ファミリー向けプログラム用の自己認定広告 SDK

ファミリー ポリシーに記載されているとおり、子供のみをターゲット ユーザーとするアプリで広告を配信する場合は、下記のファミリー向け自己認定広告 SDK の要件を含め、Google Play ポリシーへの準拠を自己認定している広告 SDK バージョンを使用しなければなりません。

アプリのターゲット ユーザーに子供と大人の両方が含まれる場合は、子供には(年齢詐称を予防する年齢確認を使用するなどの手段により)これらの自己認定広告 SDK バージョンからのみ広告が配信されるようにする必要があります。

自己認定広告 SDK バージョンを含め、アプリで実装する SDK の全バージョンが、適用されるすべてのポリシー、現地の法律と規制を遵守していることを保証する責任はデベロッパーにあります。Google は、広告 SDK が自己認定手続きにおいて提供する情報の正確性に関する表明や保証を一切行いません。

ファミリー向け自己認定広告 SDK の使用が必須なのは、広告 SDK を使用して子供に広告を配信する場合のみです。以下については、広告 SDK による Google Play での自己認定がなくても許可されます。ただし、広告コンテンツとデータ収集行為が Google Play のユーザーデータに関するポリシーファミリー ポリシーに準拠しているかどうかについては責任を持って確認する必要があります。

  • 自社による広告配信(SDK を使用して自社アプリまたは自社のその他のメディアや商品の相互プロモーションを管理するなど)
  • 広告主との直接取引(SDK を使用して広告枠を管理する)

ファミリー向け自己認定広告 SDK の要件

  • どのような広告コンテンツや行動が好ましくないとされるのかを定義し、そのようなコンテンツや行動を広告 SDK の規約やポリシーで禁止していること。定義の内容は Google Play デベロッパー プログラム ポリシーに準拠するものである必要があります。
  • 対象年齢別区分に沿って広告クリエイティブをレーティングする方法を整備していること。対象年齢別区分には、少なくとも「全ユーザー対象」と「15 歳以上推奨」を含める必要があります。レーティング手法は、下のお問い合わせフォームへご記入いただいた後、Google が SDK に提供する手法に整合させる必要があります。
  • パブリッシャーが広告配信に関して子供向け取り扱いを求めるリクエストを(リクエストごと、またはアプリごとに)行えるようにしていること。そうした取り扱いは、米国の児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)EU の一般データ保護規則(GDPR)など、適用される法律と規制を遵守していなければなりません。Google Play では子供向け取り扱いの一環として、広告 SDK でパーソナライズド広告、インタレスト ベース広告、リマーケティングを無効にする必要があります。
  • Google Play のファミリー向け広告と収益化ポリシーに準拠し、教師承認済みプログラムの要件を満たしている広告フォーマットを、パブリッシャーが選択できるようにすること。
  • 子供向けの広告配信にリアルタイム ビッダーが使用されている場合は、クリエイティブが審査済みで、プライバシー インジケータがビッダーに反映されていることを確認すること。
  • 広告 SDK のポリシーがすべての自己認定要件に準拠しているかどうかを検証するために十分な情報を Google に提供し(テストアプリや、下記のお問い合わせフォームの情報を送信するなど)、その後も情報提供を求められた場合は適時に対応し(広告 SDK バージョンがすべての自己認定要件に準拠していることを検証できるよう新しいバージョンのリリースを送信するなど)、テストアプリを提供すること。
  • 新しいバージョンのすべてのリリースが、ファミリー ポリシー要件を含む、最新の Google Play デベロッパー プログラム ポリシーに準拠していると自己認定すること。

注: ファミリー向け自己認定広告 SDK は、パブリッシャーに適用される可能性のあるすべての児童関連法令を遵守した広告配信をサポートしなければなりません。

広告クリエイティブの透かしやテストアプリの提供について詳しくは、こちらをご覧ください。

子供に広告を配信する際の、配信プラットフォームのメディエーションの要件は次のとおりです。

  • ファミリー向け自己認定広告 SDK のみを使用するか、メディエーションから配信されるすべての広告が上記の要件に準拠したものとなるように必要な対策を講じること。
  • 広告コンテンツのレーティングと、適用される子供向け取り扱いを示すために必要な情報をメディエーション プラットフォームに渡すこと。

ファミリー向け自己認定広告 SDK の一覧や、どのバージョンの広告 SDK が自己認定済みか(ファミリー向けアプリに使用できるか)を確認する方法については、こちらをご覧ください。

また、自己認定を希望する広告 SDK があればこちらのお問い合わせフォームをご紹介ください。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー