バックグラウンドでの位置情報の利用許可について

この記事では、バックグラウンドで位置情報にアクセスする権限を求めるアプリを送信する場合の主な考慮事項と要件について説明します。

バックグラウンドで位置情報を使用するアプリを送信する場合に考慮すべきポイントについては、Google Play ポリシー - 権限の申告とアプリ内開示をご覧ください。

アプリはバックグラウンドで位置情報にアクセスする必要があるか

アプリがバックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストできるのは、アプリのコア機能に必要な場合に限られます。コア機能とはアプリの主な目的のことです。その機能がなければアプリが壊れている、使用できない、と見なされるような一連の重要な機能がこれに該当します。コア機能はすべて、アプリの説明文で最も目立つところに記載され、宣伝されている必要があります。

また、アプリは次の要件を、この記事に記載されているその他の要件と合わせて満たす必要があります。

アプリでバックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストしているが、そのアクセスがアプリのコア機能にとって重要なものではない場合は、アプリからそのアクセスを削除してください。または、アプリのアクティビティがユーザーに表示される場合は、フォアグラウンドでの位置情報へのアクセスを実装してください。デバイスの位置情報は個人情報であり、ユーザーの機密情報を、販売したり、販売を促進する目的で共有したりすることは禁止されています(例: ポリシーに準拠していない SDK の使用)。そのため、バックグラウンドで位置情報にアクセスするアプリは承認を受ける必要があります。承認を受けていないアプリは、アップデートがブロックされたり、Google Play から削除されたりする可能性があります。

バックグラウンドでの位置情報を使用するための条件と使用する方法について詳しくは、Google Play アカデミーのデバイスの位置情報の使用を申告する方法についてのトレーニングをご確認ください。ユーザーにとって重要なメリットがあり、アプリのコア機能に関連する機能の例をご紹介しています。また、権限申告フォームへの入力についてのガイドもご用意しています。

フォアグラウンドで位置情報にアクセスする

可能な限り、バックグラウンドではなくフォアグラウンドで位置情報にアクセスすることを目指してください。相違点は、フォアグラウンドでの位置情報へのアクセスは、アプリが開いていて、ユーザーに表示されている場合に行われるのに対し、ユーザーがアプリを閉じたり、ホームボタンを使ってメイン画面に戻ったりした後でアクセスが発生した場合、アプリの位置情報へのアクセスはバックグラウンドとなります。

位置情報の利用許可に関するポリシーの点から見ると、フォアグラウンドでの位置情報へのアクセスはユーザーにとって最もわかりやすいため、信頼性が向上します。このため、Google Play ではアプリにこの方法をおすすめしています。  

アプリでのフォアグラウンド サービスの使用を承認するケースもあります。これは別個の API で、アプリは最小化されてユーザーに表示されていない場合でもこの API を利用して位置情報にアクセスできます。なお、これらも審査対象となり、以下のような主要な要件を満たす必要があります。

  • フォアグラウンド サービスの使用は、アプリ内でユーザーが開始したアクションの続きとして開始する必要があります。
  • フォアグラウンド サービスの使用は、ユーザーが開始したアクションの意図されたユースケースがアプリで完了した後、直ちに終了する必要があります。

アプリがリクエストするアクセスのレベルは、位置情報を必要とする機能やサービスを提供するうえで必要最小限に留める(つまり、バックグラウンドでのデバイスの位置情報の利用許可ではなく、フォアグラウンドを使用する)必要があります。また、そのレベルの位置情報がアプリの機能やサービスに必要であることをユーザーが合理的に予想できる必要があります。

フォアグラウンド サービスを介するアプリでのデバイスの位置情報の使用が ACCESS_BACKGROUND_LOCATION(または、言い換えれば「バックグラウンドでの位置情報」)と同等である場合は、バックグラウンドでの位置情報の利用許可の要件がアプリに適用されます。

 

