプ
アイテム テキスト
SKU テキスト
商品ページ URL
商品画像 URL
サービス間のリンク設定 Hyperlink

 

その後、レポートの表にサービス間のリンク設定フィールドを追加できるようになります。データはクリック可能なリンクとして表示されます。

例 2: CONCAT を使って URL を作成する

フィールドにリンクパスの一部のみを表示する場合や、リンクをオーバーライドする場合、リンクにさらに情報を追加する場合は、CONCAT 関数を使って URL を作成すると便利です。

たとえば、CONCAT を使用すると、ハードコードされたページパスと商品 SKU を組み合わせて、商品説明ページへの完全な URL を作成できます。

HYPERLINK(CONCAT('http://example.com/productpages/product', SKU, '.html'), Item)

例 3: クリック可能な画像を作成する

クリック可能な画像を表に追加する場合も、HYPERLINK 関数を使用します。この場合、1 つ目のパラメータには URL を指定し、2 つ目のパラメータとして画像フィールドか、画像への有効なリンクを含む IMAGE 関数を指定します。これにより、画像リンク フィールドが作成されます。

この例では、商品ページ ディメンションに URL が格納され、IMAGE 関数がハードコードされた 1 つの値を使用して画像フィールドを生成します。

HYPERLINK(Product Page, IMAGE("https://example.com/images/product789.jpg", "Coffee cup")

より現実的な例としては、画像フィールドを事前に作成してデータソースに保存しておくか、CONCAT 関数を使用して image パラメータを作成することもできます。

HYPERLINK(Product Page, IMAGE(CONCAT("https://example.com/images/"), SKU, ".jpg", Item))

YouTube のリンクとサムネイル画像

YouTube アナリティクス コネクタでは、レポートの表に直接追加できるリンクとサムネイルの画像フィールドが自動的に提供されます。

フィールド タイプ 説明
動画リンク URL YouTube 上の動画へのリンク
サムネイル リンク URL 動画サムネイル画像へのリンク
サムネイル 画像 サムネイル画像
リンクされたサムネイル 画像リンク YouTube 上の動画へのリンクとしてフォーマットされたサムネイル画像

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
true
Looker Studio の新機能

新機能と変更点についてご確認ください。Looker Studio リリースノートが Google Cloud で公開されました。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー