審査のためにアプリを準備する

[アプリのコンテンツ] ページでは、アプリが対象ユーザーに対して安全であり、Google Play ポリシーを遵守し、法的要件を満たすようにするために必要な情報の提供と管理が行えます。

この [アプリのコンテンツ] ページは、次の用途で使用できます。

  • プライバシー ポリシーを追加して、機密性の高いユーザーデータとデバイスデータの取り扱い方法を共有します。
  • アプリに広告が含まれているかどうかを申告します。
  • アプリの制限されている機能にアクセスする手順を提供し、管理します。
  • アプリのターゲット ユーザーとコンテンツに関する詳細情報を提供します。
  • アプリで、危険性が高い、または機密情報に関わる権限SMS や通話履歴に関するアクセス権限など)がどのように使用されるかについて説明します。
  • 公的なレーティング機関からコンテンツのレーティングを取得します。

アプリの情報を提供する

プライバシー ポリシー

アプリのストアの掲載情報にプライバシー ポリシーを追加することで、機密性の高いユーザーデータやデバイスデータの取り扱いについて透明性が高まります。

プライバシー ポリシーでは、アプリ内での開示内容と併せて、アプリがユーザーデータを収集、使用、共有する方法と共有相手について、包括的に開示する必要があります。プライバシー ポリシーに必要な内容については、弁護士にご相談ください。

  • 機密性の高い権限やデータへのアクセスをリクエストするアプリの場合(ユーザーデータ ポリシーで定義): アプリのストアの掲載情報ページとアプリ内で、プライバシー ポリシーにリンクする必要があります。必ず、プライバシー ポリシーを有効な URL で公開して、アプリに適用し、ユーザーのプライバシーについて明確に言及するようにしてください。
  • ファミリー向けプログラムのアプリの場合: アプリが機密性の高い権限やデータにアクセスするかどうかにかかわらず、アプリのストアの掲載情報ページとアプリ内でプライバシー ポリシーにリンクする必要があります。必ず、プライバシー ポリシーを有効な URL で公開して、アプリに適用し、ユーザーのプライバシーについて明確に言及するようにしてください。

プライバシー ポリシーを追加する

  1. Play Console を開いて、[アプリのコンテンツ] ページ([ポリシー] > [アプリのコンテンツ])に移動します。
  2. [プライバシー ポリシー] で、[開始] を選択します。
    • 注: 以前にプライバシー ポリシーを追加したことがあり、これに変更を加える場合は、[開始] ではなく [管理] を選択します。
  3. プライバシー ポリシーをオンラインでホストする URL を入力します。
  4. 変更を保存します。

広告

アプリに広告(サードパーティの広告 SDK、ディスプレイ広告、ネイティブ広告、バナー広告を通じて配信される広告を含む)が含まれているかどうかを宣言する必要があります。アプリに広告が表示される場合は、ストアの掲載情報ページに [広告を含む] ラベルが表示されます。このラベルはすべての Play ストア ユーザーに表示されます。

注: [広告を含む] ラベルは、アプリにその他の商用コンテンツ(有料プロダクト プレースメント、アプリ内購入やアップグレードの宣伝など)が含まれるかどうかを表すものではありません。また、アプリ内に有料プロダクト プレースメントがある場合は、地域の法律を遵守していることをご確認ください。

アプリに広告が含まれているかどうかを申告する

  1. Play Console を開いて、[アプリのコンテンツ] ページ([ポリシー] > [アプリのコンテンツ])に移動します。
  2. [広告] で [開始] を選択します。
    • 注: アプリに広告が含まれるかどうかを事前に宣言していて、これに変更を加える場合は、[開始] の代わりに [管理] を選択します。
  3. 広告ポリシーに目を通し、アプリがポリシーを遵守していることを確認して、[はい] または [いいえ] を選択します。
  4. 変更内容を保存します。

次のような場合は、広告が表示されることを宣言してください。これにより、[広告を含む] ラベルが表示されるようになります。なお、下記は一般的な広告の例であり、すべてを網羅しているわけではありません。

