DMCA 異議申し立て通知フォーム

DMCA は、著作権侵害に際してのオンライン サービス プロバイダの責任制限に関するガイドラインを定めた米国の著作権法です。対象サイトの管理者または対象コンテンツのプロバイダは、デジタル ミレニアム著作権法第 512 条(g)項(2)号および(3)号またはその他の適用される法律に基づき、異議申し立てを行うことができます。Google は異議申し立て通知を受領した場合、対象のコンテンツを復元することがあります。

Google に異議申し立て通知を提出するには、下記のウェブフォームで指定された情報を提供する必要があります。コンテンツの報告に虚偽があった場合、または対象の行為が実際に他者の著作権を侵害していない場合は、損害賠償責任(費用および弁護士報酬を含む)を問われることがありますのでご注意ください。したがって、特定のコンテンツが他者の著作権を侵害しているかどうかが明確でない場合は、まず弁護士に相談されることをおすすめします。

なお、デジタル ミレニアム著作権法第 512 条(g)項(2)号および(3)号に基づき、Google のウェブフォームまたは他の方法で異議申し立て通知を提出した場合、ご自身の連絡先情報が元の申立人に転送されますのでご承知おきください。DMCA の詳細については、https://library.educause.edu/topics/policy-and-law/digital-millennium-copyright-act-dmca も併せてご覧ください。

申立人の情報

権限に基づいて誰かの代理としてリクエストを送信する場合でも、ご自身の姓名をご記入ください。誰かの代理としてリクエストを送信する場合は、代理を務める法的権限を有している必要があります。
該当する場合のみ記入。

Google によって削除された、またはアクセスが無効にされたコンテンツを具体的にお知らせください

注: 元の削除リクエストが受領された時点で、権利侵害に該当するコンテンツがページに存在していた場合は、異議申し立て通知をお送りいただいても法的な効力は持ちません。すでに削除していたとしても、違法なコンテンツが存在していた場合は、異議申し立て通知を送らないでください。
さらに追加
多数の URL を報告する場合は、処理の迅速化のため、1 件の通知につき 10~100 件の範囲内で URL を送信することをおすすめします。下の [さらに追加] をクリックすると、複数の URL を送信できます。
有効な URL を入力してください。URL は http:// で始まる必要があります。スペースは含めないでください。URL を調べる方法についてご確認ください。

宣誓

署名

下に氏名を入力することで、デジタル署名を行ったことになります。デジタル署名は手書きの署名と同等の法的拘束力を有します。申し立てを正常に送信するには、この署名がこのフォームの冒頭で入力した氏名と完全に一致している必要があります。
申し立てを正常に送信するには、この署名がこのフォームの冒頭で入力した氏名と完全に一致している必要があります
署名日: Thu, 15 Nov 2018
この欄は必須です。
* 必須項目
アカウントとシステムに関する情報の一部が Google に送信されます。いただいた情報は、プライバシー ポリシー利用規約に基づき、技術的な問題への対処やサービス改善のために使用します。
追加情報