アプリ内定期購入のパフォーマンスを確認する

定期購入ダッシュボードで、指定した期間のアプリの定期購入総数、新規数、解約数、収益の詳細情報を確認できます。

アプリのダッシュボードを設定する

  1. Play Console にログインします。
  2. アプリを選択します。
  3. 左側のメニューで [売上レポート] > [定期購入] をクリックします。
  4. 画面上部で、データを表示したい SKU、国、期間を選択します。

概要

定義

画面上部には次の情報が表示されます。

  • 有効な定期購入: 選択した期間中に 1 日以上有効だった定期購入の数(無料試用を含む)
  • 新規定期購入: 選択した期間中に開始された定期購入の数(無料試用を含む)
  • 解約された定期購入: 選択した期間中に解約された定期購入の数(無料試用を含む)
  • 収益: 選択した期間の推定収益額。ユーザーが支払った金額です(税やその他の手数料を含む)。
  • ARPAS: 有効な定期購入ごとの平均収益の概要。選択した期間の定期購入の総収益を、有効な定期購入数で割って算出されます。
  • 払い戻し: 選択した期間中の払い戻しの総数

アプリのダッシュボードを確認するときは、次の点に注意してください。

  • 定期購入者: アプリに 1 件以上の定期購入があるユーザーです。これには無料試用中のユーザーや猶予期間のユーザーも含まれます。
  • 有効な定期購入: 無料試用版も含め、ユーザーが有効にした SKU です。現在の請求期間の終了時までユーザーのアクセスが続いていても、ユーザーが定期購入を解約した時点で有効な定期購入は終了します。
  • 初回定期購入: アプリでユーザーが有効にした最初の定期購入です。
  • リピート定期購入: ユーザーが同一アプリで購入する 2 回目または、それ以降の定期購入です。たとえば、ユーザーが初回定期購入を 5 月に解約し、9 月に再度購入した場合などが該当します。
合計定期購入数

アプリの合計定期購入数カードには、選択した期間中の有効な定期購入、新規定期購入、解約された定期購入の数がすべて表示されます(無料試用を含む)。

収益

アプリの収益カードには、選択した期間中の 1 日あたりの収益と 30 日間の収益が表示されます(税やその他の手数料を含む)。

定期購入のトップ 3

定期購入のトップ 3 カードは、選択した期間中の総収益に基づいています。[選択] をクリックすると、表内で SKU ごとに定期購入ダッシュボードをフィルタリングできます。

新しい定期購入のコホートデータ

[新しい定期購入のパフォーマンス] ヘッダーの横で、定期購入の SKU と期間を選択すると、選択した期間に開始された定期購入のパフォーマンスを示すカードが表示されます。

ユーザー獲得

ユーザー獲得カードには、国またはユーザー獲得チャネルごとに定期購入者の場所情報が表示されます。どちらの表示にも無料試用版の定期購入者も含まれます。

国の場合は、初回の定期購入が発生した場所が表示されます。これは、アプリで初回定期購入を有効にしたときに、ユーザーが登録された国です。

チャネルごとにユーザー獲得データを表示すると、初回定期購入者がアプリを見つけてインストールしたときにフォローしていたチャネルが表示されます。

  • Google Play(オーガニック): Play ストア アプリでの閲覧や検索によって、アプリの掲載情報にアクセスしたユニーク ユーザー数。
  • Google 検索(オーガニック): Google 検索から Play ストア アプリでアプリの掲載情報にアクセスしたユニーク ユーザー数。
  • Google 広告キャンペーン: Google 広告の広告から、Play ストア アプリでアプリのストアの掲載情報にアクセスしたユニーク ユーザー数。
  • 追跡チャネル(UTM): UTM タグが設定されたリンクを使用して、Play ストア アプリでアプリのストアの掲載情報にアクセスしたユニーク ユーザー数。
  • サードパーティの参照元: Play ストアへのタグのないディープリンクから Play ストア アプリでアプリのストアの掲載情報にアクセスしたユニーク ユーザー数。