  • バナーとインタースティシャル: アプリが広告 SDK と統合され、バナーやインタースティシャルが表示される。自分のプロダクトやアプリを収益化または宣伝するために、この広告フォーマットを使用している。
  • ネイティブ広告:他のコンテンツと区別できないネイティブ広告(スポンサーの記事やフィード内の広告など)がアプリに表示される。
  • 自社広告:自分の他のアプリを宣伝する小さな広告バナー、インタースティシャル広告、ウォール型広告、広告ウィジェットがアプリに表示される。

自分の他のアプリを以下の方法で宣伝しているのみの場合は、広告表示なしを選択し、[広告を含む] ラベルが表示されないようにしてください。

  • アプリのメインメニューに、ユーザーを他のアプリに誘導する [その他のアプリ*] オプションが表示されている
  • [その他のアプリ*] オプションでゲームプレイが中断しない。
  • [その他のアプリ*] オプションで誤解を招かない(ゲームプレイ内にオプションを埋め込んでいない)

* [その他のアプリ] の代わりに、[その他のゲーム][もっと見る][完全版][その他][デベロッパー情報]、デベロッパー アイコンなどでも構いません。

モニタリング

アプリに広告が表示されるかどうかを正しく宣言するのはデベロッパーの責任ですが、正しく宣言されているかをシステムが随時確認し、必要に応じて [広告を含む] ラベルを表示することがあります。

誤ってアプリにラベルが表示されていると思われる場合は、Google のサポートチームにお問い合わせください

施行

アプリ内の広告の有無を偽って宣言すると、Google Play ポリシーへの違反とみなされ、アプリが停止されることがあります。

アプリのアクセス権

ログイン認証情報、メンバーシップ情報、位置情報などの認証情報に基づいてアプリ全体または一部の機能が制限される場合は、アクセスの詳細情報を提供していただく必要があります。

アプリへのアクセス手順を追加する

  1. Play Console を開いて、[アプリのコンテンツ] ページ([ポリシー] > [アプリのコンテンツ])に移動します。
  2. [アプリのアクセス権] で [開始] を選択します。
    • 注: アプリへのアクセス手順を以前に追加したことがあり、その手順に変更を加える場合は、[開始] ではなく [管理] を選択します。
  3. [+ 新しい手順の追加] をクリックし、アクセスの詳細を入力します。
    • 注: ログイン メカニズムについて注意すべき点があれば(ワンタイム パスワード、多要素認証、3 つ以上のフィールドを使用したログインなど)、[その他の手順] 欄に記載してください。
  4. 変更を保存します。

注:最大で 5 つの手順セットを追加できます。

ターゲット ユーザーおよびコンテンツ

アプリの対象年齢層を宣言する必要があります。ターゲット ユーザーに子供が含まれるアプリは、Google Play の ファミリー ポリシー要件を遵守する必要があります。

アプリについての正確な情報を提供することが重要です。 選択するターゲット ユーザーに応じて、アプリが Google Play のその他のポリシーの対象となる場合があります。これらのポリシーをよく理解し[ターゲット ユーザーおよびコンテンツ] に入力する方法を参照して、[アプリのコンテンツ] ページに入力します。

プロセスの詳細とインタラクティブ チェックリストについては、アプリ アカデミーをご確認ください。

権限申告フォーム

アクセス権限リクエストの審査は、リリース プロセスで APK または App Bundle を追加した後に行われます。アプリで、危険性が高い、または機密情報に関わる権限(SMS や通話履歴など)の使用をリクエストする場合は、権限申告フォームに記入し、Google Play から承認を得ることが必要になる可能性があります。

プロセスの詳細と、アクセス権限申告フォームに入力する方法を参照して、[アプリのコンテンツ] ページに入力します。

コンテンツのレーティング

ユーザーに対して各地域に応じたコンテンツのレーティングをわかりやすく伝えられるほか、コンテンツに適したユーザーをターゲットとすることで、アプリのエンゲージメントを向上させることができます。

アプリが「レーティングなし」として表示されないよう、できる限り早急に Play Console にログインし、各アプリについて質問票にご回答ください。「レーティングなし」のアプリは Google Play から削除されることがあります。

アプリやゲームのコンテンツのレーティングにアクセスして、個々のレーティング機関とその説明に加えて、[アプリのコンテンツ] ページのこのセクションに入力するための指示を参照してください。

関連コンテンツ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。