通知

この記事では、Looker Studio について説明します。Looker のドキュメントについては、https://cloud.google.com/looker/docs/intro をご覧ください。

トラブルシューティング ガイド

グラフ、レポート、データソースに関する問題を解決します。

グラフ、レポート、データソースで問題が発生した場合は、このガイドにその問題が記載されているかどうかを確認し、記載されている場合は [Steps to resolve](解決方法)をクリックして、問題を詳細に調査および修正する方法をご覧ください。

この記事の内容:

健全性維持の基本手順

Looker Studio に関する問題の中には、一時的なネットワーク エラーやバックエンドの誤動作が原因で発生するものがあります。問題のトラブルシューティングに多くの時間を費やす前に、以下の健全性維持の基本手順を実施することをおすすめします。1 つの手順を試すたびに、問題が解決したかどうか確認してください。

発生する可能性があるエラーや現象

  • ページが応答しない
  • システムエラー
  • Looker Studio が利用できない

解決方法

  • ブラウザ ウィンドウを更新します。
  • ブラウザ キャッシュと Cookie をクリアします。
  • ブラウザを再起動します。
  • 別のブラウザを使用してみます。
  • パソコンを再起動します。
  • 可能であれば、別のパソコンを使用してみます。

上記の手順を試しても問題を解決できない場合は、少し待ってから再度確認します。問題が解決しない場合は、同じ問題が発生しているユーザーが他にいないかどうかを Looker Studio コミュニティ フォーラムで検索して、ご確認ください。

アクセス権限に関する問題

Google Workspace または Cloud Identity をご利用の場合、Looker Studio を使用するには、組織の管理者が Looker Studio を有効にする必要があります。

発生する可能性があるエラーや現象

このサービスへのアクセス権がありません。組織の管理者にアクセス権の付与を依頼してください。

解決方法

組織の Looker Studio を有効にするよう組織の管理者に依頼します。詳しくは、Looker Studio のエンタープライズ機能に関する記事をご覧ください。

接続に関する問題

データ接続に関する問題が発生する原因は複数あります。共有されているデータソース内のデータを表示するための適切な認証情報がない場合などには、なんらかの問題が発生することが想定されます。その他の理由としては、設定が破損しているまたは未完了であることや、データソースが削除されていること、データに対する認証の喪失などが挙げられます。

データセットへの接続に関する問題を解決するには、以下の手順をお試しください。

発生する可能性があるエラーや現象

  • データソースがありません
  • データセットの設定エラー
  • データセットにアクセスできません
  • データソースが接続されていません
  • データソースを追加する必要があります
  • 基盤となるデータが変更されました
  • データベース接続エラー

解決方法

グラフの設定に関する問題

不完全または互換性がないグラフの設定がグラフに含まれている場合、エラーが表示されます。

発生する可能性があるエラーや現象

  • システムエラー
  • グラフの設定が未完了です
  • 指標とディメンションの組み合わせが無効です

解決方法

「指標とディメンションの組み合わせが無効です」のエラーについて

このエラーは、データソースでサポートされていない方法でグラフでデータを可視化しようとした場合に発生します。これは、特定のフィールドのみ同時にクエリできる固定構造にデータが保存される Google アナリティクスや Google 広告などの一部のバックエンド システムの制限事項です。

ヒント: Google アナリティクスのデータについては、ディメンションと指標のリファレンスを使って互換性のあるフィールドを見つけることができます。

ユーザー インターフェースや機能に関する問題

Looker Studio が突然動作しなくなったり、誤作動したりする場合は、互換性のない拡張機能やアドオンが原因であることが考えられます。

発生する可能性があるエラーや現象

  • 機能が動作しない
  • UI 要素が表示されない
  • サービスが応答しなくなった

解決方法

  • 上記の健全性維持の基本手順を試してみます。
  • 他のブラウザを試してみます。
  • ブラウザの拡張機能やアドオンを無効にします。

すべての拡張機能を無効にして問題が解決した場合は、問題の原因となっている拡張機能が見つかるまで、拡張機能を 1 つずつ再度追加してみてください(その後、わかったことを Looker Studio コミュニティ フォーラムに投稿することをご検討ください)。