ユーザー獲得データの詳細な内訳を確認するには、[ユーザー獲得レポートを表示] を選択します。

定期購入の継続

継続カードには、一定期間有効になっている定期購入の割合が表示されます。この情報を使用することで、各 SKU で定期購入者の継続状況を把握できます。

継続データとコンバージョン データの詳細な内訳を確認するには、[継続レポートを表示] を選択します。

定期購入の解約

解約カードには、コホートの定期購入におけるチャーンの詳細が表示されます。この情報を使用すると、さまざまな状況で解約数を減らすための方法が見つかります。

  • 非自発的な解約: ユーザーの意思ではなく定期購入が解約された場合(例: 支払いの不履行など)。
  • 自発的: ユーザーの意思により定期購入が解約された場合。
  • アップグレード / ダウングレード: ユーザーが別の階層の定期購入に移行したため、定期購入が解約された場合。

解約および再開データの詳細な内訳を確認するには、[解約レポートを表示] を選択します。

詳細レポートを表示する

各カードの下部にあるレポートのリンクを選択すると、アプリの定期購入に関するユーザー獲得、継続、解約の詳細なレポートを確認できます。

ユーザー獲得レポート

[獲得レポート] ページでは、ユーザーがアプリに関するストアの掲載情報をどのように見つけ、どのように利用しているかについてのデータを確認できます。

継続レポート

定期購入継続レポートでは、2 つの定期購入コホート間で継続率とコンバージョン率を比較することで、定期購入者を維持し、コンバージョンを最大化する方法について理解を深めることができます。定期購入の SKU、購入した国、定期購入が開始された期間別にコホートを設定できます。

継続率を比較する

[請求期間ごとの定期購入数] グラフおよび [日数ごとの定期購入数] グラフを使用して、各コホートにおける定期購入者の継続状況、離脱状況、離脱時期を評価できます。

[請求期間ごとの定期購入数] グラフでは、どれだけの請求期間、定期購入が有効であったかを確認できます。これにより、各コホートで定期購入者からどれだけ収益を得ているかを把握できます。

: 定期購入にお試し価格の請求対象期間を設定している場合は、それらが請求対象期間に含まれます。

[日数ごとの定期購入数] グラフでは、定期購入者が請求対象になってから解約するまでの期間をより詳細に確認できます。このグラフには、定期購入が有効になった最初の日から、解約した日までが含まれます。無料試用期間、猶予期間、アカウントの一時停止期間も含まれます。

各グラフの下で、[データ表] の横にある下矢印を選択すると、表内のデータを表示できます。

コンバージョン率を比較する

継続グラフの下に、定期購入者のコンバージョン状況を示す、次のようなカードが表示されます。

  • 無料試用から有料定期購入
  • お試し価格から通常価格
  • 最初の全額支払いから 2 回目の全額支払い

各カードには、定期購入の状態になった特定のコホート内の定期購入者数、その状態にある定期購入のうち解約や有料定期購入へのコンバージョンが行われた数、および解約理由の詳細が示されています。

たとえば、2,000 人の定期購入者が無料試用を開始したとします。そのうち 1,000 人が解約または有料定期購入へのコンバージョンよって無料試用を終了したとします。1,000 人の定期購入者中 200 人が解約により無料試用を停止し、残りの 800 人が有料定期購入にコンバージョンした場合、解約率は 20%、コンバージョン率は 80% になります。

解約レポート

[解約と再開] レポートでは、定期購入の解約理由を把握し、猶予期間やアカウントの一時停止などの機能が定期購入の再開に有効であったかを分析できます。

データを表示したい定期購入の SKU、国(オプション)、期間を選択すると、解約数の全体傾向を示す解約グラフと、解約理由の詳細が表示されます。

定期購入の再開に関するパフォーマンス

[猶予期間に対する反応] カードと [アカウントの一時停止に対する反応] カードには、選択した期間に猶予期間または一時停止状態から脱したユーザー数、その中で定期購入を解約した割合、再開した割合が表示されます。

: 一部の定期購入者は、選択した期間より前に猶予期間または一時停止状態になっている可能性があります。

ユーザーに再度定期購入を促すメッセージ戦略の有効性を評価するため、猶予期間または一時停止状態になった後に定期購入を再開したユーザーの各日の割合も表示されます。

他の Play Console リソースでこのダッシュボードを活用する

  • 定期購入ダッシュボード: 定期購入に関するすべての確認可能なデータが含まれています。
  • 売上レポート: アプリの売上、アプリ内アイテム、定期購入の収益が含まれています。

関連コンテンツ

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。