フォアグラウンドでの位置情報へのアクセスの例

次に、バックグラウンドで位置情報にアクセスせずに、フォアグラウンドで使用できる可能性がある機能を示します。これらの機能を使用していても、アプリがバックグラウンドでの位置情報へのアクセスについて自動的に否承認になるわけではありません。各アプリは申告されたコア機能に基づいて審査されます。ただし、こうした機能はフォアグラウンドでの位置情報へのアクセスを通じて実行可能なため、そのような機能のためだけにアプリがバックグラウンドで位置情報へのアクセスを必要とする場合、否承認となる可能性が高くなります。
  • ユーザーがアプリを開いているときのみ、近くの友だち / プレーヤー / 接続の追加をすすめる機能(アプリが閉じている間に近くの友だち / プレーヤー / 接続をおすすめする場合は除外)
  • ユーザーの位置情報に基づいてパーソナライズされたアプリ内コンテンツ(自宅で聴くのに適した音楽プレイリスト、ローカル ニュースなど)をユーザーに提供する機能(ただし、アプリを閉じているときは、通知、アラート、機能は一切使わない)
  • 地域に基づくデジタル著作権管理を適用するためにコンテンツを制限する機能
  • ユーザー(運転手ではない)のための配送またはサービス(食品、荷物、配車など)の追跡機能
  • ターンバイターン方式のナビ機能(ユーザーがアプリを閉じているときに、ルート / 歩数のパッシブな追跡、ユーザーの運転開始時 / 停止時のモニターなどの機能が実行される場合は適用されない)
  • ユーザーの位置情報を集計して、渋滞パターンや混雑している場所を表示したり、付近のインターネットの速度を地図に表示したりする機能
このリストはすべてを網羅しているわけではありません。ただし、上記のような、バックグラウンドでの位置情報の使用が必要な機能のみを提供するアプリでは、代わりにフォアグラウンドでの位置情報へのアクセスを使用することを検討してください。

バックグラウンドでの位置情報へのアクセスに関するおすすめの方法

アプリでの位置情報へのアクセスに関する以下のおすすめの方法をご確認ください。

  • 位置情報の使用を最小限に抑えます。そのためには、機能の提供に必要な最低限のアクセスレベルで使用します(たとえば、高精度よりも低精度、バックグラウンドよりもフォアグラウンドで使用します)。
  • そのレベルの位置情報がアプリの機能やサービスに必要であることをアプリのユーザーが合理的に予想できるかどうかを検討します。バックグラウンドでの位置情報のリクエストまたはアクセスに合理的な根拠がないアプリは承認されない可能性があります。
  • バックグラウンドでの位置情報へのアクセスに関するチェックリストを確認し、コード内で位置情報にアクセスする可能性のある箇所を特定します。
  • プライバシーに関するおすすめの方法を確認し、開示とプライバシー ポリシーを適切に設定するようにします。
  • 使用するサードパーティの SDK またはライブラリのすべてが Google のポリシー(位置情報の利用許可の使用に関するポリシーを含む)に準拠していることを確認します。
  • すべてのアクティブなリリース トラック(クローズド トラック、オープン トラックを含む)の App Bundle や APK が審査の対象となります。

承認プロセスでの考慮事項

バックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストするアプリの審査では、次のような質問を検討しています。

  • バックグラウンドでの位置情報はアプリのコア機能にとって重要ですか?
  • バックグラウンドでの位置情報はユーザーに明確な価値をもたらしますか?
    • ユーザーにとって重要なメリットをもたらす機能には、物理的な安全性、安全性の認知、健康 / フィットネスなどが含まれます。
    • ユーザーにとって最小限のメリットをもたらす機能には、広告や特典、分析、パーソナライズ、エンターテイメント、利便性などが含まれる可能性があります。
  • アプリがバックグラウンドで位置情報にアクセスすることをユーザーが想定できますか?
  • アプリは、バックグラウンドで位置情報にアクセスせずに同じエクスペリエンスを提供できますか?
  • プライバシー ポリシーが Google Play Console とアプリ内の両方に掲載されていますか?

このリストはすべてを網羅しているわけではありませんが、アプリでの位置情報の利用許可の使用がどのように審査、解釈されるかを把握するうえで役立ちます。

バックグラウンドでの位置情報の利用許可に必要なドキュメント

アプリのバックグラウンドで位置情報を使用する場合は、そのことをアプリ内とストアの掲載情報ページの両方でユーザーに明確に伝える必要があります。たとえば、アプリの説明文、スクリーンショット、タイトルやアイコンを使用します。

次に、アプリのバックグラウンドでの位置情報の使用をハイライト表示する場合のおすすめの方法を示します。

  • 位置情報を常時利用することがわかる簡単な説明を入力します(「いつでもどこにいるかわかります」など)。
  • 地図、ユーザーの現在地、またはジオタグ付きの画像をアプリ内で表示しているスクリーンショットを含めます。
  • 該当する場合は、アプリのタイトルやアイコンにも、アプリの位置情報機能に結び付く単語や画像を含めます。

承認のためにアプリを送信する場合は、バックグラウンドでの位置情報の利用許可に関する以下の特定のドキュメントを提出する必要があります。

  • 権限申告フォーム
  • デモ動画
  • アプリ内での認識しやすい開示
  • アプリ内とストアの掲載情報ページの両方に表示されているプライバシー ポリシー

権限申告フォーム

権限申告フォームは Google Play Console アカウントで利用できます。このフォームにアクセスする方法は次のとおりです。

  1. [アプリのコンテンツ] ページに移動します
  2. [機密情報に関わるアプリの権限] で [開始] をクリックします。
  3. [位置情報の利用許可] で [開始] をクリックします。

アプリのアクセス権や承認機関申告フォームなど、他のフォームのメッセージが表示された場合は、先にそれらのフォームに入力してください。Google Play Console で審査のためにアプリを準備するのに必要な手順です。手順について詳しくは、審査のためにアプリを準備するをご覧ください。

Google Play Console に申告のメッセージが表示されない場合は、アプリの対象 SDK レベルに基づき、機密情報に関わる位置情報の利用許可のいずれかを使用していることをご確認ください。

  • Android 10 以降(SDK レベル 29 以上)をターゲットとしている App Bundle または APK のマニフェストに ACCESS_BACKGROUND_LOCATION 権限が含まれている場合は、位置情報の使用に関する詳細をご記入ください。
  • Android 9 以前(SDK レベル 28 以下)をターゲットとしている App Bundle または APK に ACCESS_COARSE_LOCATION または ACCESS_FINE_LOCATION のいずれかが含まれている場合は、バックグラウンドで位置情報にアクセスする目的を指定してから、位置情報の使用に関する詳細をご記入ください。

申告フォームの入力

機密情報へのアクセスに関する権限と API に関する申告フォームに入力する場合は、アプリのバックグラウンドでの位置情報へのアクセスを Google で審査できるよう、次の質問に回答してください。

権限申告フォームで重視される点: アプリの主な目的は何ですか?

  • 位置情報へのアクセス: アプリがバックグラウンドで位置情報にアクセスする必要があるのはなぜですか?
    • デバイスの位置情報にバックグラウンドでアクセスする必要があるアプリの位置情報ベースの機能を 1 つ挙げて、このアクセスなしでは機能を実装できない理由を説明してください。機能は、アプリの主要目的に関連するものでなければなりません。承認は、この単一の機能だけでなくアプリ全体に対して与えられます。
    • 一度に審査できる機能は 1 つのみです。複数の機能を含めた場合、そのアプリは否承認となります。
  • ビデオに関する手順: アプリで使用されている位置情報べースの機能、つまりフォームで申告した機能を明確に示す簡単な動画へのリンクを提供してください。動画には、ユーザーに表示される認識しやすい開示のダイアログを必ず含めてください。推奨される動画の長さは 30 秒以下です。

デモ動画

前のセクションで、申告の一環として提供する必要がある簡単な動画を紹介しました。次に、動画デモの例を示し、動画に関する要件について説明します。

動画に関する要件

動画では、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とするアプリ内の申告した機能を明示する必要があります。また、アプリ内でこの機能を見つけて有効にするために必要な手順も示す必要があります。
動画に含める要素は次のとおりです。
  • バックグラウンドから有効にされる機能
  • ユーザーに表示する、アプリ内の認識しやすい開示のダイアログ
  • ランタイム プロンプト
動画の長さは 30 秒以下にしてください。動画の形式としては YouTube のリンクが推奨されますが、MP4 などの一般的な動画ファイル形式への Google ドライブ ストレージのリンクもサポートされます。
重要な注意事項:
  • バックグラウンドでの位置情報が有効である際に、機能にユーザー向けインターフェースが設定されていない場合は、申告にこれを明記し、動画の中で機能やその影響をできる限り明示してください。
  • 動画には Android デバイスでのアプリの動作を必ず反映させてください。たとえば、iOS アプリの動画は送信しないでください。

アプリ内での認識しやすい開示

アプリでバックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストする場合は、ユーザーのデータにアクセスする方法や、ユーザーのデータを収集、使用、共有する方法についてのアプリ内開示を提供する必要があります。
 
次に、アプリ内での認識しやすい開示の例を示します。

開示文書に関する要件

アプリ内での開示:

  • アプリ内のほか、アプリの説明文とウェブサイトにも記載すること
  • アプリの通常使用時に表示すること(表示するのにメニューや設定に移動する必要のある開示方法では不十分です)
  • アクセスまたは収集するデータの種類について説明すること
  • データをどのように使用、共有するかについて説明すること
  • 掲載場所を、プライバシー ポリシーや利用規約のみとしないこと
  • 個人情報や機密情報の収集に関係のない他の開示の中に掲載しないこと
  • 「同意する」、「理解しました」などの明示的なユーザーの同意を必要としないこと(これは、直後のランタイム プロンプトで行われます。開示の画面から移動する方法として、ユーザーが閉じるかスワイプできるようにすることも可能です)

開示内の文言に関する要件は次のとおりです。

  • 「位置情報」という単語を含めること
  • 「バックグラウンド」、「アプリが閉じているとき」、「使用時は常に」、「アプリが使用されていないとき」のいずれかのフレーズを使用して、アプリのバックグラウンドでの位置情報の使用の特長を示すこと
  • バックグラウンドで位置情報を使用するアプリ機能をすべて記載すること
  • 許可を受ける用途の範囲を広告にも拡大する場合は、「広告の提供 / 広告のサポート / 広告の支援に使用」というフレーズを含めること(最も正確なフレーズを選択してください)

推奨される開示形式

ポリシーの要件を満たすには、以下のフレーズを使用することをおすすめします。2 つ目の例には広告での位置情報の使用が含まれています。広告に位置情報を使用する際は、広告目的での位置情報の使用に関するポリシーに準拠する必要があります。

最も適切なフレーズを選択してください。

  • 「[このアプリ] は、[「機能」]、[「機能」]、[「機能」] を可能にするために、アプリが閉じているときや使用されていないときでも位置情報を収集します。」
  • 「[このアプリ] は、[「機能」]、[「機能」]、[「機能」] を可能にするために、アプリが閉じているときや使用されていないときでも位置情報を収集します。また、位置情報は広告をサポートするためにも使用されます。」

例:

「Fitness Funds は、フィットネスの記録を可能にするために、アプリが閉じているときや使用されていないときでも位置情報を収集します。」

「このアプリは、地域の気象情報の記録、配信を可能にするために、アプリが閉じているときや使用されていないときでも位置情報を収集します。」

認識しやすい開示には、ポリシー要件の準拠を保証し、ユーザーにとって明確にするために、その他の情報も含めることができますが、最低限、上記の該当するフレーズを含める必要があります。

注: バックグラウンドでの位置情報が有効である際に、機能にユーザー向けインターフェースが設定されていない場合は、代わりにアプリが初めて開いたときに認識しやすい開示の通知を表示してください。

アプリ内とストアの掲載情報ページの両方に表示されているプライバシー ポリシー

アプリのプライバシー ポリシーでは、アプリ内での開示内容と併せて、共有する相手の種類など、アプリがユーザーデータを収集、使用、共有する方法を包括的に開示する必要があります。プライバシー ポリシーに関する要件は次のとおりです。

  • 有効な URL で公開すること(PDF は不可)。
  • 編集できないこと。
  • アプリのストアの掲載情報ページとアプリ内に、プライバシー ポリシーへのリンクがあること。
  • タイトルまたは URL とページの本文内で、アプリのプライバシー ポリシーと明示されていること。
  • Google Play ストアの掲載情報で使用されているエンティティ(デベロッパーや会社など)、またはアプリの正確な名前を参照していること。
  • ユーザーのプライバシーについて具体的に説明していること。
  • 適切な関連する開示および基準の位置情報が含まれ、アプリでの位置情報の使用に関する情報を提供すること。

また、アプリのストアの掲載情報ページにもプライバシー ポリシーを追加する必要があります。これにより、ユーザーのわかりやすさが向上し、ユーザーとデバイスの機密情報をどのように扱うかを示すことができます。その他の要件については、弁護士にご相談になることをおすすめします。

一般的な違反とその解決手順

機能説明が不明確である

Google で申告に基づいてバックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする機能を特定できなかった場合は、その機能についての明確な説明または追加情報を提供する必要があります。バックグラウンドで位置情報へのアクセスを必要とする機能がアプリの中に複数ある場合は、申告対象の機能を 1 つのみ選択する必要があります。

この問題を解決するには、次の 2 つの手順のいずれかを行ってください。

  • 申告フォームを再送信して、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする 1 つの機能について、明確な説明または追加の情報を提供してください。
  • すべてのトラック(クローズド トラックとオープン トラックを含む)のすべての APK について、アプリ マニフェストおよび関連するソースコードから権限を削除してください。

バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする機能がアプリの中に複数ある場合は、申告する機能を次の基準に基づいて 1 つのみ選択し、Google Play Console アカウントを使用して申告フォームを再送信してください。

  • アプリの主要な目的を果たすために重要なコア機能を選択してください。その機能がなければアプリが壊れている、または使用できないと見なされるような機能を選択してください。
  • アプリがバックグラウンドで位置情報にアクセスすることをユーザーが想定するかどうか、バックグラウンドでデバイスの位置情報にアクセスせずに同じエクスペリエンスを提供できるかどうかをご検討ください。
  • この機能はユーザーに重要なメリットをもたらすものでなければなりません。たとえば、ファミリー向けコンパニオン アプリで、子どもが離れてジオフェンスの外に出た場合にアラートをトリガーするため、および近くにあるクーポンをユーザーに知らせるためにバックグラウンドで位置情報を使用する場合は、子どもの安全性に関するジオフェンス機能を権限の申告で使用する必要があります。これは、この機能(安全性の認知)の方が、位置情報に依存する広告(便利さ / パーソナライズ)よりもユーザーにもたらすメリットが大きいためです。
  • 広告のみを目的としたバックグラウンドでの位置情報へのアクセスは承認されません。

複数の機能が申告されている

デベロッパーは、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする位置情報ベースの機能を 1 つのみ申告できます。複数の機能を申告することはできません。アプリの主要な目的を果たすために重要なコア機能を選択してください。

バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする機能がアプリの中に複数ある場合は、機能を 1 つのみ選択し、Google Play Console アカウントを使用して申告フォームを再送信してください。機能を選択する際は、次の点を考慮してください。

  • この機能は、アプリのコア機能また主要な目的を実行するうえで必要か?その機能がなければ、アプリが壊れているまたは使用できないと見なされるか?
  • アプリがバックグラウンドで位置情報にアクセスすることをユーザーが想定するか?想定しないと思われる場合は、申告対象の機能として適していない可能性があります。
  • アプリはバックグラウンドで位置情報にアクセスせずに同じエクスペリエンスを提供できるか?できる場合は、承認されるようその方法を選ぶことをおすすめします。
  • 申告対象の適切な候補ではないと判断した機能、またはバックグラウンドで位置情報にアクセスせずに同じユーザー エクスペリエンスを提供できる機能については、すべてのトラック(クローズド トラックとオープン トラックを含む)のすべての APK で、バックグラウンドで位置情報にアクセスする権限をアプリ マニフェストおよび関連するソースコードから削除してください。
  • この機能はユーザーに重要なメリットをもたらすか?たとえば、ファミリー向けコンパニオン アプリで、子どもが離れてジオフェンスの外に出た場合にアラートをトリガーするため、および近くにあるクーポンをユーザーに知らせるためにバックグラウンドで位置情報を使用する場合は、子どもの安全性に関するジオフェンス機能を権限の申告で使用する必要があります。これは、この機能(安全性の認知)の方が、位置情報に依存する広告(便利さ / パーソナライズ)よりもユーザーにもたらすメリットが大きいためです。
  • 広告のみを目的として、バックグラウンドで位置情報へのアクセスをリクエストしているか?広告のみを目的としたリクエストは承認されません。

アプリのバックグラウンド機能を確認できない

アプリがバックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする申告対象の機能を提供し、アプリ内でその機能の動作を確認していることを、Google の審査チームが確認できる必要があります。ユーザーに表示されない機能の場合は、送信された動画でその機能の動作を明示する必要があります。

この問題を解決するには、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストしている申告対象の機能を明示するよう動画を変更し、Google Play Console アカウントを使用して申告フォームを再送信してください。

  • バックグラウンドで位置情報を使用するアプリ内機能の動作(認識しやすい開示やユーザーの同意に基づく実行時の権限をユーザーがどのようにトリガーするかなど)を動画で示してください。
  • 申告対象の機能の動作がユーザーに直接表示されない場合は、動画でアプリ内エクスペリエンスを示してください。たとえば、ユーザーに不正使用のアラートをどのように通知するかを示してください。

機能がバックグラウンドでの位置情報へのアクセスの要件を満たしていない

申告対象の機能が位置情報の利用許可に関するポリシーの要件を満たしていないと Google の審査チームが判断することがあります。この問題を解決するには、バックグラウンドで位置情報にアクセスするリクエストを削除して、アプリのアップデートを送信してください。バックグラウンドでの位置情報へのアクセスについて別の機能を申告する場合は、次のガイドに沿ってご対応ください。

  • ユーザーにとって明らかに利点があり、アプリのコア機能または主な目的を実行するうえで重要な機能のみを選択してください。その機能がなければアプリが壊れている、または使用できないと見なされるような機能を選択してください。
  • アプリがバックグラウンドで位置情報にアクセスすることをユーザーが想定するかどうかについて、ご検討ください。想定しないと思われる場合は、申告対象の機能として適していない可能性があります。
  • バックグラウンドで位置情報にアクセスせずに同じエクスペリエンスを提供できる場合は、代わりにその方法を採用してください。
  • 申告対象の適切な候補ではないと判断した機能、またはバックグラウンドで位置情報にアクセスせずに同じユーザー エクスペリエンスを提供できる機能については、すべてのトラック(クローズド テスト トラックとオープンテスト トラックを含む)のすべての APK で、バックグラウンドで位置情報にアクセスする権限をアプリ マニフェストおよび関連するソースコードから削除してください。

送信された動画に関する問題

申告で提供された動画を確認できなかったり、動画がアプリ内エクスペリエンスを正確に反映していなかったりすることがあります。動画では、申告対象のアプリ内機能の動作と、機能がバックグラウンドで位置情報をどのように使用するかを示す必要があります。認識しやすい開示やユーザーの同意に基づくデバイスベースの実行時の権限をユーザーがどのようにトリガーするかを明示してください。

動画にアクセスできることを確認し、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを必要とする申告対象の機能を明示するよう動画を変更したうえで、Google Play Console アカウントを使用して申告フォームを再送信してください。

プライバシー ポリシーが無効である

プライバシー ポリシーが Google のポリシー要件に準拠していないと審査で判断されることがあります。この問題を解決するには、ユーザーの個人情報と機密情報に関するポリシーを確認したうえで、次のガイドラインに沿って、ポリシーに準拠するようプライバシー ポリシーを追加または更新してください。

  • 有効な URL で公開されていること(PDF は不可)。
  • 編集不可であること。
  • 対象のアプリを参照していること。
  • ユーザーのプライバシーについて具体的に言及していること。
  • アプリのストア掲載情報ページとアプリ内にプライバシー ポリシーへのリンクがあること。
  • Google Play ストアの掲載情報で使用されているものと同じエンティティ(デベロッパーや会社など)、またはアプリの正確な名前を参照していること。

プライバシー ポリシーのリンクが無効または存在しない

アプリのプライバシー ポリシーのページの URL が読み込まれなかったり、URL から無効なプライバシー ポリシーのページが開いたりすることがあります。この問題を解決するには、デベロッパー ポリシー センターのプライバシー ポリシーに関する要件をご確認ください。URL で複数のプライバシー ポリシーをリンクしている場合は、1 つの包括的なプライバシー ポリシーにリンクするよう、(アプリ内、ウェブサイト上、アプリのストアの掲載情報ページ内)で必要な変更を加えてください。

以下のガイドラインに沿ってプライバシー ポリシーを更新してください。

  • 有効な URL で公開すること(PDF は不可)。
  • 編集不可であること。
  • 対象のアプリを参照していること。
  • ユーザーのプライバシーについて具体的に言及していること。
  • アプリのストア掲載情報ページとアプリ内にプライバシー ポリシーへのリンクがあること。
  • Google Play ストアの掲載情報で使用されているものと同じエンティティ(デベロッパーや会社など)、またはアプリの正確な名前を参照していること。

開示の情報が不足している

認識しやすい開示は、アプリの位置情報に関する実行時の権限の前に表示し、どの機能がバックグラウンドで位置情報を使用するかをユーザーに伝える必要があります。認識しやすい開示と同意の要件をご確認のうえ、次のように認識しやすい開示を更新してください。

  • 認識しやすい開示に、「位置情報」という用語を必ず含めます。
  • 「バックグラウンド」、「アプリが閉じているとき」、「常に使用」、「アプリが使用されていないとき」のいずれかの語句を含めて、バックグラウンドで位置情報がどのように使用されるかを示します。
  • バックグラウンドで位置情報を使用するすべての機能のリストを含めます。
  • 許可を受ける用途の範囲を広告にも拡大する場合は、「広告の提供 / 広告のサポート / 広告の支援にも使用されます」という文言を含めます(最も正確なフレーズを選択してください)。

認識しやすい開示が見つからない

アプリでは、位置情報に関する実行時の権限の前に、認識しやすい開示をダイアログで表示する必要があります。アプリに認識しやすい開示が設定されていない場合は、認識しやすい開示と同意の要件をご確認のうえ、認識しやすい開示を追加してください。

  • 認識しやすい開示は、アプリの位置情報に関する実行時の権限の前に表示する必要があります。
  • 少なくとも「このアプリでは [「機能」]、[「機能」]、[「機能」] を可能にするために、位置情報が収集されます。アプリを閉じているときや、使用していないときにも収集されます」という文を、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストするすべての関連機能を含むように調整したうえで、ユーザーが簡単に確認できる形でアプリに追加します。許可を受ける用途の範囲を広告にも拡大する場合は、「このデータは、広告の提供 / 広告のサポート / 広告の支援にも使用されます」という文言も含めます。
  • 他にも、バックグラウンドで位置情報を使用する方法やその理由をユーザーに明確にするために必要な情報を含めます。追加のコンテンツは許可されますが、それによって必須コンテンツがすぐに見えなくなることのないようにする必要があります。

認識しやすい開示は位置情報に関する実行時の権限の前に表示する必要がある

アプリでは、位置情報に関する実行時の権限の前に、認識しやすい開示をダイアログで表示する必要があります。認識しやすい開示が、適切なタイミングで表示され、以下の認識しやすい開示と同意の要件を満たしていることをご確認ください。

  • アプリでは、位置情報に関する実行時の権限の前に、認識しやすい開示をダイアログで表示すること。
  • 少なくとも「このアプリでは [「機能」]、[「機能」]、[「機能」] を可能にするために、現在地のデータが収集されます。アプリを閉じているときや、使用していないときにも収集されます」という文を、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスをリクエストするすべての関連機能を含むように調整したうえで、ユーザーが簡単に確認できる形でアプリに追加すること。
  • 他にも、バックグラウンドで位置情報を使用する方法やその理由をユーザーに明確にするために必要な情報を含めること。追加のコンテンツは許可されますが、それによって必須コンテンツがすぐに見えなくなることのないようにする必要があります。
  • 権限を拡大して広告にも使用する場合は、「このデータは、広告の提供にも使用されます」という文を追加すること。

バックグラウンドでの位置情報へのアクセスが認められない機能である

申告で選択した機能にはバックグラウンドでの位置情報へのアクセスは必要ないと Google の審査チームが判断することがあります。または、該当する機能は、バックグラウンドで位置情報にアクセスする代わりに、フォアグラウンドでの位置情報へのアクセスを使用できます。これらの場合、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスは承認されません。

このような場合は、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスをアプリから削除するか、代わりにフォアグラウンドでの位置情報へのアクセスを使用して、アプリのアップデートを送信してください。

テスト用認証情報が不足しているか無効である

デベロッパーがテスト用認証情報を提供していない、または申告で提供されたテスト用認証情報が無効であるため、アプリを審査できないことがあります。この問題を解決するには、Google でアプリ内エクスペリエンスを審査、確認できるようテスト用認証情報の提供が必要となります。Google Play Console アカウントを使用して、テスト用認証情報を提供するよう更新した申告フォームを送信してください。以前に認証情報を提供していただいた場合は、有効期限が切れていないことをご確認ください。

アプリ内機能が申告内容と一致していない

アプリ内機能のエクスペリエンスが申告での機能の説明と一致しない場合は、申告フォームで説明を変更してください。説明どおりの機能であることを Google で確認できるよう、申告された機能の説明をエクスペリエンスにできる限り近づけ、Google Play Console アカウントを使用してフォームを再送信してください。

バックグラウンドでの位置情報を削除する方法

バックグラウンドで位置情報は必要はないと判断した場合は、以下の手順に沿ってバックグラウンドでの使用を削除し、ポリシーに準拠してください。また、製品版以外のトラックを含め、App Bundle または APK で位置情報の利用許可が使用されている場合は、審査のためにアプリを送信することも必要です。影響を受ける App Bundle と APK については、Google Play Console アカウントで [アプリのコンテンツ]([ポリシー] > [アプリのコンテンツ] > [機密情報に関わるアプリの権限] > [概要を表示])でご確認ください。

ポリシーに準拠していない以前の App Bundle や APK にバックグラウンドでの位置情報へのアクセス権が付与されている場合は、特定のトラックを使用していない場合でも、準拠していないバージョンが現在のリリースに含まれていないようにする必要があります。

  1. [App Bundle エクスプローラ]([リリース] > [App Bundle エクスプローラ])を開いて、特定のバージョンが有効になっているかどうかを確認します。
  2. 新しい App Bundle / APK を送信して以前の準拠していない App Bundle / APK を置き換える場合は、新しいリリースを公開する前に、準拠していない App Bundle / APK が [含まれない APK] にあることをご確認ください。 
    1. 詳しくは、リリースを準備して公開するの「含まれない APK」をご覧ください。
  3. ポリシーに準拠した新しいリリースが 100% 公開され、準拠していない APK が完全に無効になっていることをご確認ください。

コードパスを検証し、利用範囲をフォアグラウンドだけに制限しても、問題が解決しない場合は、アプリ内で使用しているサードパーティの SDK がバックグラウンドで位置情報にアクセスしていないか確認してください。

アプリの位置情報の利用許可に関する承認の更新が必要となる場合

デベロッパーは、バックグラウンドでの位置情報の使用についてアプリが承認を受け、今後送信したすべてのリリースでもポリシーに準拠するようにする必要があります。アプリ アップデートは Google Play のポリシーに沿って審査されます。アプリに重大な変更を加えた場合、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスに関するアプリの承認に影響する可能性があるため、追加の審査が行われることがあります。

バックグラウンドで位置情報を使用するアプリの機能が変更された場合は、新たに申告フォームを送信してください。それに応じてアプリを審査します。  

位置情報の利用許可を使用する古い APK に関する問題

位置情報の利用許可が付与されている古い APK に対しコード変更を加えられなくなった場合は、ポリシーの例外を申請することができます。

例外が適用されるには、次の要件をすべて満たしている必要があります。

  • 例外を適用する APK を申告する必要があります。
  • 例外をリクエストする APK は、2019 年 1 月 1 日より前に公開されている必要があります。
  • Android Oreo(API レベル 26)以降のユーザーには、代替の APK を配信する必要があります。配信する APK は、位置情報の利用許可に関するポリシーに準拠している必要があります。
  • 例外をリクエストする APK は、総インストール数のうち非常に少ない割合(10% 未満)である必要があります。

リクエストは Google Play によって審査され、状況に応じて例外として認められます。または、位置情報の利用許可に関するポリシーに準拠するために、違反している APK を非公開にすることもできます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
12499192734535309572
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
92637