統合に関する問題

統合に関する一般的な問題は、次のバケットに分類できます。

  • 不適切な結合
  • データソースの接続がない、または正しくない
  • 統合の結果に関する問題や混乱

不適切な結合に関するエラーや症状の例

  • 1 つ以上の結合の設定が完了していません
  • 結合条件が指定されていない結合の設定が 1 つ以上あります
  • 結合キーが不完全です。選択した各データソースについて、すべての結合キーに対して結合キーフィールドを指定する必要があります。
  • フィールドが「欠落」していて結合条件で使用できない(ピンク色)

解決方法

  • 結合の設定を編集します。
  • 統合の各設定に結合条件と結合演算子が含まれていることを確認します(クロス結合を使用していて、結合条件を使用できない場合を除きます)。
  • フィールドが欠落している場合: 該当するフィールドを削除するか、結合設定の各ペアに対応するフィールドがあることを確認します。

データソースの接続がない、または正しくない場合のエラーや症状の例

1 つ以上のテーブルでデータソースが指定されていません。

解決方法

データソースが欠落しているテーブルを再接続します。

Google アナリティクス 4 の割り当ての上限に達した場合

2022 年 11 月 7 日より、Google アナリティクス 4 のデータに接続する Looker Studio レポートに、Google Analytics Data API(GA4)の割り当てが適用されます。レポートの GA4 データ使用量は、[Google アナリティクス トークンの使用状況] ダイアログで確認できます。

トークンの使用状況を表示する

  1. Looker Studio レポートを編集します。
  2. レポートの全体的なトークン使用量を確認するには、レポート キャンバスを右クリックして、[Google アナリティクス トークンの使用状況] を選択します。
  3. 特定のコンポーネントのトークンの使用状況を確認するには、コンポーネントを右クリックして [Google アナリティクス トークンの使用状況] を選択します。

Google アナリティクス 4 トークンの全体的な使用状況については、次の情報を確認できます。

  • レポート全体、または現在のユーザー セッションのページあたりの使用されたトークン割り当て量
  • 割り当てに達するまでに使用可能な残りのトークン割り当て量
  • トークン割り当て量はグラフごとに消費され、トークンの消費量が多い順に並べ替えられます

特定のコンポーネントによるトークンの使用状況については、次の情報を確認できます。

  • 各リクエストで消費されたトークン割り当て量
  • 各リクエストが終了した時刻
  • リクエストがキャッシュから配信されたかどうかについて、赤色の X はリクエストがキャッシュから配信されなかったことを示し、丸で囲まれた緑色のチェックマークはリクエストがキャッシュから配信されたことを示します。

割り当て超過エラー

これらの割り当ての上限に達したレポートには、次のいずれかのエラー メッセージが表示される可能性があります。

  • 同時リクエストの数が割り当ての上限に達しました。同時リクエストの数を減らして送信してください。
  • このプロパティで過去 1 日間に送信されたリクエストが多すぎます。
  • この Google アナリティクス プロパティで過去 1 時間以内に送信されたリクエストが多すぎたため、エラーが発生しました。
  • このプロパティで過去 1 時間以内に送信されたリクエストが多すぎます。
  • このプロパティには Google アナリティクスへのアクセス権がありません。
  • このプロパティで過去 1 時間以内に送信されたリクエストが多すぎて、割り当ての上限に達する可能性があります。
  • このプロジェクトまたはプロパティで過去 1 時間以内に送信されたリクエストが多すぎます。

解決方法

このようなエラーが発生した場合は、次の方法で、Google アナリティクス 4 からクエリされるデータの量を減らすことができます。以下の手順を行うことで、Looker Studio データのキャッシュ メカニズムへの依存度を高めて、割り当ての上限に達するのを回避できます。

  • まず、閲覧者の認証情報ではなく、データソースのオーナーの認証情報を使用して、データがクエリされてトークンの割り当てが使われる代わりにキャッシュされたデータが使用される可能性を高めます。閲覧者の認証情報を使用している場合は、オーナーの認証情報に切り替えることをご検討ください。
  • レポートで複数の Google アナリティクス 4 データソースを使用している場合は、可能であればそれらを 1 つの再利用可能なデータソースに統合することをご検討ください。これにより、データがクエリされてトークンが使われる代わりに、キャッシュされたデータが使用される可能性も高まります。
  • レポートへのトラフィックを減らします。レポートを共有するユーザーの数を減らすことをご検討ください。また、トラフィックの多いウェブサイトにレポートを埋め込まないようにします。
  • 各ページのグラフの数を減らします。
  • Google アナリティクス 4 のデータを抽出し、Google アナリティクス 4 のデータソースの代わりに抽出されたデータを使用します。
    • : データの抽出は、上限に達した割り当てが更新されるまで待ってから行う必要があります。これには、上限に達した割り当てに応じて、24 時間程度かかることがあります。
  • アナリティクス データを BigQuery にエクスポートし、BigQuery コネクタを使用して Looker Studio でそのデータを視覚化します。
  • アナリティクス 360 にアップグレードします。
  • パートナー コネクタの使用をご検討ください。

より複雑な問題が発生した場合のトラブルシューティング戦略

Looker Studio に関する不明確な問題を診断する場合は、まず問題が発生している場所を特定します。

たとえば、その問題が一般的または限定的なものか、すべてのレポートまたは特定のレポートで発生するか、すべてのコンポーネント タイプまたは特定のコンポーネントでのみ発生するか、複数のブラウザまたは特定のブラウザの特定のバージョンでのみ見られるものなのかを特定します。

関連情報: Looker Studio の使用要件

次の手順では、変動要因の数を減らします

大まかにいって、これは、データを最小化したりレポートを簡素化したりすることで、問題の要因をできるだけ絞り込むことを意味します。たとえば、データに問題があると思われる場合は、フィルタを使用するかデータセットを編集して、行数を半分に減らしてみてください。これで問題が解決し、残り半分の行を含めた場合に問題が再発する場合は、この残り半分のデータに問題があることがわかります。

同様に、特定のグラフに問題がある場合は、最小数のフィールドと最も単純なスタイル オプションを使って単純なグラフを作成してから、グラフの複雑性を徐々に高めて、特定のフィールドや設定による問題かどうかを確認します。

Google に問題を報告

問題を解決できない場合は、Google までご報告ください。問題の診断に役立てるため、以下の情報を提供できるようにご準備ください。

  • 問題に関する詳細な説明。
  • 問題の再現手順。
  • 表示されるエラー メッセージまたはエラー ID。
  • 問題を示すテストレポートまたはデータソースへのリンク。

エラー ID について

エラー ID(通常は 8 文字の数字と文字を組み合わせたもの)が表示された場合は、Google へのレポートに必ず含めてください。エラー ID は、Google のエンジニアがログでエラーをすばやく見つけるのに役立つ一意の識別子です。特定のエラー条件に静的にマッピングされるのではなく、動的に生成されるため、エラーの特定のインスタンスに対応します。つまり、エラーが発生するたびに異なる ID が生成されるということです。

テストレポートについて

上述のとおり、共有するテストレポートの複雑さを軽減していただくと、Google はより簡単にトラブルシューティングを行えるようになります。可能であれば、作成するテストレポートはできるだけ簡潔なものにしてください。たとえば、元のレポートのコピーを作成してから、問題を示すためには不要なページ、グラフ、フィルタなどのコンポーネントを削除するとよいでしょう。